2015年04月26日

ジュピター 【劇場で鑑賞】

『マトリックス』シリーズで知られるラナ&アンディ
のウォシャウスキー姉弟監督の最新SF映画
『ジュピター』が公開、こちらは3D作品で4DXでも
上映されていました、自分は3Dの字幕版を鑑賞です。

ジュピター 3D & 2D ブルーレイセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]



ジュピター

原題:JUPITER ASCENDING

製作:2015アメリカ

作品紹介
ラナ&アンディ・ウォシャウスキーが監督と脚本を務め、
『マトリックス』シリーズ以来初のオリジナルストーリーで
挑むSFアクション。知能の高い異星人に統制された地球を
舞台に、唯一無二の存在である地球人の女性と、彼女を
守る使命を負った男の壮大な体験を活写する。主演は
『ホワイトハウス・ダウン』などのチャニング・テイタム
『ブラック・スワン』などのミラ・クニス。荘厳な
世界観に圧倒される。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(3D字幕版)スコープ
満足度:★★
おすすめ度:★★☆

ある女性を守るという任務のために宇宙から地球に派遣された
ケイン(チャニング・テイタム)は、シカゴで清掃員として働く
ジュピター(ミラ・クニス)を発見、彼女こそ宇宙を変える運命
の遺伝子を備えた人で・・・。

『マトリックス』シリーズでおなじみのウォシャウスキー
姉弟監督の新作は12年ぶりのオリジナル作品、そして
SF映画と期待が高まります。

確かに映像は見ごたえがあるものでした、VFXはしっかり
しており、戦艦や機動兵器などのデザインも悪くないもの、
セットや衣装もちゃんとしていていかにもお金をかけて
いるという感じ。

アクションシークエンスも問題はなし、特に良かった
のがケインが使う飛行靴で、まるで空中をスケート
しているように飛びます、これはどうやって撮って
いるのか、ワイヤーか何かで吊っているとしたら
変なわざとらしさがないのでかなりのクオリティに
なっていると思います、画的にはスケートよりかは
サーフボードに乗る方が格好良い飛行シーンになり
そうですが、あちらでは「シルバーサーファー」
という有名な空中をサーフィンするヒーローがいます
ので無理っぽいですね。

一方ストーリーはというと・・・壊滅的!、所謂SF版
プリンセスストーリーですが、まず主人公に魅力が
ないのがつらい、というかキャラが皆薄く感情移入も
へったくれもなし。

宇宙の勢力争いに巻き込まれる普通の地球の女性、
そうするとさてどっちサイドに?、っていうサスペンス
がほしいところですがそういった面白みはなし、
各勢力の色分けも微妙で色々と説明不足を感じる面も、
ですので話を盛り上げるための波乱も返って分かりにくく
してしまっていたと思います。

一番辟易したのは一応アプローチを変えてはいるものの、
結局は同じ展開になってしまっているところ、作っている
のは『マトリックス』ではなく『ジョン・カーター』の
中の人じゃないんかい?と疑ってしまうほど。

映像のおかげで何とか最後まで席を立たずにいられましたが
話としては退屈、シネコンで一番大きいスクリーンで観て
これなので、テレビモニターだったらかなり厳しそうな
映画でした。

ジュピター ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:SF
posted by かとちゃん00 at 23:50| Comment(2) | TrackBack(12) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。