2015年08月30日

マッドマックス 怒りのデス・ロード 【劇場で鑑賞】

荒廃した近未来が舞台のアクション映画で、日本でも
漫画『北斗の拳』など多大なる影響を及ぼした映画
シリーズ『マッドマックス』、それが今年生みの親
であるジョージ・ミラー自らがメガホンを取り、新作
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を発表、
公開されるやいなや映画ファンの皆さん達の間で
大変に話題になりました。

公開から少し経って観に行こうとしましたら、近場
のシネコンでは既に一番大きいスクリーンではなくなって
おり、3D字幕版の回数も1回ほどとかなり縮小されて
しまっていました、そこで都内まで出て3D字幕版を鑑賞です。

マッドマックス 怒りのデス・ロード 3D&2Dブルーレイセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]



マッドマックス 怒りのデス・ロード

原題:MAD MAX:FURY ROAD

製作:2015オーストラリア

作品紹介
荒廃した近未来を舞台に妻子を暴走族に殺された男の
壮絶な復讐(ふくしゅう)劇を描き、主演のメル・ギブソン
の出世作となった『マッドマックス』シリーズ第4弾。
同シリーズの生みの親であるジョージ・ミラーが
再びメガホンを取り、主役を『ダークナイト ライジング』
などのトム・ハーディが受け継ぐ。共演にはオスカー女優
シャーリーズ・セロン、『ウォーム・ボディーズ』などの
ニコラス・ホルト、1作目で暴走族のボスを演じた
ヒュー・キース・バーンら多彩な顔ぶれが集結。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(3D字幕版)スコープ
満足度:★★★★☆
おすすめ度:★★★★☆

資源が底を突き荒廃した世界、愛する者も生きる望みも失い
荒野をさまようマックス(トム・ハーディ)は、砂漠を牛耳る
独裁者イモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーン)の一団
に捕らわれてしまう・・・。

マッドマックスシリーズのなんと30年ぶりの新作、
しかも監督も引き続きジョージ・ミラー!、前作
『マッドマックス サンダードーム』は子供の頃に
新宿ミラノ座で観た記憶が、前売り券にはソードオフの
ショットガンを模したキーホルダーが付いていたような
気がします、ちなみに今作の特典はスカル・ステッカー
でした。

マッドマックスって懐かしいな〜なんて思い出に浸りつつ
映画が始まるのを待ち、いざ本編が始まると・・・、
なんだこの爆走ハイテンション・アクションは!、まるで
『マッドマックス2』のクライマックスがず〜っと続いて
いるよう。

オリジナリティのある改造車がこれでもかと走る!、飛ぶ!、
ぶっ壊れる!、それにまけじと人間も戦う!、こっちも跳ぶ!、
疾走感や躍動感のある映像は基本的に実物を使ったライブ
アクション、CGは補助的に使われているのみで、爆発シーン
も実際に吹っ飛ばし、クラッシュシーンも車を転倒させて
いるなど迫力満点、『マッドマックス』でただの事故
じゃないのかと思わせる頭のおかしいクラッシュを見せた
のを思い出させるマッドマックスイズム全開です。

ストーリーは至ってシンプルで説明のセリフも最小限、
メル・ギブソンに変わってトム・ハーディが演じるマックス
もやっぱり寡黙、もう一人の主人公と言える美人女優
シャーリーズ・セロンが演じる女戦士フュリオサは存在感
抜群、丸刈り&メイクで原型をとどめていなかったので
なかなかシャーリーズと判別できなかったです、なお同時期
に出演した『荒野はつらいよ 〜アリゾナより愛をこめて〜』
ではかつらを使用していたということ、あちらでは普通に
金髪美女でした。

主演格以外も皆キャラが立ちまくり、中にはデビッド・リンチ
版『砂の惑星』に出てきそうな人まで、そんな色とりどりの
キャラ達は一人ひとりしっかり作りこまれているのがその人の
ファッションやら武装、置かれている状況などからわかり、
また最後まで名前がわからなかった人もいるくらい説明を
省いている一方、そのキャラにどのような過去があったのか
を想像させ、逆に深みを感じる結果に、それもマンガ的な
キャラクターにちゃんと血が通っていると感じさせているから
ではないでしょうか。

敵の親玉であるイモータン・ジョーには『マッドマックス』
でトーカッターを演じたヒュー・キース・バーンが再び
ボス役に、他にはすごい出で立ちになっていたのにも
関わらず、何故か判別出来た『X-MEN フューチャー&パスト』
などのニコラス・ホルト、そのX-MENにも出演していたレニー・
クラヴィッツの娘さんのゾーイ・クラヴィッツの姿も、
個人的に注目なのは劇中その大きな体躯が印象的だったジョー
の息子の一人を演じていたネイサン・ジョーンズ、彼は
オーストラリア出身の元プロレスラーで米プロレス団体WWEにも
参戦していました、俳優業のほうではそうそうたる面子との対戦
経験がありジャッキー・チェン、トニー・ジャー、果ては
ブラッド・ピットとのアクションシーンまで、身長211cmと
いう巨体と迫力のある風貌で大活躍されています。

気になった部分は時間的には少なかったのですが、ちょっと
早回しに見えるシーンがありました、あとエンドクレジット
の曲がミスマッチ、イメージと曲調を考えるとスリップノット
とかラムシュタインとかその辺りのほうが合っているのでは?、
まあ日本オリジナルですがね・・・。

ここから観ても全然大丈夫な作りで、以前のシリーズを
観てきたファンへのサービスがある心遣いもアリ、上映
時間の2時間もあっという間のスピード感も心地よし、
そしてこんな禍々しい世界を描きつつも砂漠の風景や夜景
など“綺麗”な映像があるのも見逃せません、2015年8月末
時点でもう既に終了してしまっている映画館が多い中、
少ないながらまだ上映しているところもありますので、是非
大きなスクリーンで観ていただきたい一本、ぜい肉を削ぎ
落とした血沸き肉踊る豪快な肉食アクション映画で最高でした。

P.S.後日今度は2D字幕版を観に行ってきました、
感想はこちら→『マッドマックス 怒りのデス・ロード (2D字幕版)』

マッドマックス 怒りのデス・ロード ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:アクション
posted by かとちゃん00 at 17:30| Comment(2) | TrackBack(19) | 映画:ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする