2016年04月28日

ザ・ウォーク 【劇場で鑑賞】

70年代にワールド・トレード・センターでの空中綱渡り
に挑戦した、フランス人フィリップ・プティの実際の
出来事を基にした映画『ザ・ウォーク』が公開され
ましたので観に行ってきました。

こちらは3D作品でしたので3D字幕版を選択、シネコン
の大きいスクリーンで上映されていて良かったです。

ザ・ウォーク IN 3D(初回生産限定)2枚組 [Blu-ray]



ザ・ウォーク(初回生産限定) [Blu-ray]



ザ・ウォーク

原題:THE WALK

製作:2015アメリカ

作品紹介
1974年にワールド・トレード・センターでの空中綱渡りに
挑戦した、フィリップ・プティの著書を実写化した実録ドラマ。
彼が成し遂げた前代未聞の偉業の全貌が映し出される。
メガホンを取るのは、『フォレスト・ガンプ/一期一会』
などのロバート・ゼメキス。『ドン・ジョン』などの
ジョセフ・ゴードン=レヴィットがフィリップ・プティを
熱演、その脇をオスカー俳優のベン・キングズレーらが
固める。事実は小説よりも奇なりを地でゆく物語はもとより、
めまいがしそうな歩行シーンも見どころ。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(3D字幕版)スコープ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★☆

1974年、フランス人の大道芸人フィリップ・プティ
(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、命綱無しで
行う一世一代の綱渡りをニューヨークのマンハッタン
にある2棟構造の高層ビル、ワールド・トレード・センター
で行うことを計画する、人を集め、屋上と屋上の間に
ワイヤーロープを張らなければならないが・・・。

前半はフィリップの大道芸人としてのキャリアの
スタートから丁寧に描き少々地味ですが、ジョセフ
演じる愛嬌のあるキャラでポップに観られます。

後半はワールド・トレード・センターでの綱渡り
をするための仕込みを開始、違法でやるので警備
の目をかいくぐらなければならず、本題に入る前に
既にサスペンス性があります、フィリップも精神状態
が変わってゆき、ピリピリとした緊張感に包まれていく
のが良い足場固めになっていました。

そしてついにクライマックスの綱渡り、これが想像以上
の映像で、観ていて足がすくむような感覚に陥ります、
3Dをフルに生かした圧倒的な高所感で繰り広げられる
ソレには思わず・・・

もう勘弁してくれーー!

と叫びたくなるほどでした。

劇場での超・体験型といった具合の映画で、画面が大き
ければ大きいほど満足度が比例するのではないでしょうか、
そのため家庭でのモニターでは面白さが減退してしまう
可能性があると思います。

3D映像は近年最高レベルの出来、映画館で観られて良かった
です、それにしても高所恐怖症にはたまらない、怖面白い
映画でした。

ザ・ウォーク(初回生産限定) [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(14) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする