2016年04月15日

イット・フォローズ 【劇場で鑑賞】

アメリカで低予算作ながらスマッシュヒットし、映画
祭で評判を呼んだホラー映画『イット・フォローズ』
が公開されましたので観に行ってきました。

謎に包まれた設定でヒットもしたホラー映画ということ
で観に行こうとしましたら上映館数がかなり少なく、
あまり行かない映画館まで遠征です。

イット・フォローズ [Blu-ray]



イット・フォローズ

原題:IT FOLLOWS

製作:2014アメリカ

作品紹介
各国の映画祭で高い評価を獲得し、クエンティン・タラン
ティーノも絶賛の声を寄せたホラー。ある男との性行為を
機に、他者には見えない異形を目にするようになって
しまった女性に待ち受ける運命を見つめる。メガホンを
取るのは、新鋭デヴィッド・ロバート・ミッチェル。
『ザ・ゲスト』などのマイカ・モンロー、テレビドラマ
「リベンジ」シリーズなどのダニエル・ゾヴァットらが
出演。独創的で異様な怪現象の設定に加え、次々とヒロイン
の前に現れる異形の姿も鮮烈。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

彼氏と熱い夜を過ごしたジェイ(マイカ・モンロー)は
事が終わった後椅子に縛り付けられ、信じられない告白
を受ける・・・。

主人公のジェイはある男と性行為をした後からこの世の
ものではない人間のような「ソレ」にとり憑かれて
しまうというオカルトホラー、「ソレ」の設定がミソで、

「ソレ」はゆっくりと、しかしどこにいても確実に
追いかけてくる!、

そして捕まると・・・死あるのみ!。

とシンプルながら“どこにいても確実に”という部分が
効果てきめん、ソレは謎の高性能GPSみたいな機能を搭載
しているようで、逃げても逃げても正確に追い詰める!、
人間の歩くスピードしか出せないけれども、捕まると
殺されるし、常に移動していないといけないのでまともな
生活をおくれないと実は非常にやっかい、思い出したのは
何かのゲームで自機より遅くてのっそりついてくるキャラで、
例えば邪悪な歩くピクミンといった感じでしょうか。

とどめの設定は「ソレ」のルックス、人間そのままで
普通の人から知り合いまで“ランダム”に擬態出来、
中には常人ではないものまで、外見での不気味さを
忘れていないのが◎、「ソレ」の対処の仕方ももちろん
あり、ストーリーの幅を広げていました。

敢えて言及を避けぼかしている部分や、つっこみどころ
があるにせよ、独自の設定は面白かったですし、総じて
楽しめた一本、ゾンビはノロノロ歩きから疾走、アクション
は酒場でのどつきあいからマーシャルアーツライクなキレ
キレに移行と、映画のハイスピード化の流れの逆を突く
アイデアはお見事、登場人物が若者で青春映画的な面も
アクセントになっており、微妙に時代設定が分からなく
なる小道具類にも注目、ホラー好きには要チェックの
映画ではないでしょうか。

イット・フォローズ [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:ホラー
posted by かとちゃん00 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(8) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。