2014年01月31日

ブロークン・アイデンティティ 【劇場で鑑賞】

ヒューマントラストシネマ渋谷で開催されている
海外では評価が高く、話題作であるのに日本では劇場
公開されていない作品を上映するという映画祭
「第3回未体験ゾーンの映画たち」、どのような映画
を上映するのかチェックしてみましたら非常に魅力的な
ラインナップでしたので、今は無きシアターN渋谷で
「ザ・ホード」を観た以来3年半ぶりに渋谷で映画を鑑賞
することに。

観たのはメキシコ産SF「ブロークン・アイデンティティ」、
メキシコ映画を映画館で観たのは初めて、家でもちょっと
記憶に無く、珍しい体験になりました。

ブロークン・アイデンティティ [DVD]


ブロークン・アイデンティティ

原題:LA ULTIMA MUERTE
THE LAST DEATH

製作:2011メキシコ

作品紹介
全ての個人情報がシステムによって管理され、網膜
スキャンのみで全人類のID照会が可能となった近未来
が舞台のSFサスペンスアクション。一人の医師が、
この世に存在するどのIDとも合致しない身元不明の
青年と出会ったことから、強固な管理社会に潜む闇が
暴き出されていく。『GOAL!』シリーズなどのクノ・
ベッカー、『アモーレス・ペロス』のアルバロ・
ゲレロらが出演。謎の組織から追われる青年に隠された
秘密に震撼(しんかん)する。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★
突然出会った身元不明の男、彼はいったい何者?。

じわじわと丁寧に謎に迫っていきますがクライマックスに
至るまで正直地味、一応少しだけアクションシークエンス
が入っていましたが特筆すべきところが無かったのが
痛かったです、それと近未来SFながらIT関係以外は今とほぼ
変わりませんでしたので、個人的にはガジェット類を観る
楽しみが欲しかったところ。

しかし全体的に映像は綺麗で終盤の展開も悪くなかった
渋いSF映画でした。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。