2016年09月06日

ゾンビスクール! 【劇場で鑑賞】

こちらは2月に観た映画です、『ロード・オブ・ザ・
リング』シリーズなどで知られるイライジャ・ウッド
が主演し、脚本を『ソウ』や『インシディアス』
シリーズを手がけたリー・ワネルが担当するゾンビ
コメディ映画『ゾンビスクール!』が公開されました
ので観に行ってきました。

ゾンビスクール! [Blu-ray]



ゾンビスクール!

原題:COOTIES

製作:2014アメリカ

作品紹介
『ソウ』『インシディアス』シリーズなどに携ってきた
リー・ワネルが、脚本と製作総指揮を務めた異色の
ゾンビコメディー。小学校を舞台に、食べるとゾンビ化
するチキンナゲットを口にした子供たちと教師たちの
死闘を活写する。『ブラック・ハッカー』などの
イライジャ・ウッド、『スノーピアサー』などの
アリソン・ピルらが顔をそろえる。随所に笑いが
ちりばめられているが、ゾンビ化した子供たちの襲撃
と容赦ない流血描写にはゾッとする。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

小説家になる夢が破れ、ニューヨークから帰郷し母校の
小学校で臨時職員となったクリント(イライジャ・ウッド)、
勤務初日に手ごわい子供たちや、クセモノぞろいの同僚
教師に囲まれ、早々に心が折れた矢先、給食で出された
チキンナゲットを食べた女生徒がゾンビ化してしまい、
校内が大パニックと化す・・・。

生徒がゾンビになっちゃった!、というゾンビコメディ、
この“生徒”というのがミソ、子供への暴力描写はご法度
ですので、いくらゾンビでも・・というのはありましたが、
結構頑張られていました、ただゴアシーンではさすがに
ゾンビ→教師>教師→ゾンビというバランスになっている
のは致し方ないところ。

主演は顔のわりに一癖ある役が多いイライジャ・ウッド、
1998年の『パラサイト』では生徒側でパラサイトに立ち
向かった彼が成長し、今度は教師側でゾンビに真っ向勝負!、
といいたいところですが、味のあるへたれっぷりを披露、
どうも昔よりオタク度が進行しているような(笑、部屋に
日本産有名怪獣やボルトロンとして有名なこれも日本原産
の5体合体ロボが置いてあり、非常に好感が持てました(笑、
彼は製作にも名を連ねており、自分は気づきませんでしたが、
製作総指揮を務めた『ザ・ヴァンパイア』のポスターを
ちゃっかり町に貼りつけてあったそうです。

コメディパートはそんなに大きなネタはないものの、クスリ
と笑わせるものはアリ、教師たちのキャラが癖はありつつ
もキャッチーでわかりやすくなっているのも○、そういえば
後から知ったのですが理科教師のダグは脚本のリー・ワネル
が演じているということです。

惜しむらくは最後に尻すぼみになっていまったところ、
それでも挑戦的な部分やユルい笑いが楽しめた怪作ゾンビ
映画でした。

ゾンビスクール! [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする