2010年08月16日

男のゲーム 〜シュヴァンクマイエル迷宮短編集4より 【グッジョブ!シネフィル・イマジカ】

洋画★シネフィル・イマジカで観た映画
第3弾はチェコのアニメーション・映像
作家のヤン・シュヴァンクマイエル監督作、
「シュヴァンクマイエル迷宮短編集4」
です、

名前だけは聞いたことがあった
シュヴァンクマイエル監督、その作品を
観る機会は少なく、これもシネフィル・
イマジカグッジョブですね、チェック
をしたのが最近なので第4集からの鑑賞
になってしまいました、できれば1〜3
も再放送してもらいたいものです、

3つの短編が収録されているうち一番最初
だったのが「男のゲーム」という
短編映画です。

男のゲーム
原題:Munze Hry
製作:1988チェコスロヴァキア

作品紹介
サッカー試合の狂騒をシュールなユーモア
で表現した短編作品。

鑑賞形態:CS
満足度:★★★★★
おすすめ度:★★★★

非常に愉快な作品です、
サッカーの試合?を表現したクレイ
アニメは何も知らずに観て衝撃を
受けました、とてもシュールな
ものになっています、

そのクレイアニメ、主人公の男性の顔、
音楽などなど短編ながら味わい深い
映画ですね、たいへん楽しめました、

しかしクレイアニメの描写がシュール
なのですが少々ヴァイオレントで
受け付けない方もいらっしゃるかも
しれませんのでお勧め度は★(1)
引いておきました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【続きを読む】をクリックで【ネタバレあり】感想です。
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 映画ブログへ   

ここから【ネタバレあり】感想です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

サッカーというか、なんすかコレ(笑、

奇天烈な死に様を見せるクレイ
アニメーションが強烈、

粘土ももちろん良かったけど切り絵の表情も笑える、
またそこに混じる実物の男性の動きが最高(笑、
特にスクワットのようにピョコピョコ上下運動
するところがツボ、結局シュートしないし(笑、

その試合中に流れる70年代風のムーディーな
音楽が名曲、この曲と映像の雰囲気で製作が
1988年というのがまたビックリ、
もう一曲はいかにもサッカーらしい歌、
サッカーに疎いのであっているかどうか
わからないがチェルシーの歌にこんな感じ
のものがあったような、

試合前に写るシチューがあまりおいしそうじゃ
なかったり、インターバルに流れる映像が異常に
かわいい猫だったりアニメ部分以外も視覚に
訴えかける、

短い時間だったけどとっても楽しい時間を
すごさせてくれた映画でした。

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 映画ブログへ   


posted by かとちゃん00 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。