2018年02月27日

スリープレス・ナイト 【劇場で鑑賞】

『ピエロがお前を嘲笑う』などのバラン・ボー・オダー
監督の新作で、主演をジェイミー・フォックスが務める
サスペンスアクション作、『スリープレス・ナイト』が
公開されましたので観に行ってきました。

スリープレス・ナイト.jpg

スリープレス・ナイト

原題:SLEEPLESS

製作:2016アメリカ

作品紹介
『Ray/レイ』などのオスカー俳優ジェイミー・フォックスが
主人公を演じたアクション。マフィアからコカインを強奪した
悪徳警官が息子を誘拐され、決死の戦いに挑むさまを描く。
監督は『ピエロがお前を嘲笑う』などのバラン・ボー・オダー。
共演には『M:i:III』などのミシェル・モナハン、
『ベスト・フレンズ・ウェディング』などのダーモット・
マローニー、『モンスターズ/地球外生命体』などの
スクート・マクネイリーらがそろう。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

ラスベガス警察の刑事ヴィンセント(ジェイミー・フォックス)
は相棒のショーン(T.I.)とともに25キロものコカインを強奪
する、しかしそれは犯罪にも手を染めるカジノ王ルビーノ
(ダーモット・マローニー)から犯罪組織に渡る予定のもの
だった、裏の情報網によって犯行をかぎつけられたヴィンセント
は、ルビーノによって息子を誘拐されてしまい・・・。

ジェイミー・フォックス演じる悪徳刑事が息子を
誘拐されて取り戻そうとしますが、カジノ王ルビーノ
(ダーモット・マローニー)や犯罪組織のノヴァク
(スクート・マクネイリー)に追われ、果ては内部調査官
のブライアント(ミシェル・モナハン)から疑いを持たれる
までになり四面楚歌。

限られた登場人物をやりくりして状況的には面白い
事になっています、しかしいまいち跳ねないのは
わりと限定された空間であれこれやっているのにも
関わらずもっさり気味だからでしょうか、シーンのつなぎ、
あるいは溜めの部分で停滞してしまったか、敵と同じく
攻めあぐねている感が・・・、ある程度の範囲内にしては
位置取りがわかりにくいところもマイナスか。

良かったのはアクションの含有量が思ったより多く、
銃撃戦と格闘戦が盛り込まれていました、仕上がりも
ちゃんとしたもので、そういえばそこまでアクション派
というイメージのないジェイミーもしっかりこなされて
いました。

裏の裏があるストーリーのほうも無理を感じるところは
話が面白くなるからまあいいかなと思えるもので良く、
まずまず楽しめた映画でした。

帰って調べてみると2011年にフランスで公開された映画
のリメイクだそうで、そちらも観てみたくなりました。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 17:00| Comment(0) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

RAW 〜少女のめざめ〜 【劇場で鑑賞】

2016年の第69回カンヌ国際映画祭で批評家連盟賞を
受賞した、フランス人女性監督ジュリア・デュクルノー
の長編デビュー作、『RAW 〜少女のめざめ〜』が公開、
かなり公開館数が少なかったのですが、なにやら面白
そうな匂いがしましたので、遠征して観に行ってきました。

RAW 〜少女のめざめ〜.jpg

RAW 〜少女のめざめ〜

原題:GRAVE / RAW

製作:2016フランス/ベルギー

作品紹介
獣医学校に入学した少女を主人公にした衝撃のホラー。
ベジタリアンの少女が動物を口にしたことをきっかけに変貌
していく様子と、彼女の秘密を映し出す。メガホンを
取ったのは、本作が長編デビューとなるジュリア・
デュクルノー。主演は、デュクルノー監督の短編映画にも
出演したギャランス・マリリエ。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

厳格なベジタリアンの家に育った才女のジュスティーヌ
(ギャランス・マリリエ)は、姉も在学する獣医学校に入学、
新入生の歓迎儀式としてうさぎの生の腎臓を食べさせられ
てしまった彼女は、その日を境にある変化が訪れ・・・。

人見知りには地獄のような環境の獣医大学に入った
ジュスティーヌ、ベジタリアンの彼女が肉を口にして
しまってから変わっていく姿を描きますが、これが
そっちの方向に行くのかという展開を見せます。

青春もの×ホラーといったかたちにヨーロッパ映画
らしいクセを加えて一筋縄ではいかない感じに、
怖いというか、次何かやばいもの見せられそうで、
非常に不安な気持ちになるシーンが多かったです。

それからちょっとグロい部分も、内臓ドバーーッとか
ではないにせよ耐性のない方は注意、それとグロと
は別にかなり観ていて気持ち悪くなるシーンもあり、

おなかいっぱい食べていた後だったらリバース
待ったなし!

でした(笑。

それにしても主演のギャランス・マリリエちゃんは
凄かった、彼女の熱演は一見の価値あり、映像としては
気持ち悪さだけではなくエロティックだったり綺麗
だったりするところも、しかし最終的には不快感のほうが
勝ってしまうかも、観終わった後は食欲減退しちゃい
ましたし、いやはや強烈な印象を残した一本でした。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:ドラマ ホラー
posted by かとちゃん00 at 18:00| Comment(0) | 映画:ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

スリー・ビルボード 【劇場で鑑賞】

ベネチア国際映画祭などで受賞歴があり、監督を
『セブン・サイコパス』などのマーティン・マクドナー、
主演をオスカー女優のフランシス・マクドーマンドが
務める映画『スリー・ビルボード』が公開され
ましたので観に行ってきました。

スリー・ビルボード.jpg

スリー・ビルボード

原題:THREE BILLBOARDS OUTSIDE EBBING, MISSOURI

製作:2017イギリス/アメリカ

作品紹介
娘を殺害された母親が警察を批判する看板を設置したことから、
予期せぬ事件が起こるクライムサスペンス。本作はベネチア
国際映画祭で脚本賞、トロント国際映画祭で観客賞に輝いた。
娘を失った母をオスカー女優のフランシス・マクドーマンド
が演じ、『メッセンジャー』などのウディ・ハレルソン、
『コンフェッション』などのサム・ロックウェルらが共演。
ウディやサムも出演した『セブン・サイコパス』などの
マーティン・マクドナーがメガホンを取る。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★★

ミズーリ州の田舎町。7か月ほど前に娘を殺されたミルドレッド
(フランシス・マクドーマンド)は、犯人を逮捕できない警察に
苛立ち、警察を批判する3枚の広告看板を設置する。そのことに
よって彼女は、警察署長(ウディ・ハレルソン)を尊敬する町の
人々に脅されてしまうが・・・。

一人の行動によって影響を受けた人が、その行動によってまた
他の人に影響を及ぼすという、ゴリゴリのアメリカの田舎町で
善意と悪意、怒りが入れ乱れ、輪廻やカルマを考えさせられる
物語、しかしその行いは時に予測不能なところに向かうのが
この映画の面白いところ。

出てくる登場人物は一見ステレオタイプに見えたり、一癖
あったりと様々でしたが、それぞれ一方向からでなく多面的に
描いていて、難解になるのではなく深みを持たせていました。

俳優さんの方々がまた印象深く、強烈な存在感を放つ主役の
フランシス・マクドーマンド、目が離せない演技を見せた
サム・ロックウェル、他にも脇役にいたるまでキャラが
生かされています。

紹介でサスペンスと書いてありましたが、閉鎖的な町を
舞台にした人間模様を描くドラマという感じ、網の目の
ように張り巡らされたフラグや分岐がしっかりとまとめ
られ、さらに意外性もあるという見ごたえのある映画、
そして人間ある時点で必要なものがあるんじゃないか?
という問いかけをされているようで、またそれが心に
刺さった映画でもありました。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:ドラマ
posted by かとちゃん00 at 17:00| Comment(0) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。