2016年01月12日

ジョン・ウィック 【劇場で鑑賞】

『マトリックス』シリーズなどで知られるキアヌ・
リーヴス主演のアクション映画『ジョン・ウィック』
が公開されましたので観に行ってきました。

ちなみに公開当時TOHOシネマズでは限定でポスターと
同じ柄(白地にキアヌーが銃を構えているもの)の
ジョン・ウィック版シネマイレージカードが販売
されていました。

ジョン・ウィック [Blu-ray]



ジョン・ウィック

原題:JOHN WICK

製作:2014アメリカ

作品紹介
『マトリックス』シリーズなどのキアヌ・リーヴスがすご腕
の元ヒットマンを演じたアクション。ロシアン・マフィアに
平穏な日々を壊された元暗殺者が、壮絶な復讐(ふくしゅう)
に乗り出していく。メガホンを取るのは、『マトリックス』
シリーズなどのスタントを務めてきたチャド・スタエルスキ。
『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』などのウィレム・デフォー、
『ヘラクレス』などのイアン・マクシェーンら、実力派が
共演する。全編を貫くダークでスタイリッシュなビジュアル
に加え、カンフーと銃撃戦を融合させた迫力のアクションも
必見。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

裏社会から引退し、平穏な暮らしをしていたジョン・ウィック
(キアヌ・リーヴス)だったが、ある日マフィアの一員に
大切なものを奪われてしまう、復讐の鬼と化したジョンは、
たった一人で組織に戦いを挑む・・・。

キアヌ・リーヴスが新たなキャラに挑んだアクション作、
伝説的な殺し屋として怖れられたその名は・・・
「ジョン・ウィック」!、格闘技と銃撃をミックスした
「ガン=フー」なる殺人術を駆使し、ロシアン・マフィア
に単身戦いを挑む!。

見所はそのガン=フーを使ったアクション、言葉の響き
から中国拳法と銃撃を合わせたように思えましたが、
実際に見てみると軍隊系の総合格闘技+銃撃という感じ、
銃を斜めにする独特の構えから・・・、

極めて→撃つ!、投げて→撃つ!、崩して→撃つ!

と確実にヘッドショットを決める鮮やかなコンバット
アクションを見せてくれました。

そのアクションは良かったのですが、個人的な好み
ですとCGの血のりがあまり好きではないのと、
1on1の格闘の見せ場が欲しかったです、前者は超近距離
の射撃ですのでしょうがないですね、後者は中盤に少し
あったのですが、尺が短かったですし、相手役がほぼ
名無しに近かかったので物足りませんでした。

もう一つの欠点はお話があまり面白くなかったところ、
イマイチ悪役に色が足りなく、それだったら『96時間』
くらいの突進力が欲しかったなと、脇に渋い役者さん
を揃えていますが、それぞれの係わり合いも薄味、
ジョンが殺人術に長けている暗殺者という設定からすると、
どうにも脇が甘い場面があるのも引っかかり、作劇
のほうは期待値を下回ってしまいました。

近年『47RONIN』など振るわなかった主演のキアヌは
今回バッチリ決めてくれています、脇には怪優
ウィレム・デフォーやイアン・マクシェーン、北欧版
『ドラゴン・タトゥーの女』のミカエル・ニクヴィスト、
ジョン・レグイザモと激シブ、他には俳優としては
『スティーヴ・オースティン 復讐者』などに出演し、
総合格闘家としても活躍しているキース・ジャーディン、
ちょっとだけ元プロレスラーのケヴィン・ナッシュも
顔を見せています。

殺し屋ギルドの雰囲気は良く、映像も悪くなし、
ガン=フーも揉んだらさらに良くなりそうで、
もし続編が出来たら期待できそう、今回はまずまず
楽しめましたが、自身もアクション映画大好き
というキアヌと彼のスタントを努めてきた監督の
チャド・スタエルスキには今後さらに頑張って
欲しいですね、え?、ジョン・ウィックの復讐の
動機が弱い?、何をおっしゃる!あれは万死に値しますよ!。

ジョン・ウィック [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:アクション
posted by かとちゃん00 at 23:30| Comment(2) | TrackBack(18) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする