2015年05月09日

牙狼 GARO GOLD STORM 翔 【劇場で鑑賞】

人気テレビドラマシリーズ『牙狼』の劇場版第3弾
の『牙狼 GARO GOLD STORM 翔』が公開されました
ので観に行ってきました。

『たまこちゃんとコックボー』を観た後牙狼を
上映しているシネコンまで移動、邦画のはしご
をしたのはこのブログを書き始めてから初めて
と珍しい経験になりました。

劇場版 牙狼(GARO)-GOLD STORM-翔 Blu-ray通常版



牙狼 GARO GOLD STORM 翔

製作:2015日本

作品紹介
テレビドラマ「牙狼<GARO> 〜闇を照らす者〜」の主人公・
道外流牙の新たなる戦いを描く、『牙狼』シリーズ劇場版第3弾。
魔獣ホラーの討伐を果たすために人間の滅亡を企てる人型
魔導具と流牙が対峙(たいじ)する。メガホンを取るのは、
シリーズの生みの親である雨宮慶太。「牙狼<GARO> 
〜闇を照らす者〜」の栗山航と南里美希が、再び流牙とその
相棒・莉杏を快演する。VFXを駆使して創造される迫力に満ちた
バトルシーンの数々に加え、柄本明や泉谷しげるといった
バラエティーに富んだ共演陣も魅力的。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館 ビスタ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

人間の心の闇に引き寄せられ、その命を奪う魔獣ホラーを
日々討伐する黄金騎士ガロこと道外流牙(栗山航)と相棒の
魔戒法師の莉杏(南里美希)、数々の激闘のためガロの鎧に
邪気が蓄積、浄化を出来る高い能力を持った魔戒法師リュメ
(桑江咲菜)がいるラインシティに向かう彼らだったが、
そこに人型魔導具・阿号(井坂俊哉)が現れ・・・。

牙狼シリーズは劇場版の前作『牙狼 GARO 蒼哭ノ魔竜』
以来観るのは久々になります、その後冴島鋼牙に続き
黄金騎士ガロになった道外流牙を主役に据えた『牙狼
闇を照らす者』が始まりましたがそちらは未見、
こちらはその次のシリーズ『牙狼 GOLD STORM 翔』の
序章になるということです。

ストーリーはそれほど難しいものではなく、流牙編を
観た事のなかった自分にも付いてけるもの、牙狼シリーズ
に触れていれば大丈夫と思われます、今回は魔戒法師
が使う魔導具の人型が登場するのがミソ。

雨宮監督独特の映像美と切れのあるアクションは健在、
アクションといえば序盤にあまり見たことのないカメラ
ワークを使ったと思えば、奇抜な術を見せたりとしっかり
とアイデアを感じられるのはさすが。

ただ流牙のキャラがちょっと薄め、鋼牙がクール系だった
ので差別化が欲しいところですが、既に1部を費やしている
のでどうやら落ち着いてしまった様子、演じる栗山航くん
はガロの主役に抜擢されるだけあり、動きに切れがあり
ましたが。

共演は牙狼だけに泉谷しげる氏や柄本明氏などの有名どころ
が顔を見せ、重要な役である人型魔導具・阿号には井坂俊哉氏、
個人的には『幻星神 ジャスティライザー』以来と久々で、
長身に鎧姿が似合っていました、そしてそして大きな収穫だった
のが流牙のサポート役で所謂サイドキックにあたる魔戒法師の
莉杏を演じる南里美希(なんりみき)さん、これはまことに・・・
お綺麗だ!、アクションにも華があり、もう女性初の魔戒騎士
麗狼とかにしちゃってスピンオフキボンヌ!、魔戒法師のまま
でも以前やった『牙狼外伝 桃幻の笛』の莉杏版でどうだ!、
プッシュすべきはこのお方だ!、とちょっとエキサイトして
しまう美女でした。

規模としてはテレビ版プラスαくらいな感じなものの
牙狼好きなら楽しめる手堅い一作でした。

劇場版 牙狼(GARO)-GOLD STORM-翔 DVD通常版



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:特撮 アクション
posted by かとちゃん00 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

たまこちゃんとコックボー 【劇場で鑑賞】

ももいろクローバーZの妹分のアイドルグループ、
「私立恵比寿中学」のメンバーである「ぁぃぁぃ」
こと廣田あいかさんが初主演した映画『たまこちゃん
とコックボー』が公開されましたので観に行って
きました。

先輩のももクロはグループで先日『幕が上がる』
主演、エビ中はこちらのぁぃぁぃ他ピンで何人かの
メンバーが映画に出演しており、次は今夏公開予定
の『脳漿炸裂ガール』の主人公を同メンバーである
柏木ひなたさんが演じるそうです。

たまこちゃんとコックボー [Blu-ray]



たまこちゃんとコックボー

製作:2015日本

作品紹介
ももいろクローバーZの妹分のアイドルグループ、私立
恵比寿中学のメンバー廣田あいかが映画初主演を飾った
ファンタジー。個性的なヒロインが見知らぬ世界に
迷い込み、新しい友達と入れ替わって生活するさまが
描かれる。『1/11 じゅういちぶんのいち』などの
片岡翔が脚本と監督を務め、明るくパワフルな世界を
作り上げる。主演に抜てきされた廣田の熱演はもとより、
その摩訶(まか)不思議な世界のとりこになる。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館 ビスタ
満足度:★★☆
おすすめ度:★★★

お菓子の国のプリンセスになることを夢見る空想好きな
星野ひよ子(廣田あいか)は周りと溶け込むことできない
日々を過ごしていた、そんなある日、ドーナツの穴ごし
にいつも楽しみに観ているたまこちゃんとコックボー
のアニメを覗いていると・・・。

空想大好き、お菓子大好き、でもちょっと周りから
浮いちゃっている女の子がふとしたことからアニメ
の世界に紛れ込んでしまうファンタジー。

ってアニメの世界に入ってしまうとはまことにとんでも
ない展開なのですが、実写とアニメの切り替えがスムーズ
というか違和感は無し、変にエフェクトとかかけなかった
のが功を奏したのか、あるいはこういう作品だということ
を知っていたもあるのか、ぁぃぁぃの少々浮世離れした
キャラが既にアニメとマッチングしていたのでキャス
ティングの妙もあり。

主演は私立恵比寿中学のマスコット「ぁぃぁぃ」
こと廣田あいかさん、歌、ダンスを器用にこなし、
ガチの鉄道オタクという顔も見せる個性派、さらに
一度聞いたら忘れられないアニメ声を持つ非常に強烈
なキャラクターの持ち主です。

エビ中のライブは観た事がありますが、ドラマは観て
いなかったので芝居関係は初めて、ステージではしっかり
したところを見せる彼女がスクリーンでは・・・、
やるじゃないですか!、やっぱりこういうのも出来るん
ですか、っていうか役が彼女に寄せられているというか、
ぁぃぁぃじゃんと言えなくもなし、しかし自然な演技が
出来ているのは確実、脇役の生徒さんたちがあまり
上手くないので余計にちゃんと見えるのを差し引いても
手堅さは感じられました。

共演は幼馴染のイソップ役に阿久圭介くん、この作品が
デビュー作という彼は、丸メガネをかけているその姿
を見ると大多数の人が一目見てハリー・ポッターや〜ん
と思わず言ってしまうまさに和製ダニエル・ラドクリフ!、
いつそのネタがぶっこまれるか待っていましたが、
無かったのがちょっと淋しい、彼は初めてにして
は悪くないサポートをされていたと思います。

実写+アニメということでどんなストーリーかと
思いましたら、入れ替わり系に進んだのが意外、
しかしここでちょっと思ったのが、入れ替ってひよ子
ちゃんの体にたまこちゃんが入った時は髪型だけでは
なく口調も変えるべきなのでは?、生物学的にあの
独特の口調にどうしてもなってしまう・・っていうのは
ちょっと置いといて、映画としてはここで区別をつけて
欲しいところ、ぁぃぁぃの喋り方は強烈なのでたまこ
ちゃんになった時は普通にするとより鮮烈に入れ替わり
感が出ると思います、何故そう思ったかというと、実は
ぁぃぁぃは普通の喋り方もできるというのを知っていた
ので(舞台で普通に話していたそうです)、これはもったい
なかったかなと。

もう一つは入れ替わり系の王道で入れ替わったほうが
状況が良くなってしまう部分、そういったところは
ちゃんとあるにはありましたが、たまこちゃんが
学校で活躍しているシーンがやっぱり欲しい、あると
ないとでは盛り上がりに差が出ます、まあどうやって
元に戻ろうというほうに焦点を絞っていましたので
そこがオミットされていても問題はないのですが。

終盤はロードムービー的展開と言っていいのか悪いのか、
明らかに予算が無くてこういった設定にしたのかな
というところも感じ取れたような気がしますが、そう
考えると上手くコンパクトに収められていました。

ストーリー、アニメ、役者さんと悪くはありません
でしたが、画的にも物語的にももうちょっと広がりが
欲しいと思ってしまいました、ミュージカルシーンも
ちゃんとしていただけに最後にもう一花咲かせていた
だいてもバチはあたらないかと、ファミリー向けとして
はちょっと地味めで、現実的なところも入れられて
いるので、まあ色々と予算ですかね・・・、ここ数年
映画館で観た映画の中で多分これが一番予算が少ないと
思いますし。

しかしぁぃぁぃは可愛く撮られており、彼女の可能性
も垣間見られましたのでそこは良かった映画でした。

たまこちゃんとコックボー [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
posted by かとちゃん00 at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画:た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

アンリミテッド 【劇場で鑑賞】

『トワイライト』シリーズで知られる若手俳優
テイラー・ロートナー主演のサスペンスアクション作
『アンリミテッド』が公開されましたので観に行って
きました。

こちらは109シネマズ限定公開でしたのでそちらまで
遠征です。

アンリミテッド [Blu-ray]



アンリミテッド

原題:TRACERS

製作:2015アメリカ

作品紹介
『トワイライト』シリーズでブレイクした、テイラー・
ロートナー主演によるサスペンスアクション。置かれた
環境を利用しながら、走り、跳び、登るスポーツ
「パルクール」のチームに入った青年が、犯罪に
巻き込まれていく姿を追う。監督は『サバイバル・フ
ィールド』のダニエル・ベンマヨール。『愛しのベス
・クーパー』などのマリー・アヴゲロプロスや
『オーバードライヴ』などのラフィ・ガヴロンらが共演
する。肉体の限界に挑むような、パルクールアクション
の数々に圧倒される。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

ニューヨークでバイクメッセンジャーとして働くカム
(テイラー・ロートナー)はある日偶然出会った美女ニキ
(マリー・アヴゲロプロス)に惹かれる、彼女がメンバー
になっているパルクールのグループに入ることになるが
・・・。

障害物をものともせず縦横無尽に街を駆け巡るフランス発
の体術「パルクール」、華麗な動きを見せるだけに映画との
相性は良く、故ポール・ウォーカー氏主演のフルスロットル
でも見られました、こちらはフルスロットルから格闘や銃撃を
少なくしてスポーティーにした感じ、テイラー君がパルクール
のチームに入り、様々なことを体験していくというストーリー
で、米ティーンに人気な彼だけにもちろん恋愛要素も入って
います。

ちょいと地味目なルックスのテイラー君でありますが
動きがイイ!、アクションシークエンスを可能な限り
自分で行っているのは好感が持て、そしてちゃんと綺麗
な体さばき、十分なトレーニングを行っているようです。

ドラマは一応仕掛けが施されたりしていてまずまずで、
やっぱり見所は彼が頑張ったパルクールシーン中心、
そこがちゃんとしていたので退屈はせず、日本で同じ
ようなことをやったらタイーホされちゃうから良い子は
真似しちゃダメ!、と言いたくなるデンジャラスな
アクションは映画ならでは。

以前観たテイラー君の主演作『ミッシングID』の出来は
芳しくありませんでしたが、こちらは彼の光るところが
見られました、向こうでは人気があるようですので
もしかしたら肉体派として大化けするかも?。

アンリミテッド [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:アクション
posted by かとちゃん00 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。