2015年11月22日

ハッピーボイス・キラー 【劇場で鑑賞】

地味ながら今年出演作が続々と公開され、今後
は異色ヒーロー『デッドプール』の実写版も控える
ライアン・レイノルズを主演に迎えたサイコスリラー
『ハッピーボイス・キラー』が公開、かなり公開館数が
少なかったようですが、行ける範囲で上映されて
いましたので観に行ってきました。

ハッピーボイス・キラー [Blu-ray]



ハッピーボイス・キラー

原題:THE VOICES

製作:2014アメリカ

作品紹介
『ペルセポリス』で世界的に注目を浴びたイラン出身の
女性監督マルジャン・サトラピによる、異色のスリラー。
女性を殺してしまった精神的に不安定な男が、飼っている
邪悪な猫と善良な犬に翻弄(ほんろう)されてたどる運命
を描く。『[リミット]』などのライアン・レイノルズ、
『ボヴァリー夫人とパン屋』などのジェマ・アータートン、
『ピッチ・パーフェクト』などのアナ・ケンドリックらが
共演する。彼らが織り成すストーリー展開と、サトラピ
監督のポップなテイストが見もの。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★☆
おすすめ度:★★★

バスタブ製作会社に務める青年ジェリー(ライアン・レイノルズ)
は、一見普通に見えるがペットの犬と猫の声が聞こえ、会話
するという変わった部分があった、とある女性(ジェマ・
アータートン)に恋した彼はアプローチを開始、しかしある日
デートの約束をすっぽかされ・・・。

妄想癖があり、しゃべるわけがないペットと会話して
しまう主人公があるきっかけで殺人を犯してしまい、
徐々に事態が思わぬ方向に転がっていってしまう流れ。

動物やはては生首とも話してしまうというシュールな
画が見られるなどブラックコメディ的な部分があり
ますが、スプラッター描写を避けたサイコキラーの殺人
もので、やっていることは基本的に血なまぐさいです。

とはいっても随所にポップなカラーリングを配した
画作りや、時にコミカルな会話を聞かせるセリフが
あったりと、口当たりはマイルド。

良かったのは主演のライアン・レイノルズ、爽やかに
狂っているという感じの役に合っていて魅力を発揮、
共演には『ランナーランナー』などのジェマ・アータートン、
少々ふっくらしたでしょうか、そして今年多くの出演作
が公開されているアナ・ケンドリックも、この前観た
『ライフ・アフター・ベス』に続き地方の女の子役。

この前観たといえばこの映画とイラン出身の女性監督が
撮ったというところが共通する、『ザ・ヴァンパイア
残酷な牙を持つ少女』
、そちらでは猫ちゃんが活躍
されていましたが、こちらでは猫ちゃん+犬ちゃんが
大活躍、『テッド』ばりの毒舌を吐く猫ちゃんと
癒し系の犬ちゃんを吹き替えたのは主演のライアン、
彼はこの作品で色々と芸達者なところを見せてくれました。

で、主人公の性格やらバックグラウンドが少しずつ
明らかになる進行具合は良し、コメディともホラーとも
つかない微妙なバランスも個性的で良し、役者さんも良し、
映像やら雰囲気も良かった・・・、でもどうもお話的に
面白くなくノれませんでした、ホラー部分がおとなしめ
なので、コメディ部分がそれほどだったのが原因でしょうか、
最後は良かったものの全体的にまったり感がありましたし、
変わっている割にはとっつきやすさがあるという妙な映画
ですので、ハマる人はハマると思います、自分には合わな
かったのが非常に残念。

ハッピーボイス・キラー [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画:は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。