2015年04月13日

クラウン 【劇場で鑑賞】

フェイク予告編が『ホステル』などで知られる
イーライ・ロスの目にとまり、彼の製作で映画化
されたホラー『クラウン』が公開されましたので
観に行ってきました。

クラウン [Blu-ray]



クラウン

原題:CLOWN

製作:2014アメリカ/カナダ

作品紹介
『ホステル』シリーズなどで知られるイーライ・ロスが
製作を手掛け、呪われたピエロの衣装を着たことから
子食いの怪物へと変貌していく男の運命を描くホラー。
2010年、無名のフィルムメーカーがジョークで作った
偽ホラー映画の予告編クレジットにロスの名前を勝手に
入れてYouTubeに投稿したところ、すぐにロス本人から
企画を持ち掛けられ、まさかの映画化が実現した。
出演はテレビドラマ「TAKEN テイクン」などのアンディ
・パワーズ、『キック・オーバー』などのピーター・
ストーメアらが出演。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

不動産業を営むケント(アンディ・パワーズ)は息子
の誕生日のために担当していた家にあったピエロの
衣装を着て誕生パーティーを祝う、衣装を脱ごうと
したその時・・・。

よ〜しパパピエロ頑張っちゃうぞ〜

なんじゃこりゃ〜〜!

と前置きがものすごく短くいきなり本題に入るのが
潔し、殺人ピエロというと何やら笑いながら襲って
くるとか神出鬼没のようなイメージを勝手ながら
抱いてしまいますが、こちらは家庭的な良き父親が
徐々に侵食されていく様とクラウンの謎を追う
パートをじっくりと見せます。

ストーリーがその呪いによる変化とミステリー要素で
見せていくというのとクラウンのターゲットの設定の
関係であまり派手なゴアシーンは出来ません、という
ことで全体としては地味目な仕上がり。

そんな中ライティングが面白い場面があり、日本でも
日常目にするような場所がかなり違った雰囲気に見えた
のが良かったです。

ピエロといえば『IT』や『道化死てるぜ』などのホラー
映画にとどまらず、現実にも連続殺人鬼のジョン・ゲイシー
が道化師「ポゴ」に扮していたと、人々を楽しませる存在
が恐怖の対象に変わります、あの白塗りメイクが不気味と
感じる方も多いのではないでしょうか。

大きな売りになるようなものはなかったものの役者さんも
映像もちゃんとしていてそこそこ楽しめたホラー映画でした。

クラウン [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:ホラー
posted by かとちゃん00 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(5) | 映画:か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする