2010年10月21日

エクスペンダブルズ 【劇場で鑑賞】

ファンには嬉しい豪華キャストのアクション映画、
「エクスペンダブルズ」を観にいってきました、
監督・脚本・主演の3役を務めるのはご存知
「シルヴェスター・スタローン」です、
共演は「ジェイソン・ステイサム」、
「ミッキー・ローク」、「ジェット・リー」などなど、
さらにビッグゲストも迎えたいへんなことに
なっていますね。

エクスペンダブルズ [Blu-ray]



エクスペンダブルズ
原題:THE EXPENDABLES
製作:2010アメリカ
作品紹介あらすじ

『ランボー 最後の戦場』でも監督、脚本、主演を務めた
シルヴェスター・スタローンが今回も同様に一人三役を
こなしたアクション超大作。腕利きの傭兵(ようへい)
チームのメンバーたちが、命懸けの危険な任務に挑む姿を描く。
出演者もジェイソン・ステイサムにジェット・リー、
ミッキー・ロークにブルース・ウィリスに
アーノルド・シュワルツェネッガーと夢のような面子が一同に集結。
彼らが挑む迫力の肉弾戦や銃撃戦、過激な爆破シーンに息をのむ。

鑑賞形態:映画館(字幕版)
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★★

コッテコテでド派手なアクション映画でした、
80年代のような骨格に現代的な映像技術とアクション
シークエンスが乗っています、そして豪華出演陣、
ドンパチ好きな自分はとても楽しめました、

60歳を超えてなお楽しませてくれるスタローン、
今現在一線で活躍しているジェイソン・ステイサム
を中心に渋みを効かせるミッキー・ロークや
ドルフ・ラングレン、うさんくさすぎる(笑
エリック・ロバーツ、同じ画面に収まるだけで
たまらないスペシャルゲストのブルース・ウィリス
とシュワちゃん、などなどどの面子も濃いので
いろいろな組み合わせを見ているだけでも楽しめる
くらいです、

しかしアクションシーンも思った以上に充実、
ガンアクションはもちろん、予想外に格闘シーン
が多かったです、それもそのはず動ける方が
多いんですよね、現役バリバリのジェイソン・
ステイサム、盟友コーリー・ユン(今回は専属
アクション監督)を帯同したジェット・リー、
伝説的アルティメット・ファイターのランディ・
クートァ、稀代のカリスマ・レスラーである
'ストーン・コールド'スティーヴ・オースティン、
渋いところでは実写版北斗の拳でケンシロウ
を演じたり最近では鉄拳に出ていた
ゲイリー・ダニエルズなんかの姿も、
そんなこれまた濃い面子が打撃のみならず
時には関節を決め、スープレックスよろしく
ぶん投げる大迫力の格闘シーンをたっぷり
と見せてくれました、自分は気づかなかったの
ですがあのノゲイラ兄弟も出ているみたいで
これから観る方はその辺も注目ですね、

ただの同窓会ですまさなかった痛快アクション
映画でした、「ランボー 最後の戦場」ほどまでは
いきませんが過激な描写が少々あります、
そのためR15になっていますね、その辺は
注意が必要です、アクションファンの方には
お勧めです。

エクスペンダブルズ [DVD]



以下予告編動画に続き【ネタバレあり】感想
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


【続きを読む】をクリックで【ネタバレあり】感想です。

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 映画ブログへ   

これはアクション映画好きな自分にはたまらない
映画でした、

ガシガシ撃ちまくる銃撃戦、バッキバキの格闘戦、
ドッカンドッカンの爆撃とアクションてんこもり、

銃撃戦はスタローンのハンドガンの高速リロードが
カッコいい!、あのハンドガンの銃撃音が変わっていて
どうもベレッタの半サブマシンガンのように一回
トリガーを引いたら複数射されるような音がした、

テリー・クルーズが終盤使っていたのは「プレデターズ」
でも使われていたコンバットショットガン「AA-12」
のような銃、この映画ではかなりの
破壊力を誇っていてこれならプレデター犬の
一匹や二匹軽くひねれそうなくらいだった、

格闘戦はジェット・リー専属でコーリー・ユン
が付いているみたいだけど香港映画寄りでは
なく現代的なアメリカの殺陣という感じ、
いかにもアメリカンな豪快なタックルや
プロレス技のように人をぶん投げる投げ技
などのパワー系のほか流れるように組み伏せる
関節技も導入、ジェット・リーのクイック・キック
やジェイソン・ステイサムの素早いナイフさばき
などスピード感もある、カット割りがかなり速く
誰が誰だか判別がつきにくい部分もあったけど
たいへん楽しませてもらった格闘シーンでした、

派手な爆破シーンも多かった、特にプロペラ機
で爆撃する場面はジェイソンが実際に乗っている
ようで大迫力、

とアクションのことしか書かなかったけど
そういう映画でして、まことにすがすがしい
一本でした。



ラベル:WWE アクション
posted by かとちゃん00 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。