2016年01月18日

ウルフ・コップ 【劇場で鑑賞】

スペイン・バルセロナ近郊にあるシッチェスで開催
される、世界3大ファンタスティック映画祭の一つ
といわれる「シッチェス映画祭」、そこで出品された
作品からセレクトして日本で特集上映する、
「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション」
が2015年も開催、2014年に続きヒューマントラスト渋谷
まで足を伸ばしました。

3本目はカナダ産ホラーアクション作『ウルフ・コップ』
を鑑賞です。

ウルフ・コップ [Blu-ray]



ウルフ・コップ

原題:WOLFCOP

製作:2014カナダ

作品紹介
狼人間が、刑事!、早くも続編製作が決定した世界が注目
するアクション・ホラー映画!
(公式HPより)

鑑賞形態:映画館(字幕版)ビスタ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

小さな町で勤める酔いどれ警官ルーは、怠惰な毎日を
過ごしていた、しかしある日事件現場に赴くとなぜか
意識を失ってしまい、目を覚ますと彼の五感は研ぎ澄まされ、
体毛が尋常ではない速さで伸びてくる、そしてついには・・・。

狼男警官が大活躍のB級ホラーアクション作、監督は
「未体験ゾーンの映画たち2015」で上映されたホラー映画
『人造人間13号』のローウェル・ディーンで、ローカル
具合とたまにあるコメディ描写が共通しています。

VFXは伝統のアナログ特殊メイク、それを使った変身シーン
を見たのはもしかして80年代の『狼男アメリカン』以来?!、
惜しかったのはケレン味があるゴアシーンがあったのに、
何故か非常に見難い仕上がり。

アクションシークエンスも特に銃撃戦の決まりが悪く、
カメラワークや人物の位置取りなどがいまいちでした。

ただストーリーの流れ的には悪くなかったですし、仕掛け
も施されていて割りとちゃんとしていました、劇中出て
きたガジェットも○、今回は惜しい作品という感じでした
ので、続編では是非改善してパワーアップしてもらいたい
ところです。

ウルフ・コップ [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

恐怖ノ白魔人 【劇場で鑑賞】

スペイン・バルセロナ近郊にあるシッチェスで開催
される、世界3大ファンタスティック映画祭の一つ
といわれる「シッチェス映画祭」、そこで出品された
作品からセレクトして日本で特集上映する、
「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション」
が2015年も開催、2014年に続きヒューマントラスト渋谷
まで足を伸ばしました。

2本目はフランス産ホラー『恐怖ノ白魔人』を鑑賞です。

恐怖ノ白魔人 [Blu-ray]



恐怖ノ白魔人

原題:AUX YEUX DES VIVANTS

製作:2014フランス

作品紹介
少年たちが見てしまった誰にも言えない秘密! 「屋敷女」
「リヴィッド」のジュリアン・モーリー&アレクサンドル
・バスティロ監督が挑む最新ホラー!
(公式HPより)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★

フランスの郊外に住む悪ガキ3人組は、ある日学校を抜け出し、
廃墟と化した映画のセットに忍び込む、そこで彼らは女性の
誘拐現場を目撃してしまい・・・。

容赦ないストーリーや残虐なスプラッターシーンで“最凶”
と目されるフランス産ホラー、所謂「フレンチ・ホラー」、
中でも極北と言えるスプラッター作『屋敷女』を監督
したジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロ
の新作がこちら。

開幕はフレンチ・ホラーらしいつかみ、そこからどうなるか
と思ったら、おや、正統派ホラー演出も出来るじゃない
ですか〜、しか〜し、やっぱり粘着質というかいやらしさ
をみせたり、変なシーンも入れてくるなど、ただでは
済ませていなかったです。

欠点としては白魔人の能力がイマイチはっきりしていなく、
疑問を起こさせる部分があったのがマイナス、つかみ所が
ないというのは良かったのですが、後は過去作からすると
ゴアシーンがそこまでではなかったので、その辺を期待
していた方には物足りないかも。

ホラー版スタンド・バイ・ミーといった導入部から
スラッシャーものに移行、やはりヨーロッパらしい何か
独特の雰囲気があり、直接的描写は避けながらも容赦が
ない部分も、捻りも入れられていたので最後まで楽しめた
映画でした、個人的に観て激しく後悔した監督コンビの
『屋敷女』でしたが、こちらは程よい湯加減かなと。

恐怖ノ白魔人 [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:ホラー
posted by かとちゃん00 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画:か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

ハイエナ 【劇場で鑑賞】

スペイン・バルセロナ近郊にあるシッチェスで開催
される、世界3大ファンタスティック映画祭の一つ
といわれる「シッチェス映画祭」、そこで出品された
作品からセレクトして日本で特集上映する、
「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション」
が2015年も開催、4度目となるそうです。

ラインナップは全6作品、どれも魅力的でしたので、2014年
に続きヒューマントラスト渋谷まで足を伸ばしました、
まずはイギリス発クライム・スリラー『ハイエナ』を鑑賞です。

ハイエナ [Blu-ray]



ハイエナ

原題:HYENA

製作:2014イギリス

作品紹介
悪VS悪!、凄まじいバイオレンス描写と全編緊迫のクライム
・スリラー!、第47回シッチェス映画祭最優秀スリラー
映画賞受賞(オービタ部門グランプリ)!。
(公式HPより)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

凄腕だが汚職に手を染め、ドラッグに溺れている
刑事マイケル・ローガン(ピーター・フェルディナンド)、
所轄のロンドンに世界最凶と謳われるアルバニアの
ギャングが進出し、事態が変わっていく・・・。

ポスターやあらすじから期待した方に先に言ってしまうと、
アクション映画で無いのは確か、ノワール系というか、
犯罪映画というか、とりあえず公式HPに書いてあった
クライム・スリラーという言葉に偽りはなし。

注目すべきなのはストーリー、犯罪者を相手に立ち回る
腕の良い汚職刑事の立場が徐々に変わっていき、思わぬ
展開を見せたのが良かったです、役者さんたちが知らない
人ばかりなのもこの場合プラスに。

しかしアクションシークエンスがほとんどありませんので、
この上なく地味、音楽はジャンル分けと検索が難しい
バンド「THE THE」が担当し、これまた渋い!、陰鬱で殺伐
とした雰囲気は、ターゲットが限られてしまうかもしれません
が、マニア受けはしそう、自分はさすがにアクションをもう
一盛り加えて欲しかったなというのがあったものの、低予算
ながら画面から“ヤバさ”をプンプンと漂わせていたので、
最後まで集中出来た一作でした。

それにしても同僚のキャラが謎!、そして劇中色々と
驚かされたアルバニアン・マフィアが怖すぎ!。

ハイエナ [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:サスペンス
posted by かとちゃん00 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする