2016年02月22日

ハンガー・ゲームFINAL:レボリューション 【劇場で鑑賞】

ヤングアダルト小説を原作としたシリーズで、本国
アメリカでは大ヒットしている『ハンガー・ゲーム』、
その完結編2部作の後編である『ハンガー・ゲームFINAL
:レボリューション』が公開されましたので観に行って
きました。

前作『ハンガー・ゲームFINAL:レジスタンス』から
半年と期間を開けずに公開されたこちら、今回も劇場
で鑑賞し、足掛け3年になるシリーズの全4作全てを
映画館で鑑賞することが出来ました。

ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション(初回生産限定) [Blu-ray]



ハンガー・ゲームFINAL:レボリューション

原題:THE HUNGER GAMES:MOCKINGJAY - PART2

製作:2015アメリカ

作品紹介
スーザン・コリンズのベストセラー小説を基にした、
ヒットシリーズの最終章後編。独裁国家パネムへの
レジスタンスの象徴的存在となったカットニスが、
パネムのスノー大統領暗殺に挑んでいく。メガホンを
取るのは、前2作も手掛けたフランシス・ローレンス。
ジェニファー・ローレンスやジョシュ・ハッチャーソンら、
シリーズを支えたメンバーが結集する。壮絶なアクション
もさることながら、思いがけない真実が待ち受けるラスト
にも息をのむ。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

コイン首相(ジュリアン・ムーア)率いる第13地区の
反乱軍は遂に独裁国家パネムを統治しているスノー大統領
(ドナルド・サザーランド)との最終決戦に臨む、反乱軍
の象徴であるカットニス(ジェニファー・ローレンス)も
ゲイル(リアム・ヘムズワース)らとともに戦地に赴くが、
スノー大統領は彼らの動きを察知しており・・・。

全作を映画館で観られたこのシリーズもとうとう最終章、
クライマックスもやや地味な立ち上がりながら、決戦の
アクションはまずまず、どちらかというとストーリー面
のほうが印象的で、ストレートな英雄譚にはなっていない
ところが良かったです。

やはり引っ張っていたのは主役のカットニスを演じた
ジェニファー・ローレンス、運命に翻弄され、そこから
立ち上がるヒロインを堂々と演じられています、脇には
引き続きジョシュ・ハッチャーソンやリアム・ヘムズワース
の若手からジュリアン・ムーアやドナルド・サザーランド、
ウディ・ハレルソンなどの実力派までと幅広いキャスト、
曲者プルタークを演じ、2014年にお亡くなりになった
フィリップ・シーモア・ホフマン氏はこちらが遺作になって
しまいました。

シリアスな内容は良いとして、アクションシークエンスに
もう一声欲しかったところ、唐突に現れたクリーチャーも
投入が少し遅かったか、前作はさすがに地味過ぎで、その
ために今作の公開規模も小さくなってしまった感が、今回
持ち直しましたけれども。

結局後半は見所がプロパガンダ合戦や革命時のパワーゲーム
的な部分となかなかに渋くなったこちらのシリーズ、それでも
実際楽しめたという反面、惜しいなというところもあった作品、
自分としては何気に『ハンガー・ゲーム2』がピークだった
ような気がします、しかし2が気に入れば4まで完走しても悪く
ないかなと思いますね。

ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(8) | 映画:は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。