2016年02月29日

グリーン・インフェルノ 【劇場で鑑賞】

『ホステル』シリーズなどで知られるイーライ・ロス
監督の新作で、食人族を描いたホラー映画『グリーン
・インフェルノ』が公開されましたので観に行って
きました。

ちなみに前売り券の特典はエコバッグ、そして改装工事
により一時休館する新宿武蔵野館が、最終上映時に
入場特典として“人肉(ビーフジャーキー)”を配布
したそうです。

グリーン・インフェルノ [Blu-ray]



グリーン・インフェルノ

原題:THE GREEN INFERNO

製作:2013アメリカ/チリ

作品紹介
『ホステル』シリーズなどで知られるイーライ・ロス監督
がメガホンを取って放つ衝撃の食人ホラー。人間を食する
風習が残るアマゾンの奥地で若者たちを襲う、阿鼻
(あび)叫喚の世界を徹底的に描き出す。監督が俳優
としても出演した『アフターショック』でも組んだ、
ロレンツァ・イッツォやアリエル・レビが今作にも出演。
巻き込まれ型ストーリーを得意とするロス監督による
残酷な展開に絶句する。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

女子大生のジャスティン(ロレンツァ・イッツォ)は
アレハンドロ(アリエル・レビ)がリーダーを務める
過激な活動をする学生グループに参加、彼らは
不正なアマゾンの森林伐採の実態を世に訴えるため、
現地に赴くが、強制送還の憂き目にあってしまう、
しかしその途中で搭乗機がエンジントラブルを起こして
しまい・・・。

1981年に公開され世界を衝撃に与えたホラー映画
『食人族』にインスパイアを受けたということです、
あちらはフェイク・ドキュメンタリー形式で、今で言う
POVのさきがけとなった作品、自分が小学生の頃同級生
がなんとお父さんと一緒に観に行って「すごかったぜ〜」
と興奮気味に話していました、今でしたらR18で確実
にアウト、ゆる〜い時代でしたね、そういう自分は未見、
なにしろ大人になるまでガチのドキュメンタリーと思って
いましたので(笑、怖くて観られませんでした、こちら
はそういったモキュメンタリー形式ではなく普通の映画
となっております。

で、只の残酷ゴアゴアムービーかと思ったら・・・、
スプラッターのみならず、時にはブラックジョークを
挟み込み、ドラマもひねりが加えられたまさにキャッチ
コピーどおりの残酷無慈悲な食人エンターテインメント!。

序盤ははっきりいって地味、しかしそこでフラグ立て
されたものは後々しっかり生かされています、過激な
環境活動家で、エコテロリストのような活動をする若者
たちが保護しようとした部族が・・・、という皮肉な
展開、本題に入るとエンジンがかかりノってきます、
途中では並の作品なら停滞してしまうであろうシーン
でも、上手くイベントやネタを仕掛け、イーライ監督
(脚本も兼任)のセンスを感じた次第、そしてオチも一筋縄
ではいかなくなっており、最後まで目が離せませんでした。

スプラッターシーンはエグめの部分があったものの、
それを除けば行き過ぎてはいなかったと思います、ゾンビ
映画が観られる方でしたら大丈夫ではないかと。

出演者は無名の方々、ジャスティン役のロレンツァ・イッツォ
は監督の奥さんだそうで、個人的にはイタリアっぽい顔立ちが
こういう映画にフィットしていたかなと、『食人族』の監督
ルッジェロ・デオダートや『サンゲリア』などのルチオ・フルチ
とか、グロといえばイタリアみたいなイメージがあります、
イタリアの方ごめんなさい(笑、なおイーライ監督自身もチラッ
と出ている模様、それからなんといっても部族を演じた方々、
メインキャラ以外は現地の方を雇ったそうで、そのナチュラル
な演技で半端ではないリアリティを出しておられました。

人間を“食材”としてしか見ていないという状況は非常に絶望的
で怖く、それをベースに、異文化との関わり方や環境問題等々、
考えさせられるテーマを入れて煮込み、仕上げにビックリゴア
描写や笑えるスパイスを投入、大変おいしくいただけた映画でした。

グリーン・インフェルノ [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:ホラー
posted by かとちゃん00 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(7) | 映画:か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする