2015年05月23日

カイト KITE 【劇場で鑑賞】

日本のアダルトアニメをハリウッドが実写化
した近未来SF作『カイト KITE』が公開
されましたので観に行ってきました。

カイト/KITE [Blu-ray]



カイト KITE

原題:KITE

製作:2014アメリカ/メキシコ

作品紹介
過激な描写のみならず斬新な設定で、クエンティン・
タランティーノ、ロブ・コーエンなどハリウッドの映画人
たちをも魅了した梅津泰臣によるアニメを実写映画化。
少女たちが売買される荒廃した近未来を舞台に、両親を
殺害され暗殺者として育てられた少女の壮絶な復讐
(ふくしゅう)劇を描く。『アンダーワールド 覚醒』
などのインディア・アイズリーを主演に、
『華麗なるギャツビー』などのカラン・マッコーリフや、
数多くの代表作を誇るサミュエル・L・ジャクソンが共演。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★☆
おすすめ度:★★

少女たちを性の奴隷として取引することが横行する近未来、
亡き父の親友だった刑事アカイ(サミュエル・L・ジャクソン)
に殺し屋として訓練されたサワ(インディア・アイズリー)は、
両親の敵を探し、娼婦に成り済まして人身売買組織に危険な
潜入を試みる。

原作は未見での鑑賞となります、元のアダルトアニメのほう
は過激な設定や話の流れから性描写があったと思われますが、
こちらはそのあたりはカット、確かにセクシーなシーンは
あったものの、ヤバい世界観とグロいシーンのほうでレイ
ティングが上がっているのではないかと。

ストーリーは少女が大人どもを容赦なく殺しまくるといった
女暗殺者もの、なんですがどうもまったりした進行で爽快感
に欠けました、主人公サヤの動機となる出来事がストーリー
の都合上とはいえ丸々ぼやかされてしまっているのが原因の
一つでしょうか、あとキャラがそれほど立っていないのに記憶
を失くしてしまうというギミックがあるので何だかよく分から
ない人物像、それを感じさせないくらい速いテンポという訳
でもなく・・・、とりあえずあまり面白くない流れでした。

サワのアクションシークエンスは意外にも泥臭い感じで
残酷仕様、やっていることのエグさにも関わらずあっさり
した印象になってしまっているのは持って行き方があまり
よろしくないからというのが原因か、そしてそのスタイル
から彼女の強さ設定がよくわからないという問題も。

一方映像はグレーがかった背景に赤い髪が映えるなど綺麗
になっており、音楽はダブステップを導入するなど現代的
な作り。

スタイリッシュな映像にグロいアクションシークエンス
という何とも言えない食い合わせ、これならいっそのこと
もっとスプラッターに特化してしまったほうが良かったか
なという気が、主演のインディアちゃんが可愛いのが救い
の怪作でした。

カイト/KITE [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画:か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。