2015年03月07日

アメリカン・スナイパー 【劇場で鑑賞】

アメリカ軍最強と言われた実在の狙撃手を描いた
映画で、主演はハングオーバーシリーズなどで
知られるブラッドリー・クーパー、監督は精力的に
映画を製作してくれているのが嬉しいクリント・
イーストウッドが務める『アメリカン・スナイパー』
が公開されましたので観に行ってきました。

【Amazon.co.jp限定】アメリカン・スナイパー ブルーレイ スチールブック仕様(完全数量限定/1枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]



アメリカン・スナイパー

原題:AMERICAN SNIPER

製作:2014アメリカ

作品紹介
アメリカ軍で最も強い狙撃手と呼ばれた、クリス・カイル
の自叙伝を実写化したドラマ。アメリカ海軍特殊部隊
ネイビーシールズ所属のスナイパーであった彼が、
イラク戦争で数々の戦果を挙げながらも心に傷を負って
いくさまを見つめる。メガホンを取るのは、
『ミリオンダラー・ベイビー』などのクリント・
イーストウッド。『世界にひとつのプレイブック』などの
ブラッドリー・クーパーが主演を務め、プロデューサー
としても名を連ねている。戦争とは何かを問うテーマに
加え、壮絶な戦闘描写も見もの。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★★

テキサス出身の青年クリス・カイル(ブラッドリー・
クーパー)は米大使館爆破事件をきっかけに軍への入隊
を決意する、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズ
に入るため厳しい訓練を受ける日々のなか、射撃の才能
が開花する・・・。

アメリカ軍で最強と謳われた凄腕スナイパーの物語、
赴任した戦地では敵兵による残虐行為があったり
巻き込まれてしまう非戦闘員がいたりと戦争の酷さを
彼とともに観客も体験、一方任務のためなら当然という
行為もちゃんと“人殺し”を意識させるように見せる
場面も。

こちらの映画ではそのような戦場での犠牲者とともに、
戦地に行っている間の兵士の家族への影響や、帰国しても
心身にダメージが残ってしまったりと、戦争による負の
連鎖もしっかり見せていたのが大きなポイントでした。

主演は『アメリカン・ハッスル』など近年オスカーに
ノミネートされることが多くなったもう実力派と言って
差し支えないブラッドリー・クーパー、優男という
イメージだった彼も肉体改造によりガッチリとした体格
の立派な兵士になっており、もしかして気づかない人が
いるかも、彼の映画が進むに従っての変化に注目です。

ブラッドリーが演じたクリスはタイトルから狙撃専門
かと思いきや突入部隊にも加わったのが意外、静と動どちら
の面でも息詰まる戦闘が続く中、燃えるシーンもあり
娯楽性が垣間見えるところも、そういったアクション
シークエンスや人間ドラマ面など色々とバランスが
良好で、過剰な演出をせず音楽を最小限に抑えるなど
ストイックな作りも◎、鑑賞後にはずっしりとした
手応えを感じた非常に見ごたえのある映画でした。

アメリカン・スナイパー ブルーレイ&DVDセット (初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]



以下予告編動画に続き【ネタバレあり】感想
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  

【続きを読む】をクリックで【ネタバレあり】感想です。

続きを読む


posted by かとちゃん00 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(31) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。