2017年05月22日

スプリット 【劇場で鑑賞】

最近すっかり映画を観なくなってしまいまして、
このブログも放置状態、また今年もいつもはまる
ゲーム「スパロボ」の新作「スーパーロボット大戦V」
が発売され、それにとりかかりっきりになって
しまい、トレーディングカードゲームなどにも手を
出し、約4ヶ月棒に振ってしまいました、その間には
実写版『攻殻機動隊』とか『パッセンジャー』とか
『ラ・ラ・ランド』やら観たいものを全てスルーして
しまい後悔しています。

やっと一息つき、以前ほどのペースにはならないと
思いますが、ボチボチ映画を観に行く事に、劇場の
スケジュールを見てみるとシャマラン監督の新作
『スプリット』が公開されていましたので観に
行ってきました。

スプリット.jpg

スプリット

原題:SPLIT

製作:2017アメリカ

作品紹介
『シックス・センス』などの鬼才M・ナイト・シャマラン
が監督、製作、脚本をこなして放つスリラー。女子高校生
たちを連れ去った男が、23もの人格を持つ解離性同一性
障害者だったという衝撃的な物語を紡ぐ。複雑な
キャラクターを見事に演じ分けたのは、『X-MEN』
シリーズなどのジェームズ・マカヴォイ。高校生対
23の人格による激しい攻防戦に息詰まる。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

高校生のケイシー(アニャ・テイラー=ジョイ)は、
クラスメートのクレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)
の誕生パーティーに招待された帰り、彼女とクレアの親友
マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に車で送ってくれるはず
だったが、クレアの父親の車に見ず知らずの男性
(ジェームズ・マカヴォイ)がいきなり乗り込んできて・・・。

一癖ある作風でしられるM・ナイト・シャマラン監督の新作
は、23もの人格を持つ多重人格者VS普通の女子高生という
サスペンスホラー。

ケイシーとクレア、マルシアが監禁されてしまう密室
脱出劇と専門家のフレッチャー博士が多重人格者の謎
に迫るという2つのパートで進行。

ケイシーたちのパートでは息苦しい密室劇を見せ、
フレッチャー博士のパートで多重人格者の説明や
前振りなどのネタを仕込み観客に説明、そこに
ケイシーのバックグラウンドも挟み込み、まっとう
な作り。

しかしどこかひねくれたところがちょいちょいある
のがシャマラン監督らしいというか、中にはまた
笑わせにかかっているようなシーンもありましたし、
まあちゃんとメインの多重人格者がいつどこでどの
ような人格が出てくるのかという面白みはちゃんと
あり、観客が混乱しないようにまとめられている
のはさすがで、クライマックスの加速度も◎。

多重人格者を演じ、七変化を見せるのは「X=メン」
シリーズなどのジェームズ・マカヴォイ、ギョロ目
が異様で怪演が光ります、驚くことにそれに負けて
いなかったのがケイシー役のアニャ・テイラー=ジョイ、
初めて見る女優さんですが、非常に存在感のある方
でした。

精神戦中心と地味ながら良いねじれ具合を見せた
サスペンスホラーで面白かったです、ただラストは
評価が分かれるかもしれませんね。

以下予告編動画に続き【ネタバレあり】感想
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


  にほんブログ村 映画ブログへ  

【続きを読む】をクリックで【ネタバレあり】感想です。
続きを読む
posted by かとちゃん00 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(6) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする