2015年10月24日

クーデター 【劇場で鑑賞】

『ナイトミュージアム/エジプト王の秘密などの
オーウェン・ウィルソンが主演する、クーデターに
巻き込まれてしまう一家を描くサスペンス映画
『クーデター』が公開されましたので観に行って
きました。

『ベルファスト71』『パージ:アナーキー』
続き、地獄と化した街から脱出を試みるスタイルの
サスペンス映画を観るのは今年3本目、これを含め
3本とも面白くハズレなし、今後もこのような映画
が出てくる可能性は高いかもしれませんね。

クーデター ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/特製ブックレット付) [Blu-ray]



クーデター

原題:NO ESCAPE

製作:2015アメリカ

作品紹介
海外赴任先で突如クーデターに巻き込まれ、全国民から
命を狙われる羽目になった外国人一家の逃走劇を描いた
スリラー。言葉も通じず土地勘もない異国で生き残りを
懸けて逃げ惑う極限の緊迫感を、『デビル』などの
ジョン・エリック・ドゥードル監督が活写。家族を守る
ため奔走する主人公に『ミッドナイト・イン・パリ』
などのオーウェン・ウィルソン、主人公一家の手助けを
する旅行者を5代目ジェームズ・ボンドとして知られる
ピアース・ブロスナンが演じる。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)ビスタ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

東南アジアの某国に仕事のために家族と一緒に移り住む
ことになりやって来たジャック(オーウェン・ウィルソン)、
到着した翌朝にクーデターが発生し、外国人を標的に
する暴徒が街に溢れかえる、滞在先を襲撃されたジャック
は妻子を守るため何とか逃亡を図るが・・・。

アジア某国でクーデターが発生し、現地での海外企業の行い
により外国人が標的に、過激派がこれまた容赦なく、
外人と見るやいなや問答無用にぶっ殺す!、もうただの蛮族
じゃないですか!、そんな奴らが街を占拠した時に運悪く
居合わせてしまったのが家族を連れて赴任してきたばかりの
ジャック(オーウェン・ウィルソン)、彼らはごく普通の家族
連れ、特殊なスキルを持つ訳でもなく土地勘も無し、しかし
相手は銃器で武装した輩、いったいどうやって逃げるのか?。

主役のオーウェンはいかにも陽気なアメリカンというイメージ
の役者さん、今回はその普通っぽさが緊張感を後押し、一家の
主であるお父さんが極限状態でのサバイバルに挑む姿を好演
しています、共演は現地に精通しているハモンドにボンド役で
お馴染みのピアース・ブロスナン、良くも悪くも映画的な部分
をプラスしていましたが、シブカッコイイのが良かったかなと。

この映画では白人の家族が標的になっていましたが、日本人に
置き換えても成立する物語ですので怖さを感じ、リアル&多少
のエグみもある内容、社会派のスパイスもまぶし、最終的には
タイトに仕上げていた作品で面白かったです。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(7) | 映画:か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。