2011年02月07日

イップ・マン 葉問 【劇場で鑑賞】

中国のアクション・スター「ドニー・イェン」
主演のアクション映画「イップ・マン 葉問」
が公開されたので観に行ってきました。

カンフー・ムーヴィーは自分の大好物で
劇場で公開されるのは嬉しいです、
主演のドニー・イェンは4月に
「孫文の義士団」の公開が決定、
予告編で流れましたがおもしろそうでした、

拳法ものといえばジャッキーが出ている
「新少林寺」も公開が望まれます、

ムエタイになりますがトニー・ジャーの
「ong bak3」(邦題はマッハ3になるでしょうか?)
も楽しみ。

こちらの映画はあのブルース・リーに
拳法を教えた武道家の「イップ・マン」の
物語で彼は「詠春拳」の達人、90年代に
ミシェール・ヨーの「レディー・ファイター
/詠春拳伝説 (原題:詠春)」という映画は
観たことがありますが、ワイヤーワーク
バリバリのかなりド派手な殺陣だった
覚えがあります、リアルな詠春拳の映画を
観るのは初めてです。

イップ・マン 葉問 [DVD]


イップ・マン 葉問
原題:葉問2 IP MAN 2
製作:2010香港
作品紹介あらすじ

ブルース・リーの師匠である伝説のカンフー・マスター、
イップ・マンの激動の半生に迫る人間ドラマ。
中国本土から香港に移り住み、中国武術の達人として
おごることなく謙虚に生きた男の生きざまを映し出す。
主演に『エンプレス 運命の戦い』などのアクションスター、
ドニー・イェン。彼と対立する香港武術界のボスを、
香港の大スター、サモ・ハン・キンポーが熱演する。
この二人による熟練の技が光るガチンコアクションシーン
は必見。(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

原題が「葉問2」になっているとおり
 イップ・マンの2作目となっている本作、
何も知らずに観に来た方は戸惑いますね、
しかも第一作(邦題は「イップマン 序章」)
のキャラが結構出てきますので、当たり前
ですが順番に観た方が楽しめます、
アクションのクオリティは高く十二分に
楽しめましたがそういった前作から続く
部分が解らなかったので満足度を少し
引いておきました。

アクション監督は出演もしているサモ・ハン
が担当、香港映画らしい殺陣プラス洋画
で見られるような色々なアングルを使うなど
多彩なアクションシーンでした、

主役のイップ・マンが使う拳法は「詠春拳」、
ブルース・リーが学んだ拳ということで
有名です、ブルース・リーに関する書籍や
文章で紹介される詠春拳の説明には大体
「目にも留まらぬ速さで拳を繰り出す」
とか「実戦的な拳法で拳を連打するのが特徴」
みたいな事が書いてあった記憶があります、

その詠春拳を映像化するとこうなるのか
というまさに目にも留まらぬ連打が
印象的でした、前書きでも書いた
「レディー・ファイター/詠春拳伝説」は
ワイヤーワークでもっと劇画的な感じ
でしたし、ここまで連打はしてなかった
覚えがあります、

クレジットで詠春拳のスーパーバイザーが
ちゃんといたので実際の拳法のテイスト
を損なわない殺陣になっているのでは
ないでしょうか。

人物的には大変な紳士で武道家の鑑ですね、
そんな彼が・・・というところが見所
になっています。

音楽は日本人が担当していました、押井守作品等
で知られる川井憲次氏で香港映画では他に
「セブンソード」や「ドラゴンタイガーゲート」
もやっているそうです。

やっぱりいいですねカンフー映画は、ジャッキー
以外の作品を映画館で観たのはいつ以来でしょうか、
是非定期的に公開していただきたいです。

イップ・マン 序章&葉問 Blu-rayツインパック

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 映画ブログへ   


posted by かとちゃん00 at 18:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「イップ・マン 葉問」 カンフー映画の復活
Excerpt: イップ・マン(葉問)とは、ブルース・リーの師匠として知られる詠春拳の武術家です。
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2014-01-07 23:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。