2017年01月14日

バイオハザード ザ・ファイナル 【劇場で鑑賞】

カプコンのゲームを基にした人気ホラーアクション
シリーズの最新作、『バイオハザード:ザ・ファイナル』
が公開されましたので観に行ってきました。

今までのシリーズは全部観ており、
『バイオハザードW アフターライフ』
『バイオハザードV:リトリビューション』は
劇場にて、今回は近場の大きいスクリーンで
上映していた2D字幕版を鑑賞、こちらが2016年
最後に観た映画となりました。

バイオハザード:ザ・ファイナル (初回生産限定) [Blu-ray]



バイオハザード:ザ・ファイナル

原題:RESIDENT EVIL:THE FINAL CHAPTER

製作:2016アメリカ

作品紹介
ミラ・ジョヴォヴィッチがヒロイン・アリスにふんし、
激しいサバイバルを繰り広げる超大作アクションシリーズ
の第6作にして最終章。人類最後の生存者となったアリスと、
宿敵アンブレラ社が仕掛けるアンデッドとの最後のバトル
を活写する。メガホンを取るのは、シリーズ全作に
携ってきたポール・W・S・アンダーソン。
アリ・ラーターや、日本でモデルやタレントとして活躍中
のローラが共演。ミラの見応えたっぷりのアクションは
もちろん、壮大なバトルに期待。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、アンブレラ社の
人工知能「レッドクイーン」から48時間後に人類が
滅びると告げられる、唯一阻止する方法を教えられた
アリスは、膨大な数のアンデッドが地上を占領するなか、
ラクーンシティに向かうが・・・。

息の長いシリーズとなった映画版バイオハザードも
遂に完結、っていきなり前作の事ぶん投げて半分
リセット!?、でも設定等ちゃんと続いている模様。

ストーリーはシンプルというかミニマルというか、
その分アクションの比率が高くなっています、懐かしの
第1作に関する部分が登場しますので、事前に観ていた
ほうが楽しめます、これまでに出てきたキャラも再登場
しますし、しかし一部のキャラの扱いがぞんざいなところ
もあるのがなんとも。

アクションの比率が高まったのはまあ喜ばしいとして、
画面が暗い&カット割りが多いシークエンスが結構
あって見辛かったのがマイナスポイント、3D効果が
ありそうなところと“どこか”で観たようなキレがある
シーン、たまに出てくる印象的なガジェット(だけど
見せ場は控えめ)などは良かったですがね、

色々と大味だったシリーズ最終作、ひとまず決着をつけて
くれて安心しました、それにしても1作目とこれを観る
だけで途中すっとばしても大丈夫っぽいのは気のせい
でしょうか?(笑。

自分は2Dで観ましたが、3Dや4DXなどで観たほうが満足度
は上がりそうです、なおローラちゃんの出番は少なく、
セリフが一言二言あるのみですので注意、スクリーン映え
する美人さんでしたのでもうちょっと観たかったですね。

バイオハザード:ザ・ファイナル (初回生産限定) [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
posted by かとちゃん00 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(9) | 映画:は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする