2015年07月26日

ハンガー・ゲームFINAL:レジスタンス 【劇場で鑑賞】

アメリカ版『バトルロワイヤル』的な殺人ゲーム
を描き、続いて独裁国家に立ち向かうというスケール
アップしたアクションシリーズ『ハンガー・ゲーム』
の最終章は前後編となり、まずその前編である
『ハンガー・ゲームFINAL:レジスタンス』が
公開されましたので観に行ってきました。

なんだかんだ言って1作目から劇場で観ているこの
シリーズ、『ハンガー・ゲーム2』からは1年半ぶり
の鑑賞となり、本編が始まる前にハンガーゲーム
おさらい動画があったのが親切で、助かりました。

ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス(初回限定版) [Blu-ray]



ハンガー・ゲームFINAL:レジスタンス

原題:THE HUNGER GAMES:MOCKINGJAY - PART1

製作:2014アメリカ

作品紹介
プレイヤーが最後の一人になるまで殺し合うサバイバルゲーム
の出場者となった少女の活躍を描き、全世界でメガヒットを
記録した人気シリーズ最終章の前編。独裁国家パネムに
対抗する組織に加わったカットニスを待ち受ける壮絶な
運命を活写。主演のジェニファー・ローレンスをはじめ、
フィリップ・シーモア・ホフマン、ドナルド・サザーランド
らおなじみの顔ぶれに加え、実力派女優ジュリアン・ムーア
が新たに参戦する。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

独裁国家「パネム」が開催する各エリアから選出された
代表が戦い合う殺人ゲーム「ハンガー・ゲーム」、
歴代勝者を戦わせる記念大会から間一髪救出された
前回の王者カットニス(ジェニファー・ローレンス)は、
レジスタンスにより反乱軍の象徴とされる、一方人質
として残ってしまった大切な仲間であるピータ(ジョシュ
・ハッチャーソン)は・・・。

ア、アクション少な!。

最終章の前編であるこちらは、クライマックスに向けて
の助走といった趣、メインはプロパガンダ合戦の様相
を呈する情報戦と、カットニスが直接的ではなしにじわじわ
と攻撃される心理戦と正直かなり地味。

ですのでここから見始めたとかこのシリーズにあまり興味
が無いという方には辛いかも。

自分が楽しめたのは前2作と観続けてきた主役のカットニス
の行く末が気になっていたのもあり、運命に翻弄される彼女
が今度はレジスタンスの象徴となってどういう戦いを挑むの
かを興味深く観られました、前述したとおりアクションは
ほとんどなかったものの、政府軍と反乱軍の駆け引きが見所
でしたし、なにより主演のジェニファーちゃんの表現の幅を
堪能、若いのにどっしりとした存在感がありますね、今回も
味わい深い声による歌も披露。

脇には前作から引き続きピータ役にジョシュ・ハッチャーソン、
幼馴染のゲイル役にリアム・ヘムズワース、マイティ・ソーを
細身にしたような感じの彼はクリスの実弟、特に印象深いのは
去年急逝してしまったフィリップ・シーモア・ホフマン氏、
一癖あるキャラのメディア担当の参謀を好演されており、出演
時間が思ったより長かったです、新たに加わったのは実力派の
ジュリアン・ムーア、しっかりと画を引き締められていました。

気になったのはカットニスのアクセサリーで作品のシンボル
マークに使われ、原題にも入っている鳥の「マネシカケス」、
何か覚えにくい響きで、原題のMOCKINGJAYを直で読んだほうが
ましのような。

2からさらに渋くなった一本、さすがにもう少しアクション
シークエンスが欲しかったところですが、役者陣の安定した
演技とポイントで印象に残る演出がちゃんと入っていて、
まずまず楽しめた映画でした。

ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス(初回限定版) [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(9) | 映画:は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする