2015年05月19日

ミッシング・デイ 【劇場で鑑賞】

『ブライド・ウエポン』を観た後は同じ映画館
でやっていたジョン・キューザック、ライアン・
フィリップ、ジャッキー・ウィーヴァーら実力派俳優
が共演したサスペンス映画『ミッシング・デイ』を
続けて鑑賞です。

ミッシング・デイ [Blu-ray]



ミッシング・デイ

原題:RECLAIM

製作:2014アメリカ/中国/マレーシア

作品紹介
ジョン・キューザック、ライアン・フィリップ、
ジャッキー・ウィーヴァーら実力派俳優が共演を果たし、
人身売買を題材に描いたサスペンスアクション。養女に
したばかりの娘を奪われた夫婦が、悪質な人身売買組織
相手に捨て身の戦いを挑む姿を映す。『愛を問うひと』
などのアラン・ホワイトが監督を務め、『バトルフロント』
のラシェル・ルフェーブルが妻を好演。互いに一歩も
引かない激しいバトルの行方や、スリリングな展開が
見どころ。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)ビスタ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

スティーブン(ライアン・フィリップ)とシャノン
(ラシェル・ルフェーブル)夫妻が養女に迎えたばかり
のニーナが、プエルトリコの海辺の小さな街で突然
行方不明になってしまう、地元警察の警官(ルイ・
ガスマン)に助けを求め、隣人のベンジャミン
(ジョン・キューザック)にアドバイスを受けるなど
して必死の捜索を続けるがそこに隠された事実とは・・・。

消えた娘を必死に探す夫妻、そこに立ちはだかる
謎とは?、と直前に観た『ブライド・ウエポン』
同じく家族を取り戻すために奮闘するシチュエーション、
しかし人間凶器ジーナ・カラーノとは異なりライアンと
ラシェルの夫婦はごく普通の人達、ですのでアクション
シークエンスはそちらに譲るものの、ズブの素人なので
サスペンス性は十分。

平凡な夫婦が犯罪に巻き込まれるというのは最近観た
『パーフェクト・プラン』でもありましたが、ついつい
魔が差してというジェームズ&ケイト夫妻とはまた
異なり、何も落ち度は無い完全なる被害者、そしてその
巻き込まれた犯罪というのが悪質極まりないもの。

ですので正直ヒール(悪役)側にやっていることに対して
それほどスケール感があるわけではないものの、卑劣な
行いのためベビーフェイス側を応援したくなる効果は
大きかったです。

主演は個人的に『リンカーン弁護士』以来となる
ライアン・フィリップ、結構キャリアあるなこの人
と年齢を確認したら何と40歳!、超童顔な彼はこの
映画では20代でもおかしくないくらい若く見えます、
奥さん役のラシェル・ルフェーブルもしっかり見せ場
を作り、共演には怪しさ満点のジョン・キューザック、
直前に観た『ブライド・ウエポン』で警官を演じて
いたルイ・ガスマン(ルイス・ガスマンやルイ・グスマン
という表記もあり)がまたまた地元警官役で登場、さて
そのキャラはどう違う?。

全体的にはB級感があり小粒でしたが、題材が実際に
ありそうな犯罪であることと、素人がどう立ち向かうか
というところを地味ながらそれなりに見せ、少ない
ながらカーチェイスなどのアクションシークエンスも
盛り込むなどそつない仕事をされ、まずまず楽しめた
サスペンス映画でした。

ミッシング・デイ [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:サスペンス
posted by かとちゃん00 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

ブライド・ウエポン 【劇場で鑑賞】

ポニー・キャニオンが仕掛ける超ド級の興奮と圧倒的
な面白さに満ちた過激で、刺激的で、一味違う娯楽映画
を連続公開する最強無敵のエンタテインメント・ライン
“レッドバンド”、その第2弾で主演は総合格闘技家と
して有名なジーナ・カラーノが務めるアクション映画
『ブライド・ウエポン』が公開されましたので観に
行ってきました。

こちらの企画の第1弾はホラー映画の『マッド・ナース』
続いてはアクション映画となりました。

ブライド・ウエポン [Blu-ray]



ブライド・ウエポン

原題:IN THE BLOOD

製作:2014イギリス

作品紹介
アメリカ女子総合格闘技界のスターで、『エージェント・
マロリー』の主演を務めたジーナ・カラーノが陰謀に
立ち向かうヒロインを演じるアクション。新婚旅行中に
何者かに連れ去られた夫を救うべく、残された妻が
犯罪組織を相手に立ち向かうさまを活写する。メガホン
を取るのは、『イントゥ・ザ・ブルー』
『ネイビーシールズ:チーム6』などのジョン・ストック
ウェル。『マチェーテ』シリーズなどのダニー・トレホ
ほか個性豊かな俳優陣が共演。屈強な男たちに立ち向かう
ジーナの、スピーディーかつパワフルなアクションに
目がくぎ付けになる。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)ビスタ
満足度:★★☆
おすすめ度:★★☆

ドミニカ共和国でハネムーン中のエバ(ジーナ・カラーノ)、
その夫であるデレク(カム・ジガンデイ)はアトラクションで
遊んでいた最中にけがを負ってしまう、直ちに救急車で搬送
されたものの行方がわからなくなってしまい・・・。

ジーナの初主演作『エージェント・マロリー』は経験者と
しか思えない軌道を見せるキックなどの打撃や組み技など
アクションシークエンスから只者ではないところを見せ、
そこに妙にスタイリッシュな映像が合わさり、なかなかの
インパクトを見せた一作でした、自分は彼女の事を知ら
なかったので、帰って調べましたらガチの総合格闘家と
いうことで納得、やはり“本物”は違います。

こちらは彼女の最新主演作、消えた花婿追う花嫁、
夫のためなら悪い奴らに容赦はしない、と何やら
ジーナ版『96時間』の様相を呈しています。

つかみのアクションや実際のリゾート地でロケしたと
思われるアトラクションの映像など悪くないスタート、
しかし本題に入るともたつくのが惜しい、このような
題材なので、一刻を争う事態になっているのにも
かかわらず映画自体のテンポが良くないのはまずいです。

クライマックスの仕掛けは悪くなく、生活感のあるロケ地
が雰囲気を良くしていますが、そこに挟み込まれる
アクションの見せ方がイマイチ、監督のジョン・ストック
ウェルは『ネイビーシールズ:チーム6』でも締りの悪さ
を見せただけにここは改善して欲しかったところ、あまり
アクション映画に向いていないのでしょうか。

共演は夫役に甘いマスクのイケメン、カム・ジガンテイ、
面白い名前と思ったら“キャム・ギガンデット”という
名前で知られており、『バーレスク』などに出演している
ということ、この映画の監督の前作にも顔を出している
模様、他にはコワモテ俳優の代表格ダニー・トレホや
顔のインパクトでは負けていないルイ・ガスマンなど。

今回は残念ながら映画としては不完全燃焼となって
しまいましたがジーナのアクションには見るべきところ
はありました、彼女は動きの良さとともに普通に演技
が出来るのが強み、また主演作が控えているガッチリ
ムッチリの新世代アクション女優ジーナの今後に期待!。

ブライド・ウエポン [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:アクション
posted by かとちゃん00 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画:は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

ジュラシック・アイランド 【劇場で鑑賞】

恐竜たちが跋扈する島に迷い込んでしまった少年
の冒険を描くアドベンチャー作『ジュラシック・
アイランド』が公開されましたので観に行って
きました。

ジュラシック・アイランド Blu-ray



ジュラシック・アイランド

原題:DINOSAUR ISLAND

製作:2014オーストラリア

作品紹介
タイムスリップにより恐竜のいる島に来てしまった少年
のサバイバルを、スリルと迫力たっぷりに描くアドベンチャー。
不思議な水晶を手に入れた主人公が、時空にゆがみが
生じたことで未知の島にたどり着き、6,500万年以上前
に絶滅した恐竜、食虫植物、謎の原住民などに遭遇
しながら冒険を繰り広げる。最新の研究をベースに
作られた恐竜の造形や動きに驚くとともに、必死の
サバイバルや水晶の謎、少年にサバイバル術を教える
少女との関係などを盛り込んだストーリー展開に息をのむ。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★☆
おすすめ度:★★★

不思議な水晶の力によって恐竜が生きる島に
タイムスリップしてしまった少年の冒険を描く
ファンタジー作。

今度新作『ジュラシック・ワールド』が公開される
ジュラシック・パークのパチもの邦題にそそられて鑑賞、
ご丁寧にロゴも本家に似せられているがなんとも、
もちろん関連性はなく、原題も『DINOSAUR ISLAND』
となっています。

本数的には少ない公開のオーストラリア映画というのが
珍しく、役者さんたちはやっぱり知らない方々。

雰囲気はというと、ニコロデオンやディズニー
チャンネルとかでやってそうなファミリー映画、
基本的には子供向けのノリです。

恐竜などクリーチャー類のCGは正直B級かなと思いますが
動きは普通にちゃんとしています、驚いたのは恐竜たちが
めっちゃカラフル!、最近の研究ではこのような可能性が
高いとか、子供の頃は基本アースカラーだった恐竜がこんな
総天然色仕様だったとは。

ファミリー向けなのでわかりやすい作りのお話、恐竜も
適量出てきますし、まあそつなくは楽しめるのでは
ないでしょうか、おねえちゃんもっと速く逃げてくれ!
とか、うわっ!気持ち悪い○○とかつっこみつつユルり
と観た一本でした。

ジュラシック・アイランド DVD



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:ファンタジー
posted by かとちゃん00 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする