2016年02月09日

エベレスト 3D 【劇場で鑑賞】

世界最高峰のエベレストに挑む登山家たちを
描く、実話をベースにした映画『エベレスト3D』
が公開されましたので観に行ってきました。

タイトルに3Dと入っているとおり3D映画でしたので
3D字幕版を選択、TOHOシネマズのパスポートも3D料金
を追加すれば大丈夫でした、そしてこちらが1ヶ月
フリーパスポート使用7本目です。

エベレスト 3Dブルーレイ ブルーレイ DVDセット [Blu-ray]



エベレスト 3D

原題:EVEREST

製作:2015アメリカ

作品紹介
世界中の登山家を魅了するエベレストで1996年に起きた
遭難事故を、『ザ・ディープ』などのバルタザール・
コルマウクル監督が映画化。死と隣り合わせの標高
8,000メートルを超えたデスゾーンで極限状況に
追い込まれた登山家たちのサバイバルを、迫力の映像で
描く。キャストには『欲望のバージニア』などの
ジェイソン・クラークをはじめ、ジョシュ・ブローリン、
キーラ・ナイトレイ、サム・ワーシントン、ジェイク・
ギレンホールら実力派が集結。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(3D字幕版)スコープ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★

探検家のロブ・ホール(ジェイソン・クラーク)が
隊長を務め、アメリカ人のベック・ウェザーズ
(ジョシュ・ブローリン)など世界各地から集まった
ベテラン登山家たちが参加する商業登山隊は、
世界最高峰のエベレスト登頂を目指すが・・・。

以前エベレストの初登頂を目指す人々のドキュメント
映画『ビヨンド・ザ・エッジ』を観ていましたので、
現地の少数民族“シェルパ”の協力があることや、
当時の精鋭でも困難を極めたという圧倒的な山である
ということは知っていました。

時は流れ、国家的プロジェクトで登山のエキスパートの
冒険家たちが挑んだエベレストも、この作品の時代では
登山ルートの整備が進み、険しい道のりとはいえど、
お金を払えばアマチュアの人でも登れるようになって
います。

主役はそんな商業登山隊の面々、しかしアマチュアと
いっても、世界各地の山々を登っているベテラン登山家
たちで、今度こそエベレスト登頂をと息巻く人も、そんな
中に森尚子さん演じる難波康子さんという日本人女性
登山家の姿が、この映画で初めて彼女の存在を知りました
が、すごい経歴の持ち主でした。

内容はジェイソン・クラーク演じるロブ・ホール隊長を
中心に据えた群像劇スタイル、実話を基にしている
だけに、派手なものではなく正直淡々と進行し、
半ドキュメンタリーといっても差し支えないくらい、
メインのエピソードはさすがにフォーカスする人が
限られていますが、ジェイク・ギレンホールの出番も
控えめになるくらい登場人物の数は多め、いざ登山と
なると装備や雪のため顔が観難くなり、参加人数が少ない
女性陣はまだしも、男性のほうは結構判別がつきづらく
なってしまいます、一応ウェアの色が違うので、そちら
も注意しておくと分かりやすくなると思います。

見所はエベレストを捉えた映像、その美しい景観に見とれて
しまうとともに、人間に容赦の無い危険な側面も、
『ビヨンド・ザ・エッジ』では味わえなかった迫力が
こちらにはありました、ただ大画面向きというのはあり、
画面の大きさと満足度が比例するかもしれません。

大自然の美しさと厳しさを示した一本、ある人物が取った
行動もわからないではないのですがね、そういった人間の
情というものが通用しない場所という登山の怖さも
見せつけられた映画でした。

エベレスト ブルーレイ DVDセット [Blu-ray]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:ドラマ
posted by かとちゃん00 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(10) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

トランスポーター イグニション 【劇場で鑑賞】

リュック・ベッソンが製作するアクション
シリーズ『トランスポーター』の最新作で、
主演をジェイソン・ステイサムに代わり新たに
新星エド・スクレインに据えた最新作、
『トランスポーター イグニション』が
公開されましたので観に行ってきました。

公開から1ヶ月くらい経ちましたらいつのまにか
パスポートが使えるTOHOシネマズで上映している
ところが少ししかなくなっており、今まで行った事
のない店舗まで遠征、シネコンでかかる公開規模
が小さい作品はすぐに公開が終了してしまうので
注意が必要ですね、そしてこちらが1ヶ月フリー
パスポート使用6本目となりました。

トランスポーター イグニション (初回仕様/特製ブックレット付) [Blu-ray]



トランスポーター イグニション

原題:THE TRANSPORTER REFUELED

製作:2015フランス

作品紹介
『トランスポーター』シリーズの主役を務めてきた
ジェイソン・ステイサムに代わり、新星エド・スクレイン
を主演に迎えたアクションドラマ。フランスの鬼才
リュック・ベッソンが製作と脚本を担当し、スリリング
な天才運び屋の仕事に肉迫する。メガホンを取るのは
『フルスロットル』のカミーユ・ドゥラマーレ。
主人公のドライビングテクニックや、どのような場所
でも自在に駆け抜け、よりパワーアップしたアクション
に見ほれる。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

独自のルールを厳守し、正確にブツを届ける
凄腕の運び屋フランク(エド・スクレイン)、
ある日美女アンナからの依頼を受けることに
なったが、父親を人質に取られ、ルール無用
の仕事を強制されてしまう・・・。

フランスのB級アクション映画の帝王と化している
リュック・ベッソン率いるヨーロッパ・コープ、
同社がリリースするアクション映画は毎年1本
くらいは公開されており、2015年もこちらと
『96時間 レクイエム』の2本を観る事が出来ました。

トランスポーターシリーズはDVDで3本鑑賞済みで
映画館で観るのは初、主演は人気のジェイソン・
ステイサムからほぼ無名のエド・スクレインに
バトンタッチ、ルックスはイケメンで細マッチョ
の体躯から繰り出す動きは悪くなし。

今回はリブートで仕切りなおしという格好、一部意図的
にジェイソンの時と似たようなシークエンスを入れて
いたのはありましたが、基本的に過去作を観ていなくても
ついていける内容です、3から直に続いているのかは不明
な感じですし、ちなみにエドが演じるのはジェイソンと
同じ人物。

新たに加わったキャラはレイ・スティーヴンソン演じる
お父さん、これがなんとも良いキャラで、バディムービーに
して貰っても良かったとは言いすぎでしょうか。

アクションはカーアクションと格闘戦などバランスよく
配合、なかでも印象に残ったのは格闘戦のほう、香港映画
を髣髴させるアイテム使いが光っていました、これは以前
のように中国系の方が関わっているのかな?と思ったら、
ファイト・コリオグラファーはAlain Figlarzという方、
フランス人でしょうかね?『コロンビアーナ』『ルーシー』
などヨーロッパ・コープの作品に参加、もちろん車のほうも
ちゃんとしていて○、総じてカッチリとしたアクションを
見せてくれたまずまず楽しめた映画でした。

トランスポーター イグニション [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:アクション
posted by かとちゃん00 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(8) | 映画:た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

ヴィジット 【劇場で鑑賞】

『シックス・センス』や『サイン』などで知られる
鬼才M・ナイト・シャマラン監督の新作ホラー映画
『ヴィジット』が公開されましたので観に行ってきました。

公開規模が小さく近くで上映していなかったので遠征、
シャマラン監督自ら監督した映画を劇場で観るのは
『アンブレイカブル』以来なんと15年ぶり!、
そしてこちらが1ヶ月フリーパスポート使用5本目と
なります。

ヴィジット ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]



ヴィジット

原題:THE VISIT

製作:2015アメリカ

作品紹介
『シックス・センス』などで知られるM・ナイト・シャマラン
監督が手掛けたスリラー。三つの奇妙な約束事がある
祖父母の家にやって来た姉弟が体験する恐怖を描く。
『パラノーマル・アクティビティ』シリーズなどの
ジェイソン・ブラムと『マッド・ナース』などのマーク
・ビエンストックが、本作の製作陣にも名を連ねている。
約束が破られたら何が起こるのか、様子が変な祖父母や
夜中に聞こえる音、襲ってくる女など、随所に伏線の
張り巡らされた予測不能な展開に引き込まれる。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)ビスタ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

休暇を過ごすため田舎にある母方の祖父母の家を
訪れた姉弟、優しい二人に歓迎されるが、三つの奇妙
な約束を伝えられる・・・。

主観映像所謂POVを使ったホラー、今では珍しく
なくなった手法のこちら、手持ちや固定を使い分けて
単一的なものではなく、飽きの来ないそしてスムーズな
流れで、ライブ感もプラスされているというしっかりと
した使い方をされています。

前置きは正直地味、しかし登場人物の設定など地道に丁寧
に進行、しっかり振ってきっちり返し、じわじわ怖さを
積み上げて、終盤に加速度があるという良い構成。

子供たちが祖父母の家に行って、おかしなことが起こる
というストーリーで、その怪異の部分がお年寄りの
デリケートなところをついてくるのが上手く、嫌らしい
演出も入っていたのが◎、ホラー要素の他には思わず
笑ってしまうネタがチラホラ入っていたのが意外、しかし
これもスパイスになっていました、さらには色んな意味で
最悪のシーンを放り込み思わずスクリーム!。

主演は姉ベッカにオリビア・デヨングちゃん、弟タイラー
にエド・オクセンボールド君と無名の子役さんたちですが、
地に着いた演技を見せ、キャラとしては弟がおいしく
なっています。

小粒ながら一癖あるホラー映画で面白かったです、ここの
ところパッとしなかったシャマラン監督ですが、また調子
が上がってきた様子、こんな感じでまたちょっと変な作品
を届けてくれることに期待したいですね。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
posted by かとちゃん00 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(13) | 映画:は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする