2016年08月14日

ゾンビマックス! 怒りのデス・ゾンビ 【劇場で鑑賞】

未公開作品ばかりを集めた劇場発の映画祭!
各国から終結したあらゆるジャンルの映画50本を体験せよ!
(公式サイトより)という企画「未体験ゾーンの映画たち
2016」が今年初頭に開催されていました。

今年は1月に『グッドナイト・マミー』を観たのみ、
企画も終わりそうになったなか、2月に題名が強烈で
面白そうな『ゾンビマックス! 怒りのデス・ゾンビ』
を観に行ってきました。

ゾンビマックス! 怒りのデス・ゾンビ [DVD]



ゾンビマックス! 怒りのデス・ゾンビ

原題:WYRMWOOD:ROAD OF THE DEAD

製作:2014オーストラリア

作品紹介
平凡な整備工がお手製の武器でゾンビに立ち向かうホラー
アクション。謎の彗星が地球に降り注ぎ、ほとんどの人間
がゾンビ化した近未来。妻子を失った整備工・バリーは
同じ境遇の生存者に助けられ、命からがら避難するが…。
(from「キネマ旬報社」データベース)

鑑賞形態:映画館(字幕版)ビスタ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

オーストラリア産ゾンビ映画のこちら、明らかにマッド
マックスを意識している邦題はゾンビを2回も使うクドさ!、
ではロケ地は砂漠?と思いきや、森とかとにかくすっごい
田舎だ!、しかしゾンビの量はそれなりに出てきたので
一安心。

メインは整備工だったバリー(ジェイ・ギャラガー)
のパート、登場人物を演じているのは無名の役者さん
たちなので、誰が生き残るのかはわからないという
B級映画特有の効果はアリ、アクションシークエンス
がそれなりに入っているのも○、そして驚いたのは
特殊なゾンビの設定、これが微妙にマッド・マックス
怒りのデスロードっぽいものになっており、このあたり
から邦題がつけられたのかも、製作は2014年とこちらの
ほうが早いので偶然だった模様ですが。

サブはブルック(ビアンカ・ブレイディ)のパート、
こちらも一ひねり加えられており、尺的にはそれほど
ないもののフックを与えていました。

低予算ながらアイディアをちゃんと盛り込んだローカル
ゾンビ作、ゾンビ好きの方でしたら楽しめる映画では
ないでしょうか、ちなみにIMDBを見てみましたら続編
のプランもあるようです。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

ブリッジ・オブ・スパイ 【劇場で鑑賞】

ゲームにはまってしまい日記もそちらの記事に
なってしまいましたが、久々に映画ネタをアップ
したいと思います。

こちらは1月に観た映画、スピルバーグ監督の新作
で主演は『ターミナル』以来のタッグとなるトム・
ハンクスが務めたサスペンス映画『ブリッジ・オブ・
スパイ』が公開されましたので観に行ってきました。

ブリッジ・オブ・スパイ 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]



ブリッジ・オブ・スパイ

原題:BRIDGE OF SPIES

製作:2015アメリカ

作品紹介
『ターミナル』以来のタッグとなる、スティーヴン・
スピルバーグ監督と名優トム・ハンクスによるサスペンス
大作。東西冷戦下の1960年に実際に起きた、ソ連による
アメリカ偵察機撃墜事件“U-2撃墜事件”の舞台裏に
迫る。『ノーカントリー』で第80回アカデミー賞監督賞
を受賞したジョエル&イーサン・コーエンが脚本を担当。
一介の弁護士が挑む実現不可能と思われた作戦で、
思いがけないアプローチを試みる姿に意表を突かれる。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★★

アメリカとソ連の冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士
ドノヴァン(トム・ハンクス)は、逆風の中ソ連のスパイ
であるアベル(マーク・ライランス)の弁護を引き受ける
が・・・。

監督がスピルバーグで脚本がコーエン兄弟、そして主演
がトム・ハンクスという話題作のこちら、この布陣でも
アクション大作ではないということと、尺が長いので
大丈夫かなと思いつつ観てみると、

地味、、、だけど面白い!。

長い、、、だけどだれない!。

スパイが関係するお話ですがアクションシーンは無し、
しかしながら流れるようなストーリーの進み具合で
飽きずに最後まで観られました。

ざっくり前後に分けると前半は主人公の弁護士
ドノヴァン(トム・ハンクス)がソ連のスパイ
であるアベル(マーク・ライランス)の弁護を
するパート、このアベルのキャラが独特で、普通の
おじさんにも見えるし、何か隠してそうにもみえる
特異な雰囲気を醸し出しています、冷戦のまっただ
なかで、ものすごい風当たりの強い中敵国のスパイ
を弁護しなければならなくなるドノヴァンの闘いと、
そんな一筋縄ではいかないアベルとの関係が見所。

後半はさらに困難な仕事を任されるドノヴァン、
次々に巻き起こる問題に立ち向かう姿はまっすぐ
で、思わず応援したくなってしまいます、口癖
などでキャラクターにアクセントをつけているのも
◎でした。

超大作ではないにせよ、セットやロケ地、ファッション
に至るまで当時をしっかりと再現しており、特に東側
の陰鬱というか冷たい雰囲気が印象的、そういった映像
面とストーリーで最後まで集中して観られた渋く、
そして骨太なサスペンス映画で面白かったです。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:サスペンス
posted by かとちゃん00 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(13) | 映画:は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ プレイ日記 46〜最終話

スーパーロボット大戦OGシリーズ最新作の
「スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ」
のプレイ日記を公開しています、なお記事には
ネタバレが含まれますのでご留意を。

【PS4】スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ



プレイしたのはノーマルモード、攻略本、攻略サイト
の類は一切見ずに自力でやりました、SRポイントは
可能な限り取る方向性、ネタバレは見ずともさすがに
部隊編成や武器の仕込みなどがあるため、SRポイント
獲得条件を見た後リセットしたり、最初に出ていない
場合はとりあえずテストプレイしてからやりなおし
たりはしました、今回で遂に最後、46話から最終話
までとなります。

○46話 「魔城、現る」

SRポイント獲得条件は5ターン以内にラマリス系全滅、中央奥の
カーナはかなり遠くに位置しているのでまた足が速く当たらない
ベルゼルート&ハイペリオンチームを左奥に攻撃しつつサイド
からまわりこみ一番奥に、ドラグーンのそばには何体か減らすと
わらわらと増援が現れましたが、サーベラスが上手く中央から突破
出来て一番奥に、右奥は連続行動を持つカイザー&虎龍王と
足が速いガンナーチームが到達し、後続を含み攻撃して達成、
これで1周目のSRポイントは全て取る事に成功しました。

後は雑魚とクリスタルドラグーン、なるべくエースになっていない
キャラに撃墜させます、ドラグーンはHP10万クラス。

○最終話 「二柱の闘神」

とうとう最終話に到達、残るPPを使ってパイロット養成、
Eセーブや見切りなどを付けたり、何人か地形適応を
宇宙Sに、すると能力に大分差が出ますね、ヒューゴ&
アクアが宇宙Sに出来たので最後はサーベラスで出撃、
ブンブン避けてくれました。

最終ステージはラマリス・イーナがいっぱい、倒すと分裂
また分裂で時間がかかったら8ターン目に中央にラスボスが
登場しちゃった!、何体かラマリスが残ったまま、ボス
に攻撃せざるをえない状況に。

ここでスカルナイトがなんと仲間に、XN-Lは全ての攻撃が
精神禁止、3回行動、フルブロック、威力が高いマップ兵器を
持ち、HPは422400とヘビー級なラスボスらしい強敵、マップ
兵器を警戒しつつまわりに陣形を組んだらインパクトの敵
よろしく回復ユニットのエクサランスレスキューを集中砲火!、
かく乱を使っていたのでギリギリ生き残りました、次ターンに
攻撃を開始し、ある程度HPが減ると必中、覚醒、信念がかかり
ます、そこでライの出番とSRXを分離し、R-2パワードでマインド
ブラスト・・・って、装備するの忘れてた!、アーマーブレイカー
しか入ってないよ!、せっかくなので直撃でアーマーブレイカー
を使い攻撃していたらまたある程度減ると同じく精神コマンド
が、マップ兵器対策をしていたらその後は何故か目の前に
いるグランティード&カイザーを集中砲火、計3回ほど精神
コマンドを使われ、その都度スルーして次ターンに持ち込み
ましたが、何故か全てグランティード&カイザーを集中砲火、
バリア持ちで硬い2体も覚醒が入って4回になった攻撃を受けると
かなり削られます、アビリティでブロックを付けていたので精神
禁止にならず精神コマンド「祈り」もほとんど使わず、マップ兵器
も結局1発も撃たれずに攻撃してクリア。

ということでプレイ日記も終わりです、全47話は多すぎず
少なすぎずのボリューム、終わってから攻略サイトを
見てみると、隠し機体や最終話にドゥバンがスポット参戦
したりするので、また条件が判明したら2週目以降試して
見たいと思います。

今後楽しみなのは遂に出たクォヴォレーやセレーナなどの
フラグや、争奪戦や鍵としての役割に徹し、恋愛要素を敢えて
排除したグランティード関連など、また期間が開いてしまう
のでしょうかね、しばらくプレイしないと思いますが2週目も
また日記書くかもしれません、そうするともう映画ブログでは
なくなってしまいますがね、来年は「スーパーロボット大戦V」
がPS4で発売予定、また廃人になりそうです(笑、そういえば
今ではゲームはスパロボ系しかやらなくなってしまったので
それだけのためにPS4を買わなくてはならなくなってしまいました、
それがあるので続きはやはり早くても2年後くらいでしょうか。

【PS3】スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ



  にほんブログ村 映画ブログへ  
posted by かとちゃん00 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。