2016年10月08日

スティーブ・ジョブズ (2015) 【劇場で鑑賞】

こちらは2月に観た映画です、『トレイン・スポッティング』
などの鬼才ダニー・ボイル監督の新作で、主演を
『悪の法則』などのマイケル・ファスベンダーが務めた、
アップル創始者の故スティーブ・ジョブズの伝記ドラマ
『スティーブ・ジョブズ』が公開されましたので観に行って
きました。

スティーブ・ジョブズ ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]



スティーブ・ジョブズ

原題:STEVE JOBS

製作:2015アメリカ

作品紹介
『スラムドッグ$ミリオネア』などの鬼才ダニー・ボイル監督
がメガホンを取り、故スティーブ・ジョブズの半生に迫る伝記
ドラマ。ウォルター・アイザックソンのベストセラー評伝を
基に、希代の天才の知られざる素顔を丁寧に描写する。
『それでも夜は明ける』などのマイケル・ファスベンダーが
ジョブズを熱演し、『愛を読むひと』などのオスカー女優
ケイト・ウィンスレットらが共演。世界を大きく変えた製品
を次々と世に送り出してきた逸材の姿に胸が熱くなる。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

1984年、アップル社の新製品発表会本番を40分後に控え、
スティーブ・ジョブズ(マイケル・ファスベンダー)は部下
のアンディ(マイケル・スタールバーグ)ともめていた、
沈黙を続けているMacintoshにどうしても「ハロー」と
あいさつをさせたいジョブズだったが・・・。

アップル創業者のスティーブ・ジョブスに関する映画は
2013年にアシュトン・カッチャーが主演を務めた
『スティーブ・ジョブズ』が公開されているので、まだ
記憶に新しいところ。

ではこちらはどのような切り口で彼を描いたかというと、
節目節目での発表会の直前の模様を中心に据えるという
大胆な構成です。

発表会の直前のピリピリした雰囲気の中心にいるスティーブ
・ジョブス、観ていると彼とスタッフとの衝突が緊張感やら
機材トラブルなどのバタバタしているところから来るもの
の他に、どうもジョブスの人格によるものが結構あるのでは
と思ってしまいます、そこは折れてもいいんじゃないの?
という場面でも自分を曲げない彼は、良く言えばしっかり
した信念やビジョンを持っており、悪く言えば頑固な
変人、その辺面白く観られました。

観ていると、おや?、前半画面がザラついているというか
画質が粗いぞ?、何かトラブルかと思ったら演出の一環だ
そう、それを含めて映像は凝っているというか全体的に
画力を感じるものでした、それと電子音を使った音楽の
ほうも良かったです。

見る人が見ると肩透かしを食う構成かもしれませんが、
自分としては挑戦的な作りと思えた映画で、退屈はしま
せんでした、評価は分かれそうな感じはしますね、
それにしてもジョブスの片腕の女性が色々と凄かった・・・。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:ドラマ
posted by かとちゃん00 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(9) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする