2015年05月25日

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 【劇場で鑑賞】

『バベル』などのアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督
の新作でマイケル・キートンが主演を務め、本年度
アカデミー賞の作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞と
4つもの受賞歴を誇るブラックコメディー映画
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
が公開されましたので観に行ってきました。

『カイト KITE』を観た後続けて同じシネコンで
やっていたこちらを鑑賞、帰って数えてみると
今年50本目となり、自分としては結構なハイペース
となっております。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [Blu-ray]



バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

原題:BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)

製作:2014アメリカ

作品紹介
『バベル』などのアレハンドロ・G・イニャリトゥが監督
を務め、落ち目の俳優が現実と幻想のはざまで追い込まれる
さまを描いたブラックコメディー。人気の落ちた俳優が、
ブロードウェイの舞台で復活しようとする中で、不運と
精神的なダメージを重ねていく姿を映す。ヒーロー映画
の元主演俳優役に『バットマン』シリーズなどのマイケル
・キートンがふんするほか、エドワード・ノートンや
エマ・ストーン、ナオミ・ワッツらが共演。不条理な
ストーリーと独特の世界観、まるでワンカットで撮影
されたかのようなカメラワークにも注目。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)ビスタ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★★★

かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡したが
今は落ちぶれてしまっている俳優リーガン・トムソン
(マイケル・キートン)は再起を懸け全力で自分がプロデュース
する舞台に打ち込む、しかし降板した俳優の代役として
やって来たマイク(エドワード・ノートン)は才能がある
ものの一筋縄ではいかない役者で・・・。

アカデミー賞を4部門制覇したというこちらの映画、
さぞかしなんてちょっと構えてしまいましたが、
いざ観てみると・・・、

いつ果てることなく続く(ように見える)長回しのカット!、

響き渡るドラム!、

熱い劇中劇!、

随時挟み込まれるお笑い!、

そして時には自虐も見せる映画に対する皮肉!、

なんだこれめちゃくちゃ面白いぞ!。

深読みしない(というか出来ない)自分にもストレート
に観て十分楽しめるコメディ作だったのが意外。

映像的には普通の会話とかそこまで派手なシーンでは
ないものの、いろんな意味でどうやって撮っている
のかわからない技巧を凝らしたもので画だけで既に
惹きつけられます。

現実とも妄想ともつかない部分を入れ、どう転ぶか
わからない展開、演劇の舞台が中心で半密室劇くらい
の限定された場所ですが、話は小さくならず濃度十分
というストーリー面。

そしてもちろんマイケル・キートンをはじめとする役者
さん方の演技も大きな見所、場を引っ掻き回す強烈なキャラ
のエドワード・ノートンや、動だけではなく静の演技も注目
のエマ・ストーン、いつものヘロヘロの役ではなかった
のでクレジットで気づいたザック・ガリフィナーキス
などなど。

画、本、演、の3つがこれでもかとスイング、少々アート作
的な雰囲気もあり、カーバーとか知らない無知な自分には
正直分からないところがありました、しかし面白いと感じ
させる要素が多々、クスッと笑いながらも様々な面で圧倒
された衝撃的な映画でありました。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:コメディ
posted by かとちゃん00 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(22) | 映画:は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。