2014年07月31日

オール・ユー・ニード・イズ・キル 【劇場で鑑賞】

日本のライトノベルが原作で主演をトム・クルーズ
が務めるSFアクション映画『オール・ユー・ニード
・イズ・キル』が公開されましたので観に行って
きました。

こちらは3D作品で3D字幕版を観ましたが、面白かった
ので次の週に2D字幕版をリピート、計2回鑑賞と
なりました。

オール・ユー・ニード・イズ・キル 3D & 2D ブルーレイセット(初回数量限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]



オール・ユー・ニード・イズ・キル

原題:EDGE OF TOMORROW

製作:2014アメリカ

作品紹介
作家・桜坂洋のライトノベルを、トム・クルーズ主演
で映画化したSFアクション。近未来の地球を舞台に、
ある兵士が戦闘と死をループしながら、幾度も戦闘
するうちに技術を身に付けていくさまを描く。監督
は、『ボーン・アイデンティティー』『Mr.&Mrs.
スミス』などのダグ・ライマン。主人公と共闘する
特殊部隊の女兵士には、『プラダを着た悪魔』などの
エミリー・ブラントがふんする。トムらしいバトル
シーンはもちろん、日本の小説がハリウッド大作
として派手に活写されていることにも期待。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(1回目:3D字幕版、2回目:2D字幕版)スコープ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★★

謎のエイリアンに侵略され戦争状態の近未来の
地球、ある事情で戦闘に巻き込まれてしまった兵士
(トム・クルーズ)は確かに死んだはずだった・・・、
しかし次の瞬間目覚めると出撃前に戻ってしまう、
その戦い・死を繰り返すループは何故起こるのか?、
そこから抜け出すことは出来るのか?。

ループものといいますと、定期的に何度も観ていた
好きな映画である『恋はデジャ・ヴ』や押井守監督作
のアニメ『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』
などが有名です、最近ではヴィンチェンゾ・ナタリ監督の
『ハウンター』なんかもありました、『ハウンター』は
ひとひねり加えられていましたが、こちらはオーソドックス
なループの使い方と言っていいと思います。

同じ期間を繰り返す内に状況が少しずつ変わっていったり、
主人公の成長が見られるというループものの醍醐味が
ストレートに見られたのが良かったです、またトム・
クルーズの序盤のヘロヘロっぷりがなかなか(笑、
共演は『プラダを着た悪魔』や『LOOPER/ルーパー』
などに出演していたエミリー・ブラント、アクション
のイメージは無かった彼女ですが、抜群の決まり具合
で格好良すぎでした。

アクションはもちろん十分なボリューム、迫力の戦場
を見せてくれました、特にポスターでトムたちが装着
しているパワードスーツを使用したアクションシーク
エンスが印象的、エミリーはさらに独自の武器を使い、
まるで人気コミック『ベルセルク』に出てくる大型の剣
『ドラゴン殺し』を髣髴させるソードでバッサバッサと
切りつけるシーンがたまりません、原作は日本人の桜井氏
ですのでもしかしたら意識していたかもしれませんね。

ループもの+近未来SF+バトルアクションと美味しい素材
を上手く調理、思わずおかわりしてしまった快作でした。

オール・ユー・ニード・イズ・キル ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:アクション SF
posted by かとちゃん00 at 17:00| Comment(2) | TrackBack(22) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

グランド・ブダペスト・ホテル 【劇場で鑑賞】

シネコンのポイントが無料で1本観られるまで貯まり
ましたので、ウェス・アンダーソン監督の新作で
豪華キャストが共演するミステリー作『グランド・
ブダペスト・ホテル』を観てみることにしました。

グランド・ブダペスト・ホテル [Blu-ray]



グランド・ブダペスト・ホテル

原題:THE GRAND BUDAPEST HOTEL

製作:2014アメリカ/ドイツ

作品紹介
『ダージリン急行』などのウェス・アンダーソン監督が、
格式高い高級ホテルを取り仕切るコンシェルジュと、
彼を慕うベルボーイが繰り広げる冒険を描いた群像
ミステリー。常連客をめぐる殺人事件と遺産争いに
巻き込まれた二人が、ホテルの威信のためにヨーロッパ
中を駆け巡り事件解明に奔走する。主演のレイフ・
ファインズをはじめ、エドワード・ノートン、
エイドリアン・ブロディ、ジュード・ロウなど豪華
キャストがそろう。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スタンダード・ビスタ・スコープ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★★★

一筋縄ではいかない映画をクリエイトするウェス
・アンダーソン監督の作品はほとんど観た事が
ありませんで、以前劇場でストップモーションアニメ
の映画『ファンタスティック Mr.FOX』を観たのみ、
普通の実写映画は初めてとなりました。

今はさびれてしまった高級ホテルに来た作家がある男
と出会い、昔ホテルで起こった出来事を語って聞かせて
もらうという物語、話の主人公はそのホテルのカリスマ
・コンシェルジュとベルボーイ、彼らの一風変わった
冒険が描かれます。

まず映像がとても綺麗、色彩や画面の構図など徹底的
にこだわったその映像は一見の価値あり、さらに時系列
によって画面のアスペクト比(サイズ)を変えているのも
独特です。

次に役者さんが豪華で脇役にもあんな人からこんな人
まで、そして皆マンガから出てきたようなインパクト
のあるキャラで楽しいアンサンブルが見られました。

コメディタッチのミステリーというかサスペンスタッチ
のコメディといいますか、とにかく小気味よいテンポ
で進むストーリー、その中にブラックな味付けが
あったり、『ファンタスティック Mr.FOX』で見せた
ようなストップモーションやミニチュアを使ったと
思われるアナログでコミカルなシーンがあったりと
スパイスも効いています。

細かなディティールを見たりするマニアックな楽しみ方
もありつつ、普通に観ているだけでも十分楽しめる
映画でオススメですね。

グランド・ブダペスト・ホテル [DVD]



以下予告編動画に続き【ネタバレあり】感想
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 映画ブログへ  

【続きを読む】をクリックで【ネタバレあり】感想です。
続きを読む
posted by かとちゃん00 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(19) | 映画:か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

マレフィセント 【劇場で鑑賞】

『眠れる森の美女』の悪役『マレフィセント』が
主人公で、アンジェリーナ・ジョリーが主役を演じる
ファンタジー作『マレフィセント』が公開され
ましたので観に行ってきました。

こちらは3D作品で上映形態は3Dと2Dでそれぞれ字幕
or吹替があり、自分は3D字幕版を上映している劇場
まで行ってそちらを鑑賞しました。

マレフィセントMovieNEXプラス3D:オンライン予約限定商品 [ブルーレイ3D ブルーレイ DVD デジタルコピー(クラウド対応) MovieNEXワールド] [Blu-ray]



マレフィセント

原題:MALEFICENT

製作:2014アメリカ

作品紹介
ディズニーアニメ『眠れる森の美女』ではオーロラ姫に
呪いをかけた悪役だった、邪悪な妖精マレフィセントを
主人公とするダークファンタジー。マレフィセントを
アンジェリーナ・ジョリーが演じ、彼女の封印された
過去とオーロラ姫を永遠の眠りにつかせる呪いをかけた
理由が明かされる。監督は、『アバター』などの
プロダクションデザインを手掛けたロバート・ストロン
バーグ。エル・ファニングやアンジーの娘ヴィヴィアン
・ジョリー=ピットが共演。おとぎの国のごとく幻想的
で美しく、一方でダークな映像世界に期待できる。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(3D字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

『眠れる森の美女』はアニメ版は観た事はなく、
あらすじを知っている程度、出てくる悪役の
魔女がマレフィセントという名前というのも
知りませんでした。

この映画はそのマレフィセントが主役で彼女
中心に物語が進みます、演じるのはアンジェリーナ
・ジョリー、原作のキャラに寄せた頬骨がグッと
突き出たメイクが施されていますがやっぱり美人で
存在感も抜群です、アンジー以外のキャラも悪く
なく、中にはストーリーに沿ってバッサリ切られ
ちゃっている人もいたりなんかして、まあ逆に気持ち
いいくらいでした。

眠れる森の美女をベースにしながらもかなりアレンジ
が施されています、しかしストーリーはわかりやすく
幅広い年齢層に対応、アクションシークエンスも入って
おり男子にアピールポイントがあるのが嬉しいところ。

全体的に映像は綺麗、3D効果もちゃんとありました、
娯楽作としてキッチリ作られている中に人間の愛憎
といったところを入れているのもポイント、正直
あまり期待していなかった作品ですが、自分としては
ダークヒロインものとしてなかなか楽しめた映画でした。

マレフィセント MovieNEX [ブルーレイ DVD デジタルコピー(クラウド対応) MovieNEXワールド] [Blu-ray]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:ファンタジー
posted by かとちゃん00 at 17:00| Comment(4) | TrackBack(18) | 映画:ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする