2010年08月30日

少林寺VS忍者 【リュー・チャーフィーinショウ・ブラザース!】

リュー・チャーフィー(ゴードン・リュー、
劉家輝)が60年代末から70年代に香港映画
の黄金時代を築いた香港の映画制作会社
「ショウ・ブラザース」の作品に
出演したものをご紹介、最後は
「少林寺VS忍者」です。

リュー・チャーフィー主演、
監督は「ラウ・カーリョン」です、
ご紹介した5本とも監督はラウ・カーリョン
ですが、実はリュー・チャーフィーは
ラウ家の養子で血のつながりはないものの
カーリョン監督とは兄弟の間柄です、
一時期はショウブラザースから
人材流出を防ぐためカーリョン
監督の許可なく他の監督の作品
に出演することはできないという
状態もあったそうです。

少林寺 VS 忍者 [Blu-ray]


少林寺VS忍者 

原題:中華丈夫
Heroes Of The East

製作:1979香港

作品紹介あらすじ
「少林寺三十六房」シリーズで知られる
ラウ・カーリョン監督が、中国と日本の文化の
違いから生まれた武術対決を描いたカンフー
アクション。日本人の妻・弓子を娶った
ホー・タオだったが、弓子は日本武術の達人
だったため、壮絶な夫婦喧嘩が始まり…。

鑑賞形態:DVD
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

頭をまるめた状態が多いリュー氏が
珍しく全編髪の毛がありました、

日本と中国のカルチャーギャップを
描いた作品で、前半は夫婦喧嘩中心
のドタバタで後半は異種格闘技の
果し合い、前半のイメージや
侍然とした男らしい敵役の日本人
の描写もありほのぼの&さわやかな
カンフー映画で楽しめました、

リュー氏の相手役を務めるのが
役柄と同じく日本人の方で
水野結花さんという笑顔をはじめ
可愛らしい表情を見せてくれる
女優さんです、彼女は空手ベースの
堂々とした殺陣を見せてくれました、
カンフー映画で女性が出てきますと
どちらかというと「柔」の拳法
を使いますが、「剛」な感じのファイト
スタイルというのが興味深かったです、
中国拳法の中には女性向けのものが
ありましたが、日本の空手は男女共通
の動きというところでしょうか、

日本人キャストはその水野結花さんや
倉田保昭氏をはじめ皆さん良い動き
をされています、あの八名信夫さん
も出演されていました、他のクンフー・
ムービーとは一味違う日本武道VS中国武術
のファイトシーンがみどころですね。

そのファイトシーンでリュー氏は
扱うのが難しいあの武器も使ってくれます、
そのほかにも全編さまざまな武器や拳法が
観られて楽しい映画になっています。

少林寺 VS 忍者 [DVD]


以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 映画ブログへ   


posted by かとちゃん00 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック