2014年02月07日

ウォールフラワー 【劇場で鑑賞】

「エンダーのゲーム」を観た後は同じシネコン
で上映していた映画「ウォールフラワー」を続けて
鑑賞です。

ウォールフラワー [Blu-ray]



ウォールフラワー
原題:THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER
製作:2012アメリカ

作品紹介
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』の
ローガン・ラーマン、『ハリー・ポッター』シリーズ
のエマ・ワトソン、『少年は残酷な弓を射る』の
エズラ・ミラー共演の青春作。原作者のスティーヴン
・チョボスキーが監督を務め、自身の小説
「ウォールフラワー」を基に、思春期の青年の揺れ動く
心情を繊細なタッチで映し出す。困難を乗り越え成長
する少年の心象風景が観る者の心を強く揺さぶる。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)ビスタ
満足度:★★★★☆
おすすめ度:★★★★
キュン死寸前!、何故だか涙が溢れ出る!。

地味な男の子がエキセントリックな男女と
出会い、その生活に徐々に変化が訪れるさま
をみずみずしく描いている青春ドラマ。

主人公の高校生活を観ているとカセットテープ
が出てきたり逆に携帯電話が無かったり、流れる曲も
昔の曲で、そこから考えると80年代後半〜90年代初頭
くらいの時代設定のよう、その割に髪型から衣装
までダサくならないようになっているのが凄く、
現在の観客がスムーズに入り込めるようになって
いるのではないでしょうか。

その時代設定は自分の学生時代の時期に近いので
ローガン君の周りの人達との関係を見ていると共感
したり、また当時を思い出したりと色んな感情が
自分の中から引き出され、目からは自然と涙が・・・、
この映画はヤングアダルト小説が原作で同年代の支持を
受けていそうですが、劇中の時代に青春をすごした30代
以上の世代に直撃しそうですね。

演ずる役者さんたちが非常に魅力的っていうのももちろん
大きかったです、「三銃士」とはうって変わり普通の青年
になっていたローガン君は画面から溢れ出る愛され力、
若手人気女優のエマ・ワトソンは同時期に公開された
「ブリングリング」とはこれまたうって変わり
初登場シーンからキラキラと輝いており、魅力的な
女性を演じています、そしてカリスマ性を発揮していた
のはエズラ・ミラー、これは素に近いのか何なのか、
躍動感があるというかとにかく濃いキャラを演じて
おり、おまけに美青年。

「ブリングリング」といえばちょっと共通するところが
あるのがおもしろい、同じような世代ですし、主人公が
地味で友達がいないというのも一緒、で知り合った友達は
・・・、ブリング〜は友達になるのは勘弁!、ウォール
フラワーはこんな友達欲しいわ〜、と自分の中では
明暗クッキリ、どちらも観た方はエマちゃんの振り幅も
楽しめたのでは、それにしても何故むこうの高校は地味な
人にこうも当たりが強いのか、両作品以外でも「キャリー」
「クロニクル」しかり。


魅力的なキャストが集まる主人公グループは設定的に
ははみだしもの、しかし自分ははっきりいってこちら側
の人間ですのでもう感情移入することはなはだしく(笑、
応援するしかない状態、それとともに何か彼らと一緒に
過ごしているような気になるのが不思議、一つ仕掛けが
あったのも良い意味での追い打ち。
ついでだから観てみようと気軽に席に着いたらもう
色々と心を鷲掴みに、愛すべき映画に出会えました。

ウォールフラワー [DVD]



以下予告編動画に続き【ネタバレあり】感想
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


【続きを読む】をクリックで【ネタバレあり】感想です。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 映画ブログへ  

ここからネタバレあり感想
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

劇中「ヒーローズ」が流れて登場人物が皆知らなく、誰?
ってなってた時デヴィッド・ボウイですがなと心の中で
突っ込んだ方も少なくなさそう、スミスとか聴いていた
(エマちゃんの部屋にポスター貼ってあったような)ので
知っている可能性が高そうですが、まだ高校生ですし、
ボウイのその曲は1977年発表と時代設定からするとちょっと
前の曲だったというのもあったのかもしれませんね。

ローガン君のお姉さんの彼氏であるポニーテール・デレク
がケヴィン・スミス監督のバイオレンスアクション作
「レッド・ステイト」の登場人物そのまんまで吹き出し
そうに(笑、やっぱり同じ役者さんでニコラス・ブラウン
という方でした。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:ドラマ
posted by かとちゃん00 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(7) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「ウォールフラワー」 深い友達
Excerpt: 昨日の「ブリングリング」に続き、偶然にもエマ・ワトソンの出演作を二日連続して観賞
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2014-02-08 21:54

ウォールフラワー
Excerpt: さよなら、壁際の僕。 原題 THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER 製作年度 2012年 上映時間 103分 原作:脚本:監督 スティーヴン・チョボスキー 出演 ローガン・ラ..
Weblog: to Heart
Tracked: 2014-02-08 23:13

映画:ウォールフラワー The Perks of Being a Wallflower エマ・ワトソン主演、高校時代の青春もの。
Excerpt: タイトル、ウォールフラワーの意味は、原題から理解できる。 The Perks of Being a Wallflower、壁の花模様のように無意味に近い存在だった主人公(最近売れっ子、ローガン..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2014-02-08 23:15

ウォールフラワー /THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER
Excerpt: ランキングクリックしてね←please click 「RENT レント」の脚本家として知られるスティーヴン・チョボスキーが、 ベストセラーとなった同名..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2014-02-09 12:10

ウォールフラワー
Excerpt: それぞれの迷い道 * * * * * * * * * * 16歳チャーリー(ローガン・ラーマン)は、高校入学初日からひとりぼっちです。 それは彼が以前に心を病んで入院していたためかもしれません..
Weblog: 映画と本の『たんぽぽ館』
Tracked: 2014-02-10 20:28

「ウォールフラワー」
Excerpt: 観て良かった。心の中に満ちて行くこの想い。 単なる青春映画ではないし、単なる初恋映画でもない。普通なら、本人はそうとは気づかず、宝物のようなきらめく日々を過ごすティーンエイジャー。中学・高校・そ..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2014-02-18 15:15

「ウォールフラワー」
Excerpt: 主人公たちと同じ高校生に近かったら、もっと同感したかもですが、わりと好きではあります。
Weblog: 或る日の出来事
Tracked: 2015-02-11 11:43