2011年11月05日

エイリアン 【劇場で鑑賞】

60〜70年代を中心に名作映画をリバイバル
上映している「午前十時の映画祭」、存在は
知っていましたが朝早くて(笑)スルーして
いました、しかし今回是非劇場で観て
みたかった映画が上映されるということで
初めてこの企画に参加してみました、

その映画は1979年作のSFホラー映画
「エイリアン」、監督のリドリー・スコット
はこの映画でブレイクされました、
彼の新作「プロメテウス」はこのエイリアン
の前日譚になるそうで期待が高まりますね。

エイリアンシリーズは4作全て観ています、
映画館では子供の頃「エイリアン2」を
観ており、シリーズの中ではそちらが
一番のお気に入りです、シリーズ第1作
のこちらはビデオで観た以来で多分20年
くらい前だと思います、劇場で観るのは
初めてになりました。

エイリアン [Blu-ray]


エイリアン
原題:ALIEN
製作:1979アメリカ
作品紹介
突如宇宙船を襲ったエイリアンの恐怖を描いた大ヒットSFホラー。
シガニー・ウィーバー、トム・スケリットほか出演。
(from オリコンデータベース)
鑑賞形態:映画館(字幕版)
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★★☆

SFといってもほとんどホラーな内容です、
以前観ていて展開が分かっていたから
良いものの、初見でこのでかいスクリーン
で観たらやばかったです、じわじわと迫り
くる恐怖という感じでいつどこで襲われるか
わからないという緊迫感がでていました、

今回見直してみて凄いなと思ったのは美術系、
さすがにCG含むコンピュータ関係は時代を
感じるものですが、ディティールにこだわり
を感じるセットや精巧なミニチュアワーク、
見事な皮膚感が出ているエイリアン関係の
造形、それらを美麗な映像で捉えています、
今見ても遜色ない出来で、コンピュータ関係
を処理すればそのまま使えるのでは?、低予算
を感じさせないのはそのセンスによるもの
でしょう。

30年以上前の作品ですが今でもお勧めできる
映画です。

エイリアン [DVD]


以下海外版予告編動画に続き【ネタバレあり】感想
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 【続きを読む】をクリックで【ネタバレあり】感想です。
人気ブログランキングへ  

ここから【ネタバレあり】感想です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

エイリアンの卵やフェイスハガーの半透明の皮膚は
何を使っているのかわかりませんが、非常に良く
出来たもので、大画面で見て不気味でした、
成長したエイリアンはよだれがいっぱい垂れている
のが強烈、H.R.ギーガーによるデザインは言わずも
がな、クライマックスのシャトルで寝ているシーンは
名場面ですね、シャトルで一つ思ったのは、クルーの
人数分くらい用意しとけと(笑、脱出用じゃないのか?。

あとえげつなかったのがアッシュがリプリーを
襲うシーン、リプリーを殺そうとする時に
首を絞めるとかではなく、雑誌を丸めて口に
突っ込むという非常に珍しい事をしでかします、
エイリアンのデザインやらこの映画にはエロス
というところも含まれているらしいのでこの演出
もその一環だと思われます、さらにトリビアを
見て驚いたのは使った雑誌が山口百恵さんが
表紙の「平凡パンチ」だそうで、これは映画
マニアには有名な話のようです、何故平凡パンチ
なのかはノストロモ号は日系企業の「ウェイランド・
ユタニ社」所有のものという理由だということ。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:ホラー SF
posted by かとちゃん00 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。