2013年12月28日

アストロ・ゾンビーズ クローン人間の復讐 【DVDで鑑賞】

レア&マイナーな作品を発掘し、低価格で意欲的に
リリースしている「WHDジャパン」、そのラインナップ
の中からタイトルに「ゾンビ」と名が付く作品を
チョイスして観ています。

まず最初は「ミミズバーガー」や「人間ミンチ」
などのカルト作品を撮っている「テッド・V・
マイクルズ」監督の未公開作品、「アストロ・
ゾンビーズ クローン人間の復讐」を観てみました。

アストロ・ゾンビーズ クローン人間の復讐 【テッド V.マイクルズ・ムービーズ・コレクション】[DVD]


アストロ・ゾンビーズ クローン人間の復讐
原題:MARK OF THE ASTRO-ZOMBIES
製作:2002アメリカ

作品紹介
カルト映画ファンから熱い支持を受けるテッド・V・マイクルズ
監督が手掛けたスプラッター・ホラー。地球征服を企てる
宇宙人によってクローン化された怪人、アストロ・ゾンビ
は街で次々に殺人を犯す。一方、女スパイ・サタナは
それを利用し…。
(「キネマ旬報社」データベースより)

鑑賞形態:DVD(字幕版)
満足度:★★
おすすめ度:★

人類滅亡を企てる宇宙人がアストロ・ゾンビを
使い大虐殺!、果たして人類は生き残ることができるのか?。

といった内容ですが、
なな!、ビデオ画質、

これは映画ではなくオリジナルビデオとしてリリース
されたもののよう。

え!、CG?、

クラシックで味のあるジャケットのイラストから昔の
作品かと思いきや、よく見たら2002年制作と全然最近
ですやん、ですのでCGはあってもおかしくないのですが、
めっちゃびっくりしましたね。

うわ、口さえ動かないラバーマスク!、

CGが出たあとにこれなので落差が・・・、エドウッド
の映画のような手作り感があるメイクやセットで全体的に
60年代を思わせるかなり古い作り、そこに割と現代的な
音楽が乗り、なんともいえない雰囲気になっています。

カルト映画ファンの間で有名な”Astro-Zombies”
(1968)の新世紀版ということで、そちらは日本では
ソフト化されておらず当然自分も未見、オリジナル
に出ているキャラがこちらでも出ているようですが、
見ていなくてもついていけました。

ストーリーは一応真面目に作っているようで、ビジュアル
以外のネタ度は低め、色が付いた登場人物も出てきて
一本調子にならないようにはしています、しかし
風呂敷を広げたはいいもののいかんせん超低予算のため
チープさが際立ってしまう結果に。

見所としてはドクロのお面でマチェーテを振り回す
インパクトのあるルックスの「アストロ・ゾンビ」
によるスプラッターシーンになると思いますが、
こちらも非常にチープな仕上がり、どうしても
つっこみどころは「チープ」とか「ちゃちい」みたいな
部分に集中してしまいますね、ですから斜めから観る
のもどうかなと・・・、ちなみにゾンビと名がついて
いますがジャンル的には怪人なのでは?、これを
ゾンビ映画に入れていいのかどうか。

よほどのマニアでない限りといった具合ですが、本国では
カルト的な人気があるようで、なんと2010年6月に全米で
本作の続編”Astro Zombies:M3 - Cloned”が公開された
ということです。

【続きを読む】をクリックで【ネタバレあり】感想です。

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 映画ブログへ  

ここからネタバレあり感想
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

謎の演出としてはアストロ・ゾンビに遭遇しても襲われ
なかった人がいた部分で、それが奴らを倒す鍵になると
思いきや三つ目の宇宙人があっさり倒しちゃうという・・・、
もしや続編Astro Zombies:M3へのネタ振り?、謎です。

1作目のアストロ・ゾンビーズはカルト的人気があるようで
「ハングオーバー」シリーズに曲を提供している
ミュージシャン「グレン・ダンジグ」が在籍していた
パンクバンド「ミスフィッツ」に同名の曲があります、
その曲が入った1982発表のアルバム「Walk Among Us」
には他にも「Night of the Living Dead」なる曲も
あり、ホラーパンクと呼ばれていたそうです。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:ホラー SF
posted by かとちゃん00 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。