2015年07月10日

ピッチ・パーフェクト 【劇場で鑑賞】

女子アカペラ部の奮闘を描きアメリカでは口コミで
ヒット、本国では既に続編も公開されそちらもまた
大ヒットした映画『ピッチ・パーフェクト』が公開
されましたので観に行ってきました。

ピッチ・パーフェクト [Blu-ray]



ピッチ・パーフェクト

原題:PITCH PERFECT

製作:2012アメリカ

作品紹介
『マイレージ、マイライフ』などのアナ・ケンドリック
が主人公を演じた、アカペラがテーマのガールズムービー。
あるきっかけでガールズアカペラ部に入ってしまった
女子大生が、次第にその楽しさに目覚め、部の仲間たちと
固い絆と友情を育んでいく。製作を務めるのは、
『ハンガー・ゲーム』シリーズなどの実力派女優エリザベス
・バンクス。『ナイトミュージアム/エジプト王の秘密』
のレベル・ウィルソンらが出演。クセのあるキャラクターが
入り乱れるにぎやかな物語はもちろん、熱気あふれる歌唱
シーンも見もの。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)ビスタ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★☆

DJ志望の新入女子大生ベッカ(アナ・ケンドリック)は
なりゆきで女子アカペラ部「バーデン・ベラーズ」
に入部するが・・・。

アカペラを題材にした音楽青春コメディ作、ああ、これは
もう『スクール・オブ・ロック』や『天使にラブソングを2』
などが大好きな自分のストライクゾーンど真ん中じゃない
ですか〜!、オーソドックスな流れと作りはありがちと
とられそうですが、この定食ものは安定感抜群ですよ!。

ある程度の型がありますので重要になるのは音楽とキャラ、
そこをこちらの映画はクリアしていました。

映画の売りとなる音楽が良いのが大きい、アカペラという
ことで合唱団とかクワイヤー、バラードでハモるみたいな
イメージがありましたが、普通にポップスで聴きやすく、
ヒューマンビートボックスやボイス・パーカッション、
低い声でのベース音によるリズムセクションも加わり、
音の厚みもあります、選曲も最新のヒット曲からオールド
スクールなものまで幅広く、自分なんかが分かる80〜90年代
まで入れてくれているのがニクい、また歌唱シーン以外での
音楽も○、個人的にはアルバムをたまに聴いていた
「HIGH HIGHS」にここで出会えたのが意外、というかこれで
ブレイクしたのでしょうかね?、UKロックやUSインディー
好きな方が好きそうな良い曲でお勧めです。



主演は今年出演作が続々公開されているアナ・ケンドリック、
日本では前後してしまった『イントゥ・ザ・ウッズ』
シンデレラ役で既に歌が上手いということを認知させた
彼女はミュージカル歌唱でない本作でも美声を存分に披露、
若い頃からブロードウェイで活躍しているという筋金入りの
実力です、共演はこちらも日本での公開が前後した
『ナイトミュージアム/エジプト王の秘密』でおいしい役を
やっていたぽっちゃりコメディエンヌのレベル・ウィルソン
など、べラーズは一つフックが入ったキャラが立っている面々
でした、一方ライバル男性グループの「トレブルメーカーズ」
も、完璧なパフォーマンスをするのにも関わらずそこはかとなく
ダサい香りを漂わせていて(特にリーダー格の人)印象的。

しかし日本公開が遅れたのも分かる面もあり、まずアメリカ
のローカルネタや英語が分からないと楽しめない部分が、
特に中盤の大ネタとなるシーンでは英語が分かると分からない
とでは面白さが大分違ってしまいます、まあ歌のシーンです
ので自分のようにわからなくても普通に曲を楽しむことは
出来ましたが、あとは出ている役者さんの知名度が低いのも
あるでしょう、アナケンもちょっと地味ですし、相手役の方
とか輪をかけてものすごい地味。

作劇ではちょっと終盤まで引っ張りすぎかなと思うきらいも、
劇中結構重要な鍵となる映画『ブレックファストクラブ』
を観ていなかったりとマイナスポイントはありましたが、
やっぱり総じて楽しい!、そして皆さん歌が上手い!、
ショーアップされたライブとともに話題になったという
アナケンのオーディションシーンも光りますね、そういった
グッドミュージックに身を任せてノれた王道音楽コメディ作、
10月には続編の公開が決定という嬉しいニュースも、ええ、
もちろん観ますとも!。

ピッチ・パーフェクト [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(11) | 映画:は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする