2013年06月08日

グランド・マスター 【劇場で鑑賞】

ウォン・カーウァイ監督の最新作で中国拳法
を扱った映画「グランド・マスター」が公開
されましたので観に行ってきました。

グランド・マスター [Blu-ray]


グランド・マスター

原題:THE GRANDMASTER
     一代宗師

製作:2013香港

作品紹介
『ブエノスアイレス』『マイ・ブルーベリー・ナイツ』
などの鬼才ウォン・カーウァイが、おそよ6年ぶりの
監督作として放つ美しくも切ないアクション・ドラマ。
中国拳法の中でも有名な詠春拳の達人にして、ブルース
・リーの師匠としても知られる実在の武術家イップ・マン
が織り成す激闘の数々を活写する。イップ・マンに
ふんする『レッドクリフ』シリーズのトニー・レオンを
筆頭に、チャン・ツィイー、チェン・チェンといった
中国圏の実力派スターが結集。ウォン・カーウァイ監督
ならではの映像美がさく裂する格闘描写にも目を見張る。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★☆

アート系というイメージが強いウォン・カーウァイ
監督ということでどのような作品になるかなと
心配だった本作、蓋を開ければ拳法家を題材にして
いるのもあり格闘シーンは思ったより入っており、
娯楽性を持ちつつ、映像美も堪能出来るという仕上がり。

さすがに同じ人物を扱ったドニー・イェンの「イップ・マン 葉問」
のようにアクションをどっしり中心に据えたという
かたちではなく、拳法家たちの人生を追うというストーリー
になっており、なんとも渋い大河ドラマ。

アクション監督はマトリックスなどで知られる
ユエン・ウーピン、現代的なテンポの中で中国拳法
らしい動きを十二分に見せ、それにカーウァイ監督の
映像美が乗っかり、大変美しく見応えのあるものに
なっています、しかしイップ・マンの拳法はドニー版
とは大分違うスタイルに見えましたね。

中国拳法に興味がある自分にとっては非常に楽しめた
映画で、公開してから早めに観に行ってスクリーン
が大きかったのもプラスでした。

グランド・マスター [DVD]


以下予告編動画に続き【ネタバレあり】感想
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 【続きを読む】をクリックで【ネタバレあり】感想です。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 映画ブログへ  

カミソリは出番が少なかったのが残念、彼が使う拳法
八極拳は、日本ではマンガの「拳児」やセガのゲーム
「ヴァーチャファイター」のキャラが使って名が知られて
いますので、劇中ではアキラが使う「裡門頂肘」のような
肘打ちが見られて燃えました。

一番変わっていたのはイップ・マンが送り出される時に
洪家拳の使い手とか色々手合わせするシーンで俺は
強ければいい、流派は適当だみたいな事を言っていた
人が使っていた拳法、手の形がきつねというか
メロイックサインというか(笑、独特の形を取って
いました、あれはなんだったのでしょうか?。

イップ・マンの拳法はドニー版のパンチの連打を使う
ものとは大分違うものになっていました、その詠春拳
に型が3つしかないというのに驚き、どういう構造に
なっているのか気になります。

それにしてもキャストの方々の動きが良かったです、
実際に大会に出られていた人以外の方も相当練習
したのだろうという高いクオリティでした。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。