2016年01月12日

ジョン・ウィック 【劇場で鑑賞】

『マトリックス』シリーズなどで知られるキアヌ・
リーヴス主演のアクション映画『ジョン・ウィック』
が公開されましたので観に行ってきました。

ちなみに公開当時TOHOシネマズでは限定でポスターと
同じ柄(白地にキアヌーが銃を構えているもの)の
ジョン・ウィック版シネマイレージカードが販売
されていました。

ジョン・ウィック [Blu-ray]



ジョン・ウィック

原題:JOHN WICK

製作:2014アメリカ

作品紹介
『マトリックス』シリーズなどのキアヌ・リーヴスがすご腕
の元ヒットマンを演じたアクション。ロシアン・マフィアに
平穏な日々を壊された元暗殺者が、壮絶な復讐(ふくしゅう)
に乗り出していく。メガホンを取るのは、『マトリックス』
シリーズなどのスタントを務めてきたチャド・スタエルスキ。
『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』などのウィレム・デフォー、
『ヘラクレス』などのイアン・マクシェーンら、実力派が
共演する。全編を貫くダークでスタイリッシュなビジュアル
に加え、カンフーと銃撃戦を融合させた迫力のアクションも
必見。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

裏社会から引退し、平穏な暮らしをしていたジョン・ウィック
(キアヌ・リーヴス)だったが、ある日マフィアの一員に
大切なものを奪われてしまう、復讐の鬼と化したジョンは、
たった一人で組織に戦いを挑む・・・。

キアヌ・リーヴスが新たなキャラに挑んだアクション作、
伝説的な殺し屋として怖れられたその名は・・・
「ジョン・ウィック」!、格闘技と銃撃をミックスした
「ガン=フー」なる殺人術を駆使し、ロシアン・マフィア
に単身戦いを挑む!。

見所はそのガン=フーを使ったアクション、言葉の響き
から中国拳法と銃撃を合わせたように思えましたが、
実際に見てみると軍隊系の総合格闘技+銃撃という感じ、
銃を斜めにする独特の構えから・・・、

極めて→撃つ!、投げて→撃つ!、崩して→撃つ!

と確実にヘッドショットを決める鮮やかなコンバット
アクションを見せてくれました。

そのアクションは良かったのですが、個人的な好み
ですとCGの血のりがあまり好きではないのと、
1on1の格闘の見せ場が欲しかったです、前者は超近距離
の射撃ですのでしょうがないですね、後者は中盤に少し
あったのですが、尺が短かったですし、相手役がほぼ
名無しに近かかったので物足りませんでした。

もう一つの欠点はお話があまり面白くなかったところ、
イマイチ悪役に色が足りなく、それだったら『96時間』
くらいの突進力が欲しかったなと、脇に渋い役者さん
を揃えていますが、それぞれの係わり合いも薄味、
ジョンが殺人術に長けている暗殺者という設定からすると、
どうにも脇が甘い場面があるのも引っかかり、作劇
のほうは期待値を下回ってしまいました。

近年『47RONIN』など振るわなかった主演のキアヌは
今回バッチリ決めてくれています、脇には怪優
ウィレム・デフォーやイアン・マクシェーン、北欧版
『ドラゴン・タトゥーの女』のミカエル・ニクヴィスト、
ジョン・レグイザモと激シブ、他には俳優としては
『スティーヴ・オースティン 復讐者』などに出演し、
総合格闘家としても活躍しているキース・ジャーディン、
ちょっとだけ元プロレスラーのケヴィン・ナッシュも
顔を見せています。

殺し屋ギルドの雰囲気は良く、映像も悪くなし、
ガン=フーも揉んだらさらに良くなりそうで、
もし続編が出来たら期待できそう、今回はまずまず
楽しめましたが、自身もアクション映画大好き
というキアヌと彼のスタントを努めてきた監督の
チャド・スタエルスキには今後さらに頑張って
欲しいですね、え?、ジョン・ウィックの復讐の
動機が弱い?、何をおっしゃる!あれは万死に値しますよ!。

ジョン・ウィック [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:アクション
posted by かとちゃん00 at 23:30| Comment(2) | TrackBack(18) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

アデライン、100年目の恋 【劇場で鑑賞】

米テレビドラマ「ゴシップガール」シリーズで
知られるブレイク・ライヴリーが主演する
ファンタジーロマンス作『アデライン、100年目の恋』
が公開されましたので観に行ってきました。

アデライン、100年目の恋 [Blu-ray]



アデライン、100年目の恋

原題:THE AGE OF ADALINE

製作:2015アメリカ

作品紹介
若く美しい29歳のまま100年以上生き続けた孤独な女性が、
真実の愛を見いだすまでを描くラブストーリー。
主演はテレビドラマ「ゴシップガール」シリーズなどの
ブレイク・ライヴリー、共演にはハリソン・フォード、
『ブラックブック』などのミキール・ハースマンらが
名を連ねる。メガホンを取るのは、『セレステ∞ジェシー』
などのリー・トランド・クリーガー。グッチをはじめ、
さまざまな時代のデザインのドレスがスクリーンを
華やかに彩る。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

サンフランシスコの市立資料館に勤務する29歳のジェニー
(ブレイク・ライヴリー)は、ある年越しパーティーで
出会った青年エリス・ジョーンズ(ミキール・ハースマン)と
恋に落ちるが、彼女には人には知られてはいけない秘密が
あった・・・。

ある出来事によって年を取らない体になってしまった女性
の物語、不老による周りとの時間のズレからくるドラマは
ヴァンパイアものと同じ構造で親しみやすいです、ただ
その秘密によるサスペンス要素より恋愛関係の比重が高め。

評価が分かれそうなのが途中からの展開、時間を節約する
ショートカットと取るか、ご都合主義と取るか、自分は
まあそういうこともあるかなと思えたのと、ハリソン・
フォードの味で許せました、そういえばハリソンの青年
時代を演じたAnthony Ingruberという役者さんが上手く
彼の笑い方を似せていて思わずこちらもニヤリ。

見所は全編を通して非常に魅力的に映ったアデライン役の
ブレイク・ライヴリーのお姿、『グリーン・ランタン』
『ザ・タウン』などに出演していたそうですが、ガッツリ
見るのは初めて、ルックスや衣装が綺麗なのはもちろん
のこと、知的で聡明な女性として描かれており、嫌味の
無い完璧超人ぶりが◎。

そのように女優さんが綺麗でしたし、設定にフックがあり
ましたので、自分のような男子でも楽しめたロマンス作
でした。

アデライン、100年目の恋 [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
posted by かとちゃん00 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(7) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

マジック・マイク XXL 【劇場で鑑賞】

主演のチャニング・テイタムの実体験を基にした男性
ストリッパーを描いた2012年の『マジック・マイク』
の続編『マジック・マイク XXL』が公開されましたので
観に行ってきました。

先日家で1作目を観たばかりで続けての鑑賞、公開規模
はやや小さめでしたが、近くのシネコンで上映していた
ので助かりました。

マジック・マイク XXL ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]



マジック・マイク XXL

原題:MAGIC MIKE XXL

製作:2015アメリカ

作品紹介
チャニング・テイタムの実体験を基に、男性ストリップ
の世界とその裏側を描いた『マジック・マイク』の第2弾。
前作から3年後を舞台に、引退を決めたかつての仲間たち
と共に最後のショーを飾るため、ダンスコンテストを
目指すさまが展開する。チャニングのほかマット・ボマー、
ジョー・マンガニエロらが続投し、彫刻のような肉体と
情熱的なダンスを披露。さらに『ハンガー・ゲーム』
シリーズなどのエリザベス・バンクス、『ラム・ダイアリー』
などのアンバー・ハードが新たに参加。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

3年前に男性ストリップのパフォーマーを引退し、
インテリア業に就いているマイク(チャニング・テイタム)、
しかしダンスへの情熱は冷めていなかった、そこで
かつての仲間たちと再会し、最後のパフォーマンスを
行うべくマートルビーチで開催されるダンスコンテスト
を目指すことになるが・・・。

前作からの変更点としては監督が変わったのと、
一部離脱したキャストがいます、マシュー・マコノヒー
が抜けてしまったのが大きいですが、主要キャストは
再結集していますのでご安心を。

今回はロードムービーテイストになり、コメディ要素
も入って観やすくなりました、ダンスシーンも前作に
比べて増量しているのが嬉しいところ、各出演者の
見せ場もつくられており、ジョー・マンガニエロ
のおいしいシーンやマット・ボマーの隠れた特技、
ケヴィン・ナッシュはプロレスファンには今の動き
もしかして!?という場面も、もちろん主役の
チャニきゅんのキレキレダンスがまたもや炸裂!。

女性陣はアンバー・ハードやウィル・スミスの奥さん
ジェイダ・ピンケット=スミス、最近は監督業にも進出
したエリザベス・バンクスなど、個人的に懐かしかった
のがアンディ・マクダウェル、久々の映画出演のようで、
元気な姿を披露、何回も観たお気に入りの映画
『恋はデジャ・ブ』から20年以上経った今、当時の
イメージを損なわない美熟女になられていたのが
嬉しかったです。

欠点はちょっとお話が薄いかな〜というところで、
割とまったりした流れ、しかし娯楽度はアップして
いますし、ちょっぴり切ない雰囲気があるのも○、
女子同士でワイワイやりながら観るのが良いでしょうし、
前作同様ダンスに興味がある方はまた楽しめるかと
思います。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:ドラマ
posted by かとちゃん00 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(5) | 映画:ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする