2015年04月11日

ナイトミュージアム/エジプト王の秘密 【劇場で鑑賞】

博物館の展示物が夜な夜な動き出してしまう
ファンタジックコメディシリーズ『ナイトミュージアム』
の最新作『ナイトミュージアム/エジプト王の秘密』が
公開されましたので観に行ってきました。

ナイトミュージアム1と2は家で鑑賞済み、シリーズ
初の映画館での鑑賞となりました。

ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]



ナイトミュージアム/エジプト王の秘密

原題:NIGHT AT THE MUSEUM:SECRET OF THE TOMB

製作:2014アメリカ

作品紹介
夜になると博物館の展示物が動き出す『ナイト ミュージアム』
シリーズ最終章。展示物に命を吹き込むエジプト王の石板の
魔力が消えかかる危機を回避すべく、ニューヨーク自然史
博物館からロンドンの大英博物館へ乗り込んだ夜警のラリー
と仲間たちが大騒動を繰り広げる。主演のベン・スティラー、
ロビン・ウィリアムズ、オーウェン・ウィルソンらおなじみ
の顔ぶれに加え、オスカー俳優のベン・キングズレー、
テレビドラマ「ダウントン・アビー」シリーズなどの
ダン・スティーヴンスらが新たに登場。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)ビスタ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

夜になると動き出すニューヨーク自然史博物館の
展示物たち、その命を吹き込むエジプトの石板の魔力
が消えかけてしまう事態に!、彼らの世話係で親友
でもある夜警のラリー(ベン・スティラー)は仲間たち
とともに石板の謎を解くためロンドンの大英博物館へ
向かうが・・・。

魔法の力で展示物が動き出す博物館の物語最終章、
キャラの説明は省かれており、毎度お馴染みの的な
ノリになっていますので、前作までの予習はしておいた
ほうが楽しめると思います。

ストーリーは非常にシンプル、ギミックも夜に魔法の力
で物が動き出すという1点とわかりやすい土台に、いつも
の面々と新たなキャラで起こすドタバタコメディや、
見た目にも凝ったステージ、しっかりとした作りの
アクションシークエンスなどでデコレートし、見ごたえ
十分。

主演はもちろんベン・スティラー、共演はオーウェン
・ウィルソンはじめ『ショートターム』のラミ・マレック
などの常連キャストが再結集、人間にまけじとデクスター
役のお猿さん「クリスタル・ザ・モンキー」も絶好調、
後から寄せて台詞をつけたのか、演技指導のたまもの
なのかとにかく良い仕事をされています。

新顔は個人的に『ザ・ゲスト』でセンセーショナルな
出会いを果たしたダン・スティーヴンス、相変わらず
カッケーーーー!、コメディ演技もバッチリこなして
くれました、他には『天使にラブソングを』に出ていた
キャシー・ナジミーを髣髴させるぽっちゃりコメディ
エンヌ、レベル・ウィルソンもインパクト高し、久々
のベンのおバカキャラが見られた2役の原始人も忘れては
いけませんね。

忘れられないといえばこちらが遺作になってしまった
ロビン・ウィリアムズ氏、これが最後というのが物語
ともリンクしてしまい、切なくなってしまいますが、
彼の温かみのある表情は変わらず輝いていました、
もうひと方、1に出ていてこちらでも顔を見せてくれた
元夜警役のミッキー・ルーニー氏もお亡くなりになって
しまったそうです、彼らが見せてくれた魔法はこれからも
生き続けます。

笑って泣いて、あんな人がカメオ出演したりして子供から
大人まで幅広い客層に対応したとっても楽しい映画
でした。

ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密 [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 20:00| Comment(2) | TrackBack(10) | 映画:な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

ゴッド・ギャンブラー -レジェンド- 【劇場で鑑賞】

シネマート六本木でドニー・イェン主演の
『アイスマン』を観た後は続けてチョウ・ユンファ
主演のアクションコメディ作『ゴッド・ギャンブラー
-レジェンド-』を鑑賞、初めての香港映画のはしご
となりました。

ゴッド・ギャンブラー レジェンド スペシャル・エディション [Blu-ray]



ゴッド・ギャンブラー -レジェンド-

原題:賭城風雲/FROM VEGAS TO MACAU

製作:2014中国/香港

作品紹介
『ラスト・シャンハイ』などのバリー・ウォン監督と
チョウ・ユンファが、再びタッグを組んで放つアクション
コメディー。マカオを舞台に、ラスベガスから戻ってきた
主人公が国際的犯罪に振り回されるさまを、ギャグや
アクションを交えて活写する。『ファイアー・レスキュー』
などのニコラス・ツェーや『インファナル・アンフェア』
シリーズなどのチャップマン・トーらが共演。華麗な
勝負シーンはもとより、さまざまな要素をミックスした
驚異の物語に熱狂する。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

故郷マカオに戻ってきた伝説のギャンブラー、
ケン(チョウ・ユンファ)の旧友である父の付き添い
で来たクール(ニコラス・ツェー)たちは弟子入りを
志願し奮闘中、そんなある日中国の警察がケンの腕を
見込んで仕事を持ちかけてくるが・・・。

チョウ・ユンファ主演、監督はバリー・ウォンこと
ウォン・ジンのタッグでギャンブラーが主役の映画
といえば1989年の大ヒット作『ゴッド・ギャンブラー』
が有名、チョウ・ユンファ演じる“賭神”が人気を博し
シリーズ化、外伝も含め数々の作品を送り出しました。

そして今作で20年ぶりにユンファ兄貴がウォン・ジン
と組んで再びギャンブラーを演じる、ということはまさか

と、

と、

賭神ーーー、



じゃなかった!!。

今回は指で触れるだけでどんなカードや麻雀牌かが
わかってしまうという伝説のギャンブラー、ケン役
です。

しかーし、本来コメディからシリアスまで幅広い演技
が出来るユンファ兄貴の最近では見られなかった楽しい
一面が復活!、ユンファスマイル全開だーー!。

一方共演のこちらも芸の幅が広いニコラス・ツェーは
ユンファ兄貴と対照的な感情を表に出さない役柄、
敢えての能面フェイスを貫きます。

で内容はというと、コメディとアクションがてんこ盛り
の特盛仕様、この直前に観ていた『アイスマン』以上に
雑多な感じで往年の香港映画を思い出します、アクション
はユンファ兄貴がカードを使った殺陣(CGでしたが)を
見せればニコラスも肉弾戦を披露、相手側もただもの
でないと思ったら『グランド・マスター』にも出演していた
マックス・チャンがまた良い動き、決めるところは決める
アクションとともにあったコメディパートは・・・、
くだらねーーー(笑、まるでおバカなコントみたいな
シーンもあったり、そんな中『スペシャルID 特殊身分』
などに出演していた美女ジン・ティエン(こちらでは
ジン・チャンと表記)の可愛い一面が見られたのは拾いもの。

他には英語をしゃべるキャラという印象のマイケル・ウォン
が久々で懐かしい!、やっぱり英語(笑、他には
『アイスマン』で相手役のお母さん役をやっていた人が
またお母さん役、続けて観ていたので一緒や〜んと、有名
な方なのでしょうか?、ちなみにMan-Wai Wongさんという
女優さん。

結構なドメスティック仕様で香港映画に慣れていない方
には戸惑ってしまう姿が想像できなくもないですが、
豪華キャスト共演のお祭りムービーとして楽しい一本、
明るく楽しいユンファ兄貴の帰還は嬉しく、大味でもまあ
いいかなと、ちなみに本国でヒットしたため続編が製作
されたということ、是非とも観たいところですが頼みの
シネマート六本木は6月に閉館・・・、うわあぁぁぁぁ。

そういえばこちらも音が薄く迫力に欠けました、香港・中国
映画3連続で音がペラペラってどういうこと?。

ゴッド・ギャンブラー レジェンド [DVD]



以下予告編動画に続き【ネタバレあり】感想
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  

【続きを読む】をクリックで【ネタバレあり】感想です。
続きを読む
posted by かとちゃん00 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画:か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

アイスマン 【劇場で鑑賞】

中国のアクションスター、ドニー・イェン主演の
SFアクション作『アイスマン』が公開されましたので
観に行ってきました。

今年はドニー祭り!『スペシャルID 特殊身分』
に続き2本目の主演作が公開、こちらは前後編と
なっており、後編は既に製作され今年本国で公開予定、
プロモーションではその事に全く触れられておらず、
あと原題にもはいっているとおり元々は3D映画ですが、
日本では2Dのみの公開となりました。

向かったのは六本木にある「シネマート六本木」、
アジア映画が強かったこちらの映画館はなんと
2015年6月14日(予定)をもって閉館してしまうという
ことです、最後の特集上映では韓国や台湾の映画と
ともに香港映画も『香港電影天堂 最終章』と題され
黄金時代の名作を上映予定、鼻血もののラインナップ
となっています。

アイスマン 超空の戦士 ブルーレイ&DVD セット (初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]



アイスマン

原題:氷封侠 重生之門/ICEMAN 3D

製作:2014中国/香港

作品紹介
『イップ・マン』シリーズなどで知られる、ドニー・イェン
主演のアクション。冷凍保存されていた明朝時代の戦士たち
が現代で目を覚まし、し烈なバトルを繰り広げていく。
メガホンを取るのは、『やがて哀しき復讐者』などの
ロー・ウィンチョン。『激戦 ハート・オブ・ファイト』
のワン・バオチャン、『白蛇伝説〜ホワイト・スネーク〜』
などのホアン・シェンイーなど、実力派が顔をそろえる。
明朝と現代を股に掛けた壮大なスケールの物語もさること
ながら、ドニー・イェンが放つ激しいアクションにも目を
奪われる。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★

冷凍カプセルで保存されていた謎の男たち、ホー・イン
(ドニー・イェン)と義兄弟は事故により誤って目覚めて
しまう、彼らの正体は400年前からタイムスリップして
きた明朝の秘密警察だった!。

今作のドニーは『処刑剣 14 BLADES』の時と同じく
明の秘密警察“錦衣衛”を演じます、シリアスだった
あの時と違い、今度は『テルマエ・ロマエ』よろしく
カルチャーギャップコメディを見せ、現代の文化
に驚くという王道な展開から結構サクッと順応して明朝
スタイルで活躍しちゃうなんてところまで、一貫して
ピュアでまっすぐなキャラの魅力を発揮していたドニー
兄貴であります。

相手役のホアン・シェンイー演じるメイは現代的なギャル
でドニーの引き立て役、ドニーと袂を分かってしまい
復讐に燃える義兄弟のサッ・ゴウ(ワン・バオチャン)と
ニッ・フー(ユー・カン)のキャラも○、ドニーを執拗に追跡
する警察署の副署長役にはサイモン・ヤム、自分としては
彼は何故か特殊部隊の隊長というイメージが強いのですが、
今では幹部に昇格。

アクションもしっかり入っておりその出来はハイクオリティ、
役柄の設定もあり伝統的な中国武術を見られるのが嬉しい
ところで、その見せ方は現代的にアップデートされテンポは
ハイスパート、お家芸のワイヤーワークももちろん使用、
やはり一つ一つの動きが美しいですね、基本からの違いを
感じます。

アクション監督はドニー自ら担当、義兄弟二人の動きも良いな
と思っていたらニッ・フー役のユー・カンはスタントの
アシスタントも務め、サッ・ゴウ役のワン・バオチャンは
ジェット・リーの『少林寺』に憧れて実際に少林寺に入門して
修行したという筋金入りと頼もしい面々、カースタント
コーディネーターには『スコット・ピルグリム』などのエドガー
・ライト監督作に関わり、『パシフィック・リム』のファイト
コーディネーターも務めたジャッキー・アクションチーム出身の
Bradley James Allanの名も。

ストーリーは前述したカルチャーギャップコメディと
ほのかなロマンス、ドニーの過去の謎や追っ手の義兄弟
や警察との関係、過去に戻るための調査など盛り沢山、
それらの要素が整然と並んでいるというよりかは往年の
香港映画特有の雑多な感じで、評価が分かれそうな
感じです、しかし格好良いドニー、可愛いドニー、切ない
ドニー、ドニー!、ドニー!、ドニー!と彼の魅力は存分
に出たファンにはたまらない一本ではないでしょうか。

それにしても『スペシャルID 特殊身分』に続き音がペラッ
ペラ・・・、是非公開して欲しい後編では改善を期待。

ちなみにこちらの映画はユン・ピョウ主演の1989年作
『タイム・ソルジャーズ〜愛は時空を超えて〜』のリメイク
ということです。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
posted by かとちゃん00 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。