2015年04月05日

ジェサベル 【劇場で鑑賞】

『プリデスティネーション』で好演したサラ・スヌーク
が主演し、『ソウ』シリーズで編集を務めていたケヴィン
・グルタートが監督するホラー映画『ジェサベル』が
公開されましたので観に行ってきました。

ジェサベル *セルBD [Blu-ray]



ジェサベル

原題:JESSABELLE

製作:2014アメリカ

作品紹介
『ソウ』シリーズなどのケヴィン・グルタート、
『パラノーマル・アクティビティ』シリーズなどの製作
に携ってきたジェイソン・ブラムがタッグを組んで放つ
ホラー。この世を去った母が残した不吉な予言が次々と
実現するという、奇怪な現象に見舞われる女性の姿を
追い掛けていく。『プリデスティネーション』などの
セーラ・スヌーク、『13の選択』などのマーク・ウェバー
らが出演。人気ホラーシリーズを支えてきた製作陣によって
生み出される、渾身(こんしん)の恐怖描写に背筋が凍る。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)ビスタ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

事故によって愛する夫と身ごもっていた子供を亡くし、
自身も重傷をおってしまったジェサベル(セーラ・スヌーク)
は父が暮らしている家へと戻る、しかしその家では不吉な
出来事が次々と起こり・・・。

静かな立ち上がりから徐々に起こる怪異、そのトリガーと
なるアイテムが続きが観たくなるもので物語を引っ張ります、
元カレとの関係性もスパイスとなり、謎解き要素が十分な
見所に。

スプラッターで見せる方向性ではないオカルト系、
怖がらせるスポットは気持ち少なめかと思われますが、
不気味な雰囲気は醸し出されていました。

主演は『プリデスティネーション』で俄然注目度が
上がったサラ・スヌーク、こちらの映画紹介では
セーラ・スヌークとなっていました、スペルがSarah Snook
でサラのようですが、発音はセーラと聞こえなくもなし、
彼女の演技としっかりした画作りで安定感は抜群。

地味ながら着実に積み上げられていく進行とひと捻り
された展開が良かったホラー映画でした。

ジェサベル *セルDVD



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:ホラー
posted by かとちゃん00 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(5) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

スペシャルID 特殊身分 【劇場で鑑賞】

中国のアクションスター、ドニー・イェン主演の
アクション映画『スペシャルID 特殊身分』が
公開されましたので観に行ってきました。

ドニーの主演作を映画館で観るのは2011年の
『レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳』
以来と久々、2011年はそれを含め計4本彼の
主演作を観る事が出来ました、今年はこの他に
『アイスマン』と『モンキーマジック孫悟空誕生』
が公開されると、溜まっていた分がやっと引き
出されるという感じです。

スペシャルID 特殊身分 [Blu-ray]



スペシャルID 特殊身分

原題:特殊身分/SPECIAL ID

製作:2014中国/香港

作品紹介
『イップ・マン』シリーズなどのアクションスター、
ドニー・イェンが主演とアクション監督を務めて放つ
アクションドラマ。潜入捜査官として裏社会に生きる
主人公がトラブルを逆手に取り、中国の女性刑事と共に
事件解決を目指す姿を描く。『激戦 ハート・オブ・
ファイト』などのアンディ・オンが野心家の兄弟分を
熱演し、女性刑事を『7日間の恋人』などのジン・
ティエンが好演。総合格闘技を参考にした見どころ満載
のバトルシーンに目がくぎ付け。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★☆

今度のドニーは犯罪組織に潜入し、おとり捜査を
行う潜入捜査官、カジュアルな格好をした彼が
出てくると・・・・、

ドニー兄貴、若ええええええーーー!!

もう30代にしか見えないですよ兄貴!、そんな若々しい
ドニーが見せる潜入捜査物はドロドロとした展開
になりがちなところをハード過ぎない塩梅に、清涼剤と
なるシーンも取り入れて人間味のあるドニーがたっぷり
と見られます。

彼自らアクション監督を務め、日本人で“ドニー組”
とも言える谷垣健治氏もスタッフとして参加している
アクションシークエンスの数々はさすがのクオリティ、
つかみでいきなり某有名日本人プロレスラーの異種格闘技戦
を思わせる殺陣が出てきてのけぞりました、他にはMMA
=ミックスマーシャルアーツ、所謂総合格闘技の動きを
大胆に取り入れているのも見所、フロントチョークなどの
関節技やグラウンドでの攻防、痛そうな打撃、そして華麗
な動きをリアルな味付けでバランスよく配合、格闘戦中心
ですが、銃撃戦やカーチェイスパートもしっかり入っている
のがまたニクい。

共演はイケメンで良い動きを見せた有望株アンディ・オン、
お母さん役では『キョンシー』での怪演も記憶に新しい
パウ・ヘイチン、ゲスト扱いで酔拳2などジャッキー映画
でお馴染みのケネス・ローが元気な姿を見せてくれるのも
嬉しいところ、そして女刑事役のジン・ティエン、綺麗だ!、
可憐だ!、凄い華だ!、『ポリス・ストーリー レジェンド』
ではジャッキーの娘役だった彼女、この映画ではアクション
にも挑戦され、こっちまでノックアウト。

そのように良いところは多かったもののドラマ部分が
イマイチ、ドニーとアンディの絡みやボスを入れて三つ巴
感などもう少し深めで行ってもらいたかったのと、終盤とか
盛り上げるためにわざと・・・と強引に感じられるところも、
あとハード面では音がどうにも軽いのが残念。

しかしそこまで複雑になっていなくストレートに観る事が
できたのと、どこか青春を感じる爽やかな部分も良かった
アクション映画で面白かったです。

スペシャルID 特殊身分 [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
posted by かとちゃん00 at 22:20| Comment(3) | TrackBack(5) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

アナベル 死霊館の人形 【劇場で鑑賞】

『ソウ』や『ワイルド・スピード スカイミッション』、
『インシディアス』など数々のヒット作を手がける
ジェームズ・ワン監督の大ヒットオカルトホラー
『死霊館』のスピンオフで、ワン監督作で撮影を担当
していたジョン・R・レオネッティが監督を務めるホラー
映画『アナベル 死霊館の人形』が公開されましたので
観に行ってきました。

【Amazon.co.jp限定】死霊館&アナベル 死霊館の人形 ブルーレイ ツインパック(2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]



アナベル 死霊館の人形

原題:ANNABELLE

製作:2014アメリカ

作品紹介
実在の心霊研究家夫妻が体験した不吉な出来事を描いた
大ヒットホラー『死霊館』のスピンオフ。同作に登場した
人形アナベルを手に入れた夫婦が遭遇する壮絶な恐怖と、
呪いのアナベル人形誕生の秘密を描く。『死霊館』で
監督を務めたジェームズ・ワンが製作に回り、同作で
撮影を担当したジョン・R・レオネッティがメガホンを
取る。テレビドラマ「THE TUDORS 〜背徳の王冠〜」
シリーズなどのアナベル・ウォーリス、『パッション・
フィッシュ』などのアルフレ・ウッダードらが出演。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

ジェームズ・ワン監督が手がけた実話を基にしたオカルト
ホラー『死霊館』、その映画に登場する超常現象研究家の
ウォーレン夫妻の家の倉庫に封印されていた不気味な人形
“アナベル”の謎に迫るスピンオフムービー。

ウォーレン夫妻は実在しアナベルもモデルになった人形が
実際にあります、そちらはポップなデザインでしたが、
こちらの映画では・・・入荷時からもう既にちょっと怖い
ですやん!、舞台が60年代末期でそれ以前に作られた向こう
のアンティーク人形は確かにあのようなデザインがあるに
しろ何だか不気味。

その人形に異変が起きるきっかけになる出来事はなかなか
のインパクト、そこからは正統派のオカルトホラーに展開
します、ですので人形ホラーで有名な『チャイルド・プレイ』
シリーズの“チャッキー”のようにガシガシ人形が動いて
殺しまくるというタイプではなく、じわじわと追い詰めて
いくというものでした。

そういった方向性ですのでスプラッターシーンはなく、
精神的に怖がらせる仕掛けや音での脅かしなど、ワン
プロデュースということでそつなくこなされていますが
怖がらせるスポットは少なめか。

しかし60年代末期の雰囲気や映像が良く、人形とその
正体に関する設定に面白いところはあり、主演のニキ
役のアナベル・ウォリスもお綺麗、彼女は
『X-MEN ファースト・ジェネレーション』に出演
していたそうです。

惜しむらくは途中から出てくる登場人物にもう少し
かき回して欲しかったというか、惑わせていただけ
ればクライマックスはさらに面白くなったのでは
ないでしょうか。

丁寧な作りのオカルトホラーでまずまず楽しめた一作、
それにしてもこの作品や日本では稲川淳二さんの大作
怪談「生き人形」があるように、和洋問わず人形に
何かがとり憑くというのはやっぱり怖いですね、人の
形をしているだけに。

アナベル 死霊館の人形 ブルーレイ&DVDセット (初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:ホラー
posted by かとちゃん00 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(6) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする