2010年12月31日

キック・アス 【劇場で鑑賞】

自分はケーキが好きでよくケーキ屋のはしご
をするのですが、この前ふと考えましたら
そういえば映画のはしごはしたことないな
ということに気付きまして、一日に映画を
3本観られるのか?という挑戦をしてみました、

舞台となったのは川崎、まず「トロン:レガシー」 から
スタートしましたが、3D映画で画面が暗め、
上映時間も2時間オーバーで思った以上に
目が疲れました、続いて観たのは「モンガに散る」
こちらは3Dではありませんが2時間半弱の
長めのランタイム、2時間を経過してくると
眼や頭が痛くなり、最後のほうは気分が
悪くなって来ました、

ということで試合タイム5時間、タップアウト
という結果になっていまいました、あれ以上
観ていましたら確実にリバースコースだった
ためタオル投入です(笑、

前日に「仮面ライダー」「バーレスク」
観ていた疲れも残っていたみたいです、
無謀なスケジュールでしたね、「モンガに散る」 はなんとか
最後まで観ることが出来ましたが、
最後に予定していたヒーロー映画
「キック・アス」は断念して帰り、
後日改めて観に行ってきました。

キック・アス Blu-ray(特典DVD付2枚組)



キック・アス
原題:KICK-ASS
製作:2010イギリス/アメリカ
作品紹介あらすじ

とあるコミックオタクの平凡な高校生が、自ら
"キック・アス"と名乗り、ヒーローとして
活躍する姿を描くアクション・ムービー。
ブラッド・ピットが製作に名を連ねる本作は、
マーク・ミラーの原作を『レイヤー・ケーキ』の
マシュー・ヴォーン監督が映像化。
『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』
のアーロン・ジョンソンが主人公を好演するほか、
『(500)日のサマー』のクロエ・グレース・モレッツ
が美少女ヒーローを熱演。実際にアメコミマニアの
ニコラス・ケイジふんする"ビッグ・ダディ"の名演も
見逃せない。(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)
満足度:★★★★★
おすすめ度:★★★★

評判が良いのは知っていましたが正直未知数
だったこの映画、蓋を開けてみるとこれが
素晴らしい、

ストーリーはコメディとシリアスの配分が
良く、アクションシークエンスは思わず
ガッツポーズを取りたくなる決まり具合、

少し前に公開された「ゾンビランド」が気に入った方は
楽しめる確立が高いと思います、後はヒーロー映画
ですが特にアクション映画好きな人にお勧め
したいですね、

見る際には予備知識が無いほうが良いかも、
アメコミヒーローに関する台詞も出てきて
知っていればウケますが、あまり詳しく
なくても楽しめるでしょう、逆に日本の
ヒーローものしか観ないという方に
一回観て欲しい映画ですね、この映画には
確かに「スーパーヒーロースピリッツ」が
流れていると思います。

レイトショーで観ましたが混んでいました、
今年観た映画の中でも一、二を争ったかも、
口コミでの評判もあるでしょうね、
上映劇場が少なかったのがもったいない作品です、
短い期間ながら大きめのスクリーンで
やってくれたTOHOシネマズ川崎グッジョブ!。

キック・アス DVD

以下予告編動画に続き【ネタバレあり】感想
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


【続きを読む】をクリックで【ネタバレあり】感想です。

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 映画ブログへ   

ここから【ネタバレあり】感想です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

オタクの青年の青春ストーリーにバイオレンス
アクションとヒーロー魂をぶち込んだ爽快作、
前回行っていた映画マラソン企画で瀕死に
なっていた時に無理して観てたら後悔してました(笑、
良い映画でしたので体調が万全な状態で観て大正解、

予備知識が全く無く、ネットで載っている作品紹介
のサムネイルで見たスキーマスクのような
デザインのキックアスの姿を見てゆるいコメディ
路線かなと思っていたので良い意味で裏切られ
ました、

さらにその写真でキックアスの隣に写っていた
女の子・ヒットガールがまさかアクションの
中核をなすとは、まるでガン=カタのような
格闘&超近距離射撃やFPSのような映像も
使うなど八面六臂の大活躍、ここまでカッコイイ
アクションにした演じるクロエちゃんと
スタッフはすごいですね、

自身も大のコミックファンで有名な
ニコラス・ケイジも脇を固めます、
ビッグ・ダディのコスチュームはもろに
バットマン系で、「ウォッチメン」の
ナイトオウルより似た感じになって
いるのはオマージュをささげているの
でしょうか、人物、アクション共に
印象的でした、

主役のキックアスは好感度が高いです、
仲間というか(笑、応援せずには入られない、

衝撃的な成り立ちから、アダマンチウム・・
じゃなかったけど金属を埋め込まれ、
神経が麻痺気味になって初めて悪人に
立ち向かう時に放つ台詞が日本人の自分にも
グサリと突き刺さる痛烈なもので、劇中
同様まさにヒーローの誕生の瞬間を目撃しました、

あの言葉を言える「魂」と「行動力」を
もつキックアスはアマチュアな部分で笑いを
取ったり洒落にならない事態になったりしますが、
紛れも無くヒーローでしたね。

ヒーローものでしたら「ダークナイト」という
衝撃的傑作がありましたが、キックアス
もまた違った角度から勝るとも劣らない衝撃を
与えてくれた力作だと思います、予算はなんと
ダークナイトより一桁下、映画っておもしろい。

人気ブログランキングへ
  にほんブログ村 映画ブログへ   



posted by かとちゃん00 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画:か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「キック・アス」最強ヒロイン、悪を切り裂く!
Excerpt: [キック・アス] ブログ村キーワード  “なりきりヒーロー・青春ムービー”「キック・アス」(カルチュア・パブリッシャーズ)。『オタクが狂喜する、カル〜イ映画かいな?』と、思っておったのですが、..
Weblog: シネマ親父の“日々是妄言”
Tracked: 2011-01-23 04:38

キック・アス
Excerpt: 正義の心で 悪をKILL 特殊能力ゼロ、モテ度ゼロ、体力微妙──なりきりヒーローが世界を救う 原題 KICK-ASS 製作年度 2010年 上映時間 117分 映倫 R15+ 原作 マーク・ミラー..
Weblog: to Heart
Tracked: 2014-02-27 22:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。