2015年10月13日

パージ:アナーキー 【劇場で鑑賞】

斬新な設定が話題になり、今年ようやく日本でも
公開されたサスペンス映画『パージ』、同時にその
続編でもある『パージ:アナーキー』も公開され、
都内から遅れて近くのシネコンで1週間限定上映
されていたので観に行ってきました。

『ギヴァー 記憶を注ぐ者』を観てから続けて
こちらを鑑賞、短い期間でしたが近場のシネコンで
上映されていたこちら、見逃していた作品でしたので
助かりました。

パージ:アナーキー ブルーレイ DVDセット [Blu-ray]



パージ:アナーキー

原題:THE PURGE:ANARCHY

製作:2014アメリカ

作品紹介
『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイが製作陣
に名を連ねたサスペンスシリーズの第2弾。年に1度だけ
殺人などの犯罪が有罪にならないパージと呼ばれる日に
街をさまようことになった夫婦が、ある母娘や武装した
謎の男と共に生還を目指す。前作に引き続き、監督は
脚本家やプロデューサーとしても活躍するジェームズ・
デモナコ。『バトルフロント』などのフランク・グリロ
らが出演。より激化する殺人合戦の行方に目がくぎ付け。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

近未来のアメリカ、年に12時間だけ殺人を含む全ての
犯罪行為を合法にする法律が定められ、その日は“パージ”
と呼ばれた、運命の日を迎えたある夫婦、母娘は無法地帯
となった街に放り出されてしまう、そこに武装した男が
現れ・・・。

年に一回12時間だけ犯罪やり放題タイム“パージ”が
行われるという大胆な設定の映画第2弾、密室劇を見せた
前作とは変わり、遂に魑魅魍魎と化した人々が跋扈する
街に出てしまうことに、このシリーズの設定を見た方は
こちらのほうが最初に沸くイメージに近い作風ではない
でしょうか。

何も好き好んでわざわざパージの日に外に出たわけでは
ないという人々が中心のドラマ、偶然出会ったある目的
を持つ一匹狼の男が頼りですが、いかんせん街中に犯罪者
が溢れている状況なので油断ならず、一歩間違えば死の
サバイバルはまるで戦場にいるようです。

予算が増えたらしくアクションシークエンスが増量、
派手すぎず地味すぎず適度な分量で入っています、
引き続きクラス4までの武器が許可、やはりグレネード
ランチャーやRPGの姿が見られないので爆発物は禁止
の模様、銃器や刃物はもちろんOK!。

ストーリーは何故パージが行われているのかという
ところや、パージを利用するもの、否定するもの、
金に物言わす富裕層、犠牲となる貧困層、政府の
狡猾さなどが描かれ、幅がグッと広がっています。

ただ逃げ回るだけでなく追われる理由がしっかり
用意されているのも○でオチも良好、シリーズに
はずみがついた作品でした。

なおこちらから観てもついていける作りですが、作品の
規模やごく一部通して出ているキャラもいますので、
第1作の『パージ』のほうからご鑑賞される方が良いと
思われます。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(8) | 映画:は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。