2017年11月15日

アナベル 死霊人形の誕生 【劇場で鑑賞】

人気ホラー映画シリーズ『死霊館』に登場する人形
アナベルをメインに据えたスピンオフ作品第2弾の
『アナベル 死霊人形の誕生』が公開されましたので
観に行ってきました。

アナベル 死霊人形の誕生.jpg

アナベル 死霊人形の誕生

原題:ANNABELLE:CREATION

製作:2017アメリカ

作品紹介
ホラーシリーズ『死霊館』に登場する人形アナベルに迫る
スピンオフの第2弾。手にした者を怪現象に引きずり込む
アナベルの生まれた経緯が明らかになる。メガホンを取るのは
『ライト/オフ』などのデヴィッド・F・サンドバーグ。
『バッド・ウェイヴ』などのステファニー・シグマン、
『ヴェンジェンス』などのタリタ・ベイトマン、
『ウィジャビギニング 〜呪い襲い殺す〜』などの
ルル・ウィルソンらが出演する。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★☆

幼い娘を亡くした人形職人とその妻が暮らす屋敷に、
児童養護施設からシスターと6人の少女が住むことに
なった、施設が閉鎖され新たな住まいを見つけられた
彼女たちだったが、その家では怪現象が起こり、ある日
不気味な人形アナベルを発見する・・・。

人気シリーズになったホラー映画『死霊館』に出てきた
人形のスピンオフ映画『アナベル 死霊館の人形』に続いて、
今度は恐怖の人形アナベルの誕生の秘密に迫ります、前作
と時代設定が違い、キャストも一変されているので、ここ
から観始める事も出来ますが、出来れば前作を観ていたほう
が良く、そのほうがより楽しめる作りになっています。

監督はなかなか面白かったホラー映画『ライト/オフ』
のデヴィッド・F・サンドバーグ、コツコツとフラグを立て、
しっかり積み立てていく丁寧さがあり、視線の誘導や凝った
音響と大変作りがしっかりしています、ギミックや小道具
の組み込みも◎。

ただ悪霊側に色々盛り込んでくれているのは良いものの、
それによって設定が良く分からなくなってしまうところが
あります、今何体いるの?という数の問題や、人形と○○○
はどういう状態なんだろう?とちょっとわかりにくかったです。

キャストは初見の方々ばかり、しかしメインの子役さん方が
地に付いた演技を見せ、全く違和感無く進行、若いのにまた
上手いですね、層の厚さを感じました。

怖がらせるスポットが十分あった優等生的ホラー映画で、
そつなく楽しめた作品でした。

以下予告編動画に続き【ネタバレあり】感想
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


【続きを読む】をクリックで【ネタバレあり】感想です。

  にほんブログ村 映画ブログへ  

続きを読む
ラベル:ホラー
posted by かとちゃん00 at 23:30| Comment(0) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

ワンダーウーマン 【劇場で鑑賞】

DCコミックスのヒーローが集結する映画
『ジャスティス・リーグ』の公開が2017年11月下旬
に迫った10月のこと、その映画にも登場するスーパー
ヒロイン『ワンダーウーマン』がまだ上映されて
いたので、見逃すまいと観に行ってきました。

ワンダーウーマン 3D&2Dブルーレイセット(初回仕様/2枚組/ブックレット付) [Blu-ray]



ワンダーウーマン

原題:WONDER WOMAN

製作:2017アメリカ

作品紹介
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にも
登場した人気キャラクターで、美女戦士ワンダーウーマン
を主人公にしたアクション。女性だけの一族出身で男性
を見たこともないプリンセスがたどる運命を描く。
ワンダーウーマンを演じるのは『ワイルド・スピード』
シリーズなどのガル・ガドット。『スター・トレック』
シリーズなどのクリス・パインらが共演し、監督は
『モンスター』などのパティ・ジェンキンスが務める。
イスラエルでの兵役経験もあるガルの本格的なアクション
に期待。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★★

人間社会から隔絶した島に女性のみで暮らす一族、
そのプリンセスとして生まれたダイアナ(ガル・ガドット)は、
美しく、そして強く成長した、そんなある日、彼女は浜辺
に飛行機が不時着するのを発見、そこには今まで見たことの
なかった男性の姿があり・・・。

DCコミックス産の老舗ヒロインのワンダー・ウーマンですが、
バットマンやスーパーマンに比べて実写化が少なく、自分は
70年代のテレビシリーズをかすかに覚えているくらいの
認知度、ですのでほぼ全く知らない状態での鑑賞なので、
こういう背景があったのかと非常に新鮮、その内容は
マーベルに当てはめるとあの作品とあの作品を足して
2で割ったような感じもありますが、作りはこちらも負けず
にしっかりしていました。

設定がワンダーウーマンが世間の事を知らずに育った
というものなので、カルチャーギャップコメディに振る
ことも出来るところ、そこはアクセント程度にとどめ、
シリアスに決めます、戦時中という時代背景もあり、
悲惨な現実に向かう彼女の姿も見所で、エンタメ作品
の中で戦争の愚かしさを描いているのも志を感じます。

そしてなんといってもワンダーウーマンが格好良い!、
演ずるは『バットマン vs スーパーマン』で颯爽たる
デビューを飾ったガル・ガドット、彼女の凛とした
佇まいと最新のVFX、ザック・スナイダー直系のスロー
モーション&キレキレのハイレベルなアクションシーン
が相まって、現代に素晴らしいワンダーウーマンを
生み出してくれています。

共演のクリス・パインも色男で◎なスーパーヒロイン
爆誕作、今後の『ジャスティス・リーグ』での活躍
にも期待です。

ワンダーウーマン ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
posted by かとちゃん00 at 23:00| Comment(0) | 映画:わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

スイス・アーミー・マン 【劇場で鑑賞】

2年半ぶりにスクリーン数が多いシネコンに遠征、
そこで上映されていたダニエル・ラドクリフや
ポール・ダノが出演している『スイス・アーミー・マン』
というコメディ映画が面白そうでしたので観に
行ってきました。

スイス・アーミー・マン.jpg

スイス・アーミー・マン

原題:SWISS ARMY MAN

製作:2016スウェーデン/アメリカ

作品紹介
『ハリー・ポッター』シリーズなどのダニエル・ラドクリフが
主人公である死体を演じ、『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』
などのポール・ダノと共演した異色作。無人島で遭難した青年が、
死体と共にサバイバルしてわが家を目指す型破りな冒険を活写する。
ヒロインに『スマッシュド 〜ケイトのアルコールライフ〜』
などのメアリー・エリザベス・ウィンステッド。生者と死者
という不思議なコンビがたどるシュールな旅のてん末に注目。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★☆

無人島で遭難してしまったハンク(ポール・ダノ)は遂に
生きる気力を失ってしまい、自ら命を絶とうとする、
ちょうどそのとき、波打ち際に流れ着いたのは男性の死体
(ダニエル・ラドクリフ)、その死体からはガスが出ていて・・・。

生きる気力をなくした男が死体とともに頑張るぞ!、
それはそうと『スイス・アーミー・マン』、って何でこんな
タイトルに?と思ったら観て納得、死体を使ってあんなこと
からこんなことまで、今まで見た事のないサバイバルを見せる
映画です。

現実と妄想が入り乱れるその物語は危ない領域に入ったり、
狂気を感じさせるものもありますが、寂しさ故にというか、
中にはせつなさもあり、笑える範囲内ということもあって
自分は不快には感じませんでした。

主演はハンク役に『リトル・ミス・サンシャイン』や
『プリズナーズ』などの個性派ポール・ダノ、変わって
はいるものの、世のボンクラどもがどこか共感するところ
がある男を好演、彼と行動を共にする死体には『ハリー・
ポッター』シリーズでおなじみのダニエル・ラドクリフ、
今回もある意味“マジック”を見せる?、とにかく
インパクトのある怪演でした。

死体と一緒になるコメディといえば少々古い映画ですが、
『バーニーズ あぶない!?ウィークエンド』という作品が
あり、個人的にはあれ以来の死体活用コメディの快作で
非常に楽しめた一本でした。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:コメディ
posted by かとちゃん00 at 19:10| Comment(0) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする