2017年11月05日

スイス・アーミー・マン 【劇場で鑑賞】

2年半ぶりにスクリーン数が多いシネコンに遠征、
そこで上映されていたダニエル・ラドクリフや
ポール・ダノが出演している『スイス・アーミー・マン』
というコメディ映画が面白そうでしたので観に
行ってきました。

スイス・アーミー・マン Blu-ray



スイス・アーミー・マン

原題:SWISS ARMY MAN

製作:2016スウェーデン/アメリカ

作品紹介
『ハリー・ポッター』シリーズなどのダニエル・ラドクリフが
主人公である死体を演じ、『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』
などのポール・ダノと共演した異色作。無人島で遭難した青年が、
死体と共にサバイバルしてわが家を目指す型破りな冒険を活写する。
ヒロインに『スマッシュド 〜ケイトのアルコールライフ〜』
などのメアリー・エリザベス・ウィンステッド。生者と死者
という不思議なコンビがたどるシュールな旅のてん末に注目。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★☆

無人島で遭難してしまったハンク(ポール・ダノ)は遂に
生きる気力を失ってしまい、自ら命を絶とうとする、
ちょうどそのとき、波打ち際に流れ着いたのは男性の死体
(ダニエル・ラドクリフ)、その死体からはガスが出ていて・・・。

生きる気力をなくした男が死体とともに頑張るぞ!、
それはそうと『スイス・アーミー・マン』、って何でこんな
タイトルに?と思ったら観て納得、死体を使ってあんなこと
からこんなことまで、今まで見た事のないサバイバルを見せる
映画です。

現実と妄想が入り乱れるその物語は危ない領域に入ったり、
狂気を感じさせるものもありますが、寂しさ故にというか、
中にはせつなさもあり、笑える範囲内ということもあって
自分は不快には感じませんでした。

主演はハンク役に『リトル・ミス・サンシャイン』や
『プリズナーズ』などの個性派ポール・ダノ、変わって
はいるものの、世のボンクラどもがどこか共感するところ
がある男を好演、彼と行動を共にする死体には『ハリー・
ポッター』シリーズでおなじみのダニエル・ラドクリフ、
今回もある意味“マジック”を見せる?、とにかく
インパクトのある怪演でした。

死体と一緒になるコメディといえば少々古い映画ですが、
『バーニーズ あぶない!?ウィークエンド』という作品が
あり、個人的にはあれ以来の死体活用コメディの快作で
非常に楽しめた一本でした。

スイス・アーミー・マン DVD



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:コメディ
posted by かとちゃん00 at 19:10| Comment(0) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。