2018年02月24日

RAW 〜少女のめざめ〜 【劇場で鑑賞】

2016年の第69回カンヌ国際映画祭で批評家連盟賞を
受賞した、フランス人女性監督ジュリア・デュクルノー
の長編デビュー作、『RAW 〜少女のめざめ〜』が公開、
かなり公開館数が少なかったのですが、なにやら面白
そうな匂いがしましたので、遠征して観に行ってきました。

RAW 〜少女のめざめ〜.jpg

RAW 〜少女のめざめ〜

原題:GRAVE / RAW

製作:2016フランス/ベルギー

作品紹介
獣医学校に入学した少女を主人公にした衝撃のホラー。
ベジタリアンの少女が動物を口にしたことをきっかけに変貌
していく様子と、彼女の秘密を映し出す。メガホンを
取ったのは、本作が長編デビューとなるジュリア・
デュクルノー。主演は、デュクルノー監督の短編映画にも
出演したギャランス・マリリエ。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

厳格なベジタリアンの家に育った才女のジュスティーヌ
(ギャランス・マリリエ)は、姉も在学する獣医学校に入学、
新入生の歓迎儀式としてうさぎの生の腎臓を食べさせられ
てしまった彼女は、その日を境にある変化が訪れ・・・。

人見知りには地獄のような環境の獣医大学に入った
ジュスティーヌ、ベジタリアンの彼女が肉を口にして
しまってから変わっていく姿を描きますが、これが
そっちの方向に行くのかという展開を見せます。

青春もの×ホラーといったかたちにヨーロッパ映画
らしいクセを加えて一筋縄ではいかない感じに、
怖いというか、次何かやばいもの見せられそうで、
非常に不安な気持ちになるシーンが多かったです。

それからちょっとグロい部分も、内臓ドバーーッとか
ではないにせよ耐性のない方は注意、それとグロと
は別にかなり観ていて気持ち悪くなるシーンもあり、

おなかいっぱい食べていた後だったらリバース
待ったなし!

でした(笑。

それにしても主演のギャランス・マリリエちゃんは
凄かった、彼女の熱演は一見の価値あり、映像としては
気持ち悪さだけではなくエロティックだったり綺麗
だったりするところも、しかし最終的には不快感のほうが
勝ってしまうかも、観終わった後は食欲減退しちゃい
ましたし、いやはや強烈な印象を残した一本でした。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:ドラマ ホラー
posted by かとちゃん00 at 18:00| Comment(0) | 映画:ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。