2015年10月09日

ナイトクローラー 【劇場で鑑賞】

第87回アカデミー賞脚本賞にノミネートされた、
主演はジェイク・ギレンホールが務めるサスペンス
映画『ナイトクローラー』が公開されましたので
観に行ってきました。

『セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター』
観た後映画館から映画館に移動、間にラーメン屋
あったのでそこで食事も、はまぐりを使ったラーメン
で珍しかったです。

ナイトクローラー [Blu-ray]



ナイトクローラー

原題:NIGHTCRAWLER

製作:2014アメリカ

作品紹介
第87回アカデミー賞脚本賞にノミネートされたサスペンス。
事件や事故現場に急行して捉えた映像をテレビ局に売る
報道パパラッチとなった男が、刺激的な映像を求める
あまりに常軌を逸していく。脚本家として『ボーン・
レガシー』などを手掛けてきたダン・ギルロイが、
本作で監督に初挑戦。『ブロークバック・マウンテン』
などのジェイク・ギレンホールを筆頭に、
『マイティ・ソー』シリーズなどのレネ・ルッソ、
『2ガンズ』などのビル・パクストンらが出演。報道の
自由のもとで揺らぐ倫理という重いテーマが、観る者の
胸をざわつかせる。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★★

盗品を売りさばいて食いつないでいるルイス(ジェイク・
ギレンホール)はある日たまたま事故現場に遭遇、そこで
衝撃映像を撮ってはマスコミに売るパパラッチの姿を目に
する、これはと思った彼は機材を購入、早速事故現場に
駆けつけるが・・・。

事件・事故現場にどこからともなく現れ、その映像を
収めるパパラッチ、被害者の事などお構いなしに撮り
続ける姿はまさにハイエナ。

ゲスの極みと言える一方、彼らが撮った映像の需要が
あるのも確かで、結果視聴者の好奇心を満たし、また
パパラッチが駆け回るというサイクル、たとえ彼らの
行動をいぶかしんでも、その輪に自分がしっかり
入っていると思い知らされます。

ニュースで使われる映像が日本ではまず無理なエグい
もの、さすがに地上波ではなくケーブルのようですが、
モザイクを使用していながらも十分きつい映像を流し
ます。

そんな視聴率戦争に参加する新人パパラッチを演じる
のは『プリズナーズ』などのジェイク・ギレンホール、
もう見た目が・・・、目がギランギランでイッちゃって
て不気味なことこのうえない!、もちろん中身もキてます、
何か全て自分に有利に働くように動き、他者は駒にしか
思っていないような感じに見受けられ、いけ好かないな〜
なんて思っていると、行動力やトーク力を存分に発揮し、
活躍してしまう。

で物語が進んでいくと、ひっどい事をやっているのは
分かりつつも、行け!、のしあがれ!、障害を排除せよ!、
と何故か心の中で思ってしまう自分がいたり、正直謎の
爽快感と言っていい感情も、これは危ない、奴に取り
込まれている!?。

うだつのあがらない男がのしあがっていくという所謂
アメリカン・ドリーム的な構造がありますので、そこに
反応、彼のやっていることの下劣さが加わると、一口に
楽しんだと言えないいやらしさが。

手軽に動画が撮れるツールが普及している昨今、もし
そういった場面に遭遇したあなた、やろうとしてることは
これですよとシンプルに受け取るとともに、自身の心の
中にある黒い部分をあぶり出すような試験紙的な面も
あった映画で面白かったです。

ナイトクローラー [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 18:00| Comment(2) | TrackBack(13) | 映画:な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。