2011年04月18日

英国王のスピーチ 【劇場で鑑賞】

東北地方太平洋沖地震が発生したのが
2011年3月11日金曜日、東京でも強い
揺れが発生し、映画館はしばらくの
休業を余儀なくされました、

自分はその3月11日にレイトショーで観る予定
だったのがアカデミー賞を受賞した映画
「英国王のスピーチ」、今回1ヶ月を経て
観に行く事ができました

英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray]



英国王のスピーチ
原題:THE KING'S SPEECH
製作:2010イギリス/オーストラリア

作品紹介あらすじ
吃音(きつおん)に悩む英国王ジョージ6世が周囲の力
を借りながら克服し、国民に愛される王になるまでを
描く実話に基づく感動作。トロント国際映画祭で
最高賞を受賞したのを皮切りに、世界各国の映画祭
などで話題となっている。監督は、テレビ映画
「エリザベス1世 〜愛と陰謀の王宮〜」の
トム・フーパー。ジョージ6世を、『シングルマン』
のコリン・ファースが演じている。
弱みや欠点を抱えた一人の男の人間ドラマと、
実話ならではの味わい深い展開が見どころ。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★★

コリン・ファースが凄かったです、演じるジョージ6世
の吃音でそのどもってしまうタイミングであるとか
一応普通にしゃべる部分にもその影響を受けるという
ところをネイティブスピーカーでは無い自分にも
リアリティを感じさせるその技術、さらに性格、
生い立ち、周りを取り巻く状況なども加味
されることも考えるとかなり複雑な役柄です。

対するジェフリー・ラッシュもいい味を出していて
この映画の立役者と言ってもいい活躍を
見せてくれます、彼がいたからこその成功という
のも自分はあると思います、ひょうひょうと
した中にユーモアと静かな情熱があふれる良い
役柄でした。

派手な映画ではありませんが実話というところ
とあまりうかがい知ることができない王族の「人間」
ドラマを良い演技で最後まで興味深く見せてくれた
作品でした、おもしろかったです。

英国王のスピーチ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 映画ブログへ   


ラベル:ドラマ
posted by かとちゃん00 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。