2015年10月03日

ビッグゲーム 大統領と少年ハンター 【劇場で鑑賞】

フィンランドの映画監督ヤルマリ・ヘランダーの
新作で主演はアメリカからサミュエル・L・ジャクソン
を招聘、もう一人の主人公は監督とは二度目の
タッグとなる子役のオンニ・トンミラが演じた
アクション映画『ビッグゲーム 大統領と少年ハンター』
が公開されましたので観に行ってきました。

ビッグゲーム 大統領と少年ハンター [Blu-ray]



ビッグゲーム 大統領と少年ハンター

原題:BIG GAME

製作:2014フィンランド/イギリス/ドイツ

作品紹介
エアフォースワンが撃墜され異国の山中に取り残された
アメリカの大統領が、偶然出会った13歳の少年ハンター
と力を合わせてテロリストと戦うサバイバルアクション。
『レア・エクスポーツ 〜囚われのサンタクロース〜』
などのヤルマリ・ヘランダー監督がメガホンを取り、
個性派俳優サミュエル・L・ジャクソンが主演。共演には
ヘランダー監督と再びタッグを組んだオンニ・トンミラ、
『ダイバージェント』などのレイ・スティーヴンソン、
オスカー俳優ジム・ブロードベントら多彩な顔ぶれがそろう。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★

フィンランド上空でアメリカ大統領専用機“エアフォースワン”
がテロリストによって撃墜、脱出ポッドで難を逃れた大統領
(サミュエル・L・ジャクソン)は人里離れた山中に不時着、
そこに鹿狩りをしていた13歳の少年(オンニ・トンミラ)が現れ、
道案内を頼むが、テロリストの追手が刻々と迫り・・・。

雄大なフィンランドの大自然の中で繰り広げられる
どこか頼りない大統領と地元の少年初心者ハンターが
組む異色のバディ・ムービー。

初期設定の

大統領「俺偉いんだぞ〜」

少年「は、そうっすか・・・」

みたいなスタンスがまず面白く、近年のサミュエルに
しては珍しい役どころの銃もまともに撃てない大統領
とこっちも弓の使い方が危うい少年ハンターが、どうやって
武装しているテロリストに立ち向かうのか、そしてそんな
頼りない各々がどう成長するのかが見所、もちろんバディ
・ムービーらしい二人の化学反応もアリ。

アクションは少年を主人公に据えているせいか、一般的な
格闘戦や銃撃戦ではなく、アドベンチャー要素を感じさせる
もの、ファミリームービーの香りが漂うのが独特です。

ストーリーははっきり言って大味、敵側の行動がイマイチ
よくわからなかったり、投げっぱなしのシーンがあったり、
色々とディティールに疑問が沸くところも、しかしやはり
ファミリームービー的タッチがありますので、わかりやすさ
や多少整合性が弱くなってしまってもこうやったほうが面白
くなるのでは?というのを優先しているよう、あるショットで
はよく考えたら・・・というのがあっても一目で分かるように
されているのでまあ許せたり、無茶な設定でも実際マンガ的な
楽しさがありました。

そんな雑と思われる部分が割と多かったのにも関わらず、なんか
この監督娯楽のツボは外していないというか、楽しめる作りに
ちゃんと仕上げていました、一番はやはり主役の二人のキャラ
が良かったからだとは思いますけど、あとフィンランドの景色
の美しさも援護射撃、画の強さもあなどれないですね、そんな
こんなあってテンポ良く見せた少年withオヤジ冒険活劇で
面白かったです、サミュエルの決め台詞“マザーファッ○”が
いつ飛び出すかにも注目!。

ビッグゲーム 大統領と少年ハンター [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:アクション
posted by かとちゃん00 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(9) | 映画:は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。