2010年11月25日

バイオハザードW アフターライフ 【劇場で鑑賞】

日本の有名ゲームメーカー「カプコン」
が製作した人気ホラーゲームシリーズ
「バイオハザード」、アメリカで主演
「ミラ・ジョボヴィッチ」で映画化され
大ヒット、シリーズ化の運びになり
今度4作目で初の3D作品になる
「バイオハザードW アフターライフ」
が公開されたので観に行ってきました。

ゲームのほうはプレイしたことがありませんが、
映画は1から3までDVDでですが鑑賞済みです、
ちなみに2が一番好きです、

バイオハザードシリーズを初めて劇場で
鑑賞することになりましたが、公開から
時間が経ってしまい上映している映画館が
かなり限られてしまいました、そこで
この機会に以前から気になっていた
109シネマズにあるデジタルシアター
「IMAX」で観ることにしました、というか
もうここくらいしかやっているところが
無かったのです、

アイマックスの鑑賞料金は3D作品で2200円と
通常の3Dと変わらない値段ですが割引が
効かないんですよね、自分の場合前売り券
を買っていたので1300円+300か400円で
観られるところでしたが、アイマックスでは
プラス900円しっかり取られました。

バイオハザードIV アフターライフ [DVD]


バイオハザードW アフターライフ原題:RESIDENT EVIL AFTERLIFE
製作:2010アメリカ
作品紹介あらすじ

シリーズ第4弾は、3D映画として登場!
しかも、物語は東京から始まる!! 
ウィルス感染によって荒廃した世界。生き残った人間を探し、
世界中を旅するアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)。
ウイルスに支配されないたった一つの安全な場所への
手掛かりを得て、ロサンゼルスに向かったアリスたちが
見たものは、何千ものアンデッドに埋め尽くされた街だった。
そこでは、わずかな人間たちが刑務所に隠れながら
生き残っていた。彼らを脱出させるために、
アリスは危険な罠に足を踏み入れようとする!
今、アリスとアンブレラ社の戦いは、
次なるステージ(=アフターライフ)へ進み始める!

鑑賞形態:映画館(3D字幕版)
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

ストーリーが3までを観ていないとわからない
部分があるので出来れば以前の作品をチェック
してから観られたほうが良いと思います、
アクションが豊富なのと特に複雑なストーリー
では無いので初見でもなんとかなるとは思いますが、

映像はなかなか3Dを感じさせる場面が多く、
奥行きもありましたがどちらかというと
飛び出し系が印象に残りました、

作風はホラー色がさらに減退し、アクションの
比重が高くなっています、そのアクションは
マトリックスを彷彿させる場面もありました、
スローを多用するところとリロードシーンが
全く無い(笑ので好みが分かれるかも、
自分は問題無く楽しめました、ミラ&アリが
かっこよかったですし、ウェントワース・ミラー
は相変わらずイケメンでしたね、格闘・銃撃
と盛りだくさんだと思います、

アクション映画化が進んだ今作ですが
ゾンビとの絡みも少な目ですがちゃんとあります、
かなり量が多いので迫力のあるシーンが
観られましたし、印象に残る使い方もして
いました、結構上手かったのでもっとゾンビを
活用しても良かったかもしれませんね、
ちなみに今年の後半から映画館に通いだし
はじめましたがゾンビが出てくる映画はこちらで
今年4本目になりました(笑、

ストーリーが薄めですがそつなく楽しめる
ホラーアクションでした、それにしても「謎の組織」
アンブレラ社は相変わらず謎過ぎ・・。

以下予告編動画に続き【ネタバレあり】感想
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



 

ここから【ネタバレあり】感想です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

中島美嘉さんが出てました、そういうのにうといので
クレジットのJ-POP GIRL=中島美嘉というところで
やっとわかりました、セリフがありませんでしたが
オープニングで大写しになっている姿は絵になって
いて普通の女優さんだと思ってました。

そのオープニングの舞台は東京、アンブレラ社東京支部
の護衛スナイパーがゾンビを撃ち、「バイオハザード除去」
というセリフが、前のを見返してないのでもしあったら
すみませんがこのシリーズで初めて「バイオハザード」
という単語が使われたかも知れません、アメリカのタイトル
はバイオハザードではなく「RESIDENT EVIL」なので
これもサービスでしょうかね。

東京支部に侵入したアリス軍団、遂に本物が
登場したと思ったら血清で特殊能力喪失、
さすがにアリスのパワーがインフレを起こして
いたのでいいリセットになったかもしれません、
高速移動ができるようになったボスともあくまで
生身で対決、多少強引な締め方でしたが、

良かったのが頭にずた袋をかぶって釘がささってる
いかにもゲームに出てきそうなキャラ、なんの
説明も無しに唐突に登場してきましたが、
バトルは3Dで迫力のあるものになっていました、

あと気になったのがマッドマックスが持っている
ようなショットガンから放たれるコインバレット、
ショットシェルにコインを詰め込んでいるという
ことなのでしょうか、おもしろいアイデアで
見た目も良かったですが、あれは子供とかみたら
ゾンビを売ったらコインが出てくるというまるで
今放送中の仮面ライダーオーズのような設定と
勘違いするかもしれませんね。

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 映画ブログへ   

バイオハザードIV アフターライフ ブルーレイ&DVDセット[外付け特典ディスク付 完全数量限定] [Blu-ray]

新品価格
¥3,619から
(2010/11/25 18:50時点)

posted by かとちゃん00 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170656337
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック