2015年01月31日

ストックホルムでワルツを 【劇場で鑑賞】

スウェーデンの世界的ジャズシンガー、モニカ・ゼタールンド
の伝記ドラマ『ストックホルムでワルツを』が公開されました
ので観に行ってきました。

『ぼくのエリ 200歳の少女』など数える程しか観た事が
無いスウェーデン映画、去年の『100歳の華麗なる冒険』
を合わせて3回目の劇場鑑賞となりました。

ストックホルムでワルツを [DVD]



ストックホルムでワルツを

原題:MONICA Z

製作:2013スウェーデン

作品紹介
「Walkin' My Baby Back Home」などの名曲で知られる
スウェーデン出身の世界的ジャズシンガー、モニカ・
ゼタールンドの伝記ドラマ。5歳の娘を育てるシングルマザー
でありながら、夢を信じてモダンジャズ界の歌姫となるまで
を追う。メガホンを取るのは、『白昼夢に抱かれる女』の
ペール・フリー。実際に歌手として活躍するエッダ・
マグナソンがモニカにふんし、女優デビュー作とは思えぬ
圧倒的存在感を放つ。レイ・チャールズなど全編に流れる
ジャズナンバーに加え、1950年代から1960年代のスウェーデン
を再現した美術や衣装も魅力。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

スウェーデンの片田舎で電話の交換手をしながら歌手
として活動しているシングルマザーのモニカ(エッダ・
マグナソン)、ある日ステージを終えた彼女のもとに
やってきた評論家からジャズの聖地ニューヨークで歌を
披露しないかと持ちかけられるが・・・。

邦題の『ストックホルムでワルツを』という響きから
くるイメージは何やら『Shall we ダンス?』的な
ダンスを扱った映画のように思えますが、内容は
スウェーデンの世界的ジャズ・シンガーのお話、この
題名は彼女が巨匠ビル・エヴァンスと共作した有名な
アルバムタイトルと曲名『ワルツ・フォー・デビー』
にかけられているのでしょうか?、いずれにせよ劇中は
ワルツではなく日頃ジャズを聴かない自分でも知っている
ような有名な曲を含むジャズナンバーがガンガン流れます。

主人公のモニカ・ゼタールンドの半生を描いており、
主に歌手生活の部分をピックアップしています、それでも
ややダイジェスト感があったのと、当時のジャズ界隈の
閉鎖性を打ち破った画期的な試みはもう少し大きな花火で
打ち上げてもらっても良かったような、まあ過剰な演出が
なかったのはそれはそれで良いのですが、あと恋愛部分が
何とも言えないというか自分にはさっぱりわからないところ
も。

それでも何かを犠牲にしてでも自分の表現したいことを
やるために突っ走るという前へ前へという姿勢と行動力、
華やかな舞台の裏での葛藤など強い部分弱い部分を見せ、
ポスターの雰囲気のようなお洒落なファッションや
スタイリッシュなインテリアなどの画面作りとは裏腹に
泥臭さがあったのは意外でしたし、全体としては少し淡白
という感じがするものの、音楽や役者さんが良くまずまず
楽しめた映画でした。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:ドラマ 音楽映画
posted by かとちゃん00 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

祝宴!シェフ 【劇場で鑑賞】

今年の映画鑑賞は台湾発グルメ映画の『祝宴!シェフ』
からスタート、公開から時間差で近くのシネコンで
上映されていたので観に行ってきました。

祝宴!シェフ [DVD]




祝宴!シェフ

原題:總舖師:移動大廚
ZONE PRO SITE

製作:2013台湾

作品紹介
『熱帯魚』、『ラブゴーゴー』で知られる台湾映画界の
ヒットメーカー、チェン・ユーシュン監督が、およそ16年
ぶりにメガホンを取ったコメディー。美食の街・台南を
舞台に、著名な宴席料理人を父に持ちながらも料理の
心得がほとんどない娘が、人々を幸せにする究極の
レシピを探し求めて奮闘するさまを描く。テレビドラマ
や映画などで活躍するリン・メイシウ、『僕の恋、彼の
秘密』などのトニー・ヤン、本作が映画出演2作品目
となるキミ・シアらが出演。全編を彩る台湾料理の数々
に食欲をそそられる。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★☆

高名な宴席料理人の父を持つ売れないモデル、シャオワン
(キミ・シア)は元恋人の多額の借金のため夜逃げし、
母パフィー(リン・メイシウ)が営む食堂に駆け込む、
そこに亡くなった父だけが作れる古来の宴席料理を
作って欲しいという老夫婦がやって来るが・・・。

テレビでは鉄板の企画であるグルメ系、映画でも同じく
ハズレが少ない印象です、こちらもそれにならい画面
に出てくる料理の数々は食欲をそそり、それだけで
ポイントがアップしてしまうというもの。

ストーリーはキミ・シアちゃん演じるシャオワンがお母さん
と協力して料理バトルに挑むというわかりやすい骨格に、
シャオワンのバックグラウンドや相手役・サブキャラの
エピソードも挟み込み盛り沢山、そのため長尺になって
しまいましたが、作りが丁寧ですのでややゆったり気味
のテンポでも心地よし、各キャラの立ち具合もなかなかで
楽しませてくれました。

舞台は現代の台湾ですが、ノスタルジックな演出もあって
どこか日本の昭和を思い起こさせます、面白かったのは
劇中出てくるオタクの格好で、芋ジャージなんか着ている
人がいて何故か日本とそっくり。

ファッションといえばキミ・シアちゃんのカラフルな衣装
はアイドル然としたとても可愛いもので、彼女のルックス
の良さと相まって画面に華を与えています、その衣装と
ライティングやセットなども合わさり映像は全体的に
ポップな仕上がり。

親しみやすい感触で大盛りながらペロッと完食できた映画
で楽しかったです、それにしても主役のキミ・シアちゃんが
可愛い!、彼女のキュートな魅力でキャラの弱点もプラマイ
ゼロに引き上げている感じ、それとリン・メイシウさん演じる
関西色満点の爆裂オカンのサポートも忘れてはいけませんね。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
posted by かとちゃん00 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

2014年下半期劇場で観た映画INDEX

2014年の下半期に劇場で観た映画の記事も書き終えた
ということであいうえお順に並べてみました。

ちなみに上半期のインデックスはこちら

『2014年上半期劇場で観た映画INDEX』

下半期に観たのは78本、上半期の76本を足して2014年に
映画館で観た映画は過去最高の154本となりました、
今後この数を超えるのは多分ないと思います、これから
は家で観たものもカウントしておきますのでそれを
合わせればなんとかなるかもしれません。

上半期同様自分の個人的な注目作に○を付けておきました、
ちなみにベストなどまとめはこちら。

『2014年観た映画まとめ ベスト&ワースト』

○=注目作

あ行

『アバウト・タイム 愛おしい時間について』

『イコライザー』

『インターステラー』 ○

『イントゥ・ザ・ストーム』 ○

『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』

『NMB48 げいにん!THE MOVIE リターンズ 卒業!お笑い青春ガールズ!! 新たなる旅立ち』

『NY心霊捜査官』

『オオカミは嘘をつく』

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 ○

か行

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』 ○

『カムバック!』 ○

『ガンダム Gのレコンギスタ 特別先行版』

『記憶探偵と鍵のかかった少女』

『キョンシー』

『グッバイ・アンド・ハロー 父からの贈りもの』

『クライマー パタゴニアの彼方へ』

『グランド・ブダペスト・ホテル』 ○

『グレートデイズ! 夢に挑んだ父と子』

『ケープタウン』

『劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!&トッキュウジャー THE MOVIE』

『ゲッタウェイ スーパースネーク』

『攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears』

『攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone』

『荒野はつらいよ 〜アリゾナより愛をこめて〜』

『ゴーストバスターズ』 ○

『ゴーン・ガール』 ○

『GODZILLA ゴジラ』

さ行

『最後のブルース・リー ドラゴンへの道』 ○

『西遊記〜はじまりのはじまり〜』 ○

『ザ・ゲスト』 ○

『ザ・ヘラクレス』

『サボタージュ』

『ザ・マペッツ2 ワールド・ツアー』

『猿の惑星:新世紀 (ライジング)』 ○

『ザ・レイド GOKUDO』 ○

『サンシャイン♪ 歌声が響く街』

『サンバ』

『ショートターム』

『世界の果ての通学路』

『ゾンビ・リミット』

た行

『ダイバージェント』

『ダバング 大胆不敵』

『誰よりも狙われた男』

『チェイス!』

『天才スピヴェット』 ○

『トム・アット・ザ・ファーム』

『友よ、さらばと言おう』

『ドラキュラZERO』

『トランスフォーマー ロストエイジ』

『トランセンデンス』


な行

は行

『パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間』

『her 世界でひとつの彼女』

『バードシャー テルグの皇帝』

『バツイチは恋のはじまり』

『バトルフロント』

『バルフィ! 人生に唄えば』

『美女と野獣(2014)』

『ビッグ』 ○

『100歳の華麗なる冒険』

『ファーナス 訣別の朝』

『フューリー』 ○

『フライト・ゲーム』

『FRANK -フランク-』

『フルスロットル』

『ヘラクレス』

『ボーグマン』 ○

『ぼくを探しに』

ま行

『マイ・ブラザー 哀しみの銃弾』

『マップ・トゥ・ザ・スターズ』 

『マレフィセント』 

『ママはレスリング・クイーン』

や行

ら行

『ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪』

『ランナーランナー』

『LUCY ルーシー』

わ行

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明』 ○

  にほんブログ村 映画ブログへ  
posted by かとちゃん00 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする