2015年11月03日

カリフォルニア・ダウン 【劇場で鑑賞】

ザ・ロックことドウェイン・ジョンソンが主演した
ディザスター・パニック映画『カリフォルニア・ダウン』
が公開されましたので観に行ってきました。

地震、津波のシーンが含まれているため、本国より
やや遅れて公開、プロモーションもそれほどされなかった
こちら、3D作品でしたので3D字幕版を鑑賞です。

カリフォルニア・ダウン 3D & 2D ブルーレイセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]



カリフォルニア・ダウン

原題:SAN ANDREAS

製作:2015アメリカ

作品紹介
ザ・ロックことドウェイン・ジョンソンを主演に迎え、
カリフォルニアを襲う巨大地震の脅威を描くパニック
アクション。同地に実在するサン・アンドレアス断層
が通る場所を舞台に、ゴールデンゲートブリッジの崩壊
やフーバーダムの決壊など、未曽有の災害に見舞われた
人々の姿を映す。監督は、『センター・オブ・ジ・アース2
神秘の島』でもドウェインと組んだブラッド・ペイトン。
『スパイキッズ』シリーズなどのカーラ・グギーノ、
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』シリーズ
などのアレクサンドラ・ダダリオらが共演。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(3D字幕版)スコープ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★☆

地震研究家のローレンス(ポール・ジアマッティ)は
カリフォルニア州全域を南北に縦走するサンアンドレアス
断層に異変を発見、大規模な地震の発生を警戒する、
そんな矢先カリフォルニアに巨大地震が発生、レスキュー隊
のパイロット、レイ(ドウェイン・ジョンソン)は妻と
サンフランシスコに残された娘(アレクサンドラ・ダダリオ)
の救出に向かうが・・・。

メインはレイ(ドウェイン・ジョンソン)が離れ離れになって
しまった家族を助けに行くパートとサブでローレンス率いる
(ポール・ジアマッティ) 地質学チームのパート、こちらは
地震の解説的役割を担っていました。

で肝心のレイ(ドウェイン・ジョンソン)のほうはというと、
未曾有の大災害の中を家族を助けたい一心で突き進むという
シンプルなストーリー、さすがのロック様でも今度の相手
は地球そのもの、それでも家族のためならたとえ火の中
水の中!、レスキュー隊員の仕事で培った経験を生かします。

このレスキュー隊員という設定が映画を楽しむ上での分岐点
を産みました、主人公のレイは震災が起こった際に現地に
留まらず、家族を探しに行ってしまうので、その行動を
許せるなら○、そりゃないぜと思ったら×、一応スタート
地点がフラットな場所にいますので、家族を助けられる
のなら行くかなと。

脇にはレイの奥さん役で過去に『ファースター 怒りの銃弾』、
『ウィッチマウンテン』とロック様との共演が多いカーラ
・グギーノ、そして注目はレイの娘役のアレクサンドラ・
ダダリオちゃん、もう胸のダダリオがダッダーーンだ!、
シリアスな内容ながら思わず目がいってしまう男の悲しい性
・・・、他に驚いたのは歌手として有名なカイリー・ミノーグ
が出ていたこと、自分は後から知りましたが何とも言えない
役どころ。

映画の核をなすVFX映像は凄いの一言!、崩壊していく街を
リアルに描きド迫力、完全に大画面向きですので、大きければ
大きいほど満足度が増すと思います、手がけた工房は
ハイドラックス(Hydraulx)、去年の『イントゥ・ザ・ストーム』
に続きまたまた良い仕事をされていました、この映像の出来が
良いのと内容が内容だけに実際に地震と津波の被害にあった
日本でのプロモーションの小ささは致し方ないところ。

やや大味ながらベーシックな骨格に最新型の映像を載せた
ディザスターパニック作、次から次へと巻き起こる危機
また危機に手に汗握ったジェットコースターライドな映画
で面白かったです。

カリフォルニア・ダウン ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(9) | 映画:か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション 【劇場で鑑賞】

トム・クルーズ主演する大ヒットスパイアクション
シリーズ『ミッション:インポッシブル』の第5弾
『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』が
公開、夏休み向け大作『ジュラシック・ワールド』
同様8月中はかなりの混雑を見せていましたので、
落ち着いた9月に入ってから観に行ってきました。

ミッション:インポッシブルシリーズは全て鑑賞済み、
『U』と『ゴースト・プロトコル』<に続き3本目の
劇場鑑賞となりました。

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション ブルーレイ DVDセット(2枚組) [Blu-ray]



ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション

原題:MISSION:IMPOSSIBLE ROGUE NATION

製作:2015アメリカ

作品紹介
ハリウッドスターのトム・クルーズ主演の世界的大ヒット
シリーズ『ミッション:インポッシブル』の第5弾。
スパイ組織IMFに所属する腕利きエージェントが、仲間たち
と協力して暗躍する無国籍スパイ組織撲滅というハイレベル
のミッションに挑戦する姿を活写する。共演は、
ジェレミー・レナー、サイモン・ペッグ、アレック・
ボールドウィンら。高度1,500メートル、時速400キロメートル
で飛行中の軍用機侵入を試みる、トムの命知らずのアクション
も見どころ。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★★

アメリカの秘密機関“IMF”のベテランエージェントで
あるイーサン・ハント(トム・クルーズ)は正体不明の多国籍
スパイ集団“シンジケート”を密かに追っていた、しかし
IMFロンドン支部で敵の罠にはまってしまい・・・。

今作で5作目となり息が長いシリーズとなったM.I.、前作
『ゴースト・プロトコル』で質の高いアクションを見せて
くれたトム様、今度はさらに体当たりのシーンが増量され、
役者魂が炸裂しています。

CGが発達している昨今ですが、やはり役者さんが実際に
スタントしているライブ感は説得力十分、同じくライブ
アクションが多かった『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
といい、クオリティが高くなっているCGとガチンコスタントが
有機的に結合し、ネクストレベルに昇華しています、こちら
では特にバイクチェイスシーンの出来が白眉、レース映画
顔負けの強烈なスピード感と、右へ左へのハングオン!、
もちろんトム様も実際に乗ってまっせ!。

ストーリーはIMFが解体され、追われる立場となったイーサン
が孤軍奮闘するという内容、登場人物は最小限となり、ピント
がグッと絞られています、無理やり引っ張り出されるかつて
の仲間のベンジーには『ワールズ・エンド』や米メジャー映画
にも出ているイギリス出身のサイモン・ペッグ、彼とイーサン
の掛け合いは時にユーモラス、巻き込まれ型のキャラで非常に
おいしくなっていました、前作から引き続いてのジェレミー
・レナーは中間管理職的ネタを提供、レベッカ・ファーガソン
演ずる謎の美女イルサは物語を大いに攪乱、敵役には
『ベルファスト71』で怪しかったショーン・ハリスがさらに
不気味さを増しています。

今年は『キングスマン』、『コードネームU.N.C.L.E.」、
『007スペクター』などスパイ映画の大作が目白押し、
その中にあってもハイクオリティなアクションとトム様
の抜群のスター性で存分に光っている一本、5作目ながら
ここから観ても大丈夫になっているとっつきやすさも
ポイント、個人的にはクライマックスでもう一押し
欲しかったかなというのはあったものの、そこでマンネリ感
は打破、トム様の鬼気迫るといってもいいチャレンジ精神と、
それをキッチリ形にするスタッフ陣との連携が冴えた
アクション映画の力作で面白かったです。

あと作品の内容とは直接関係ないにせよ、トム様の来日時
のあの炎天下での“神対応”も忘れてはいけませんね。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:アクション
posted by かとちゃん00 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(20) | 映画:ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。