2011年12月11日

新少林寺 SHAOLIN 【劇場で鑑賞】

アンディ・ラウ主演のアクション映画
「新少林寺 SHAOLIN」が公開されたので
観に行ってきました。

80年代に大ヒットしたジェット・リー(当時
はリー・リンチェイと呼ばれていました)
主演の「少林寺」は子供の頃みて衝撃を
受けました、特に震脚によって凹んでしまった
床がある部屋で型の練習をするシーンが
強烈に印象に残っています、こちらは同じ
少林寺が舞台ですが、ジェット・リー版の
リメイクでは無く、直接の続編でも無いようです、
文字通り新たな少林寺作品ということですね。

新少林寺/SHAOLIN スペシャル・エディション(2枚組) [Blu-ray]


新少林寺 SHAOLIN
原題:新少林寺 SHAOLIN
製作:2011香港/中国

作品紹介
ジェット・リーを一躍スターダムに押し上げた1982年の
カンフー映画の歴史的金字塔『少林寺』を、29年ぶりに
現代によみがえらせたカンフー・アクション大作。
『香港国際警察/NEW POLICE STORY』のベニー・チャンが
監督を務め、少林寺が大炎上する中、命懸けで戦う男たち
の姿を近代武器と伝統武術による戦いを織り交ぜながら
ダイナミックに活写する。アンディ・ラウ、
ニコラス・ツェー、ファン・ビンビン、ジャッキー・チェン
らアジアの大スターによる夢の共演や、エモーショナルな
エンディングが待ち受ける新しい少林寺の世界に注目だ。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

舞台になるのは1912年の中国、この前
辛亥革命を描いた「1911」を観ていたので
どのような時代であったのか把握しやす
かったです、あの映画を観ていなかったら
随分違ったでしょう、順番的にもちょうど
良かったです。

そういった本格的に銃が使われている
時代ですので、やはり悲壮な戦いに
なってしまいます、クライマックスの激闘
など見ごたえがありました、ところが格闘
アクションに関しては(あくまで自分がですが)
期待していたものとは違ったもので、その辺り
結構不満でした、というのも少林寺を題材にして
いる割には“少林寺拳法”という描写が思ったより
薄め、もちろん標準以上のクオリティでしたけど、
特に1on1の部分ではもっと濃厚なコリオが
見たかったです、最近では昔のカンフー映画の
ような動きは古いとみなされているのか、実戦的
な動きが多いように思えます、今回もより実戦に
近い振り付けがなされているということでしょう、
まあそれにしてはワイヤーワークバリバリ使って
いたのですがね、中国拳法の動きは美しく、また
オリジナリティがありますので、五獣の拳みたいのを
上手く取り込んで欲しかったのが正直なところです。

キャストが豪華でした、主演のアンディ・ラウと
ニコラス・ツェーが熱演されており、脇は
ジャッキー・チェン、ファン・ビンビン、
カンフー映画ではおなじみのウー・ジンや
ション・シンシンの顔も、ジェット・リー版の
少林寺に出ていたあの方の出演もオールドファン
には嬉しいです。

ストーリーは一人の男の波乱の人生を追った重厚
なもの、そして他の少林寺を舞台とした映画でも
セリフなどでよく出てきた少林寺の仏教の教えと
いう面をより大きく取り上げています、ですので
総合的に少林寺を描いた作品になっており、人間
ドラマとアクションの両面を楽しめる映画であると
思います。

新少林寺/SHAOLIN スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]


以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。